世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタート

2020.06.03 自動車ニュース
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション拡大

ポルシェジャパンは2020年6月2日、「911タルガ」をベースとした限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」を導入すると発表し、予約受注を開始した。

 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大

ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディションは、新型「911タルガ4S」をベースに1950年代~60年代初頭のデザインエレメントを採り入れた、ポルシェの「ヘリテージデザインモデル」の第1弾だ。最新の911のコードネームに合わせて世界限定992台のみが生産される。ポルシェはヘリテージデザインモデルによって顧客の「50年代、60年代、70年代、80年代の記憶を呼び起こす」と説明しており、全4タイプを展開する予定だという。

エクステリアはチェリーメタリックのボディーカラーとゴールドのロゴで50年代を思わせるクラシカルなスタイルに。フロントフェンダーを飾る槍(やり)型のグラフィックはポルシェのモータースポーツの黎明(れいめい)期に敬意を表したものだ。さらに、ボンネットとホイールセンターキャップ、ステアリングホイール、車両キーには1963年当時のポルシェクレストを採用している。

ツートンレザーのインテリアは、ボルドーレッドレザーとアタカマベージュOLEAクラブレザー、またはブラックレザーとアタカマベージュOLEAクラブレザーの組み合わせ。シートとドアトリムに採用したコーデュロイは「ポルシェ356」に使用していた素材への回帰と、50年代の時代精神と流行の復活を意味するという。クラシカルなグリーン照明のレブカウンター&ストップウオッチに加えて、ダッシュボードにはリミテッドエディションナンバー入りの金属製エンブレムも備わる。

価格は2616万円。トランスミッションは8段のデュアルクラッチ式AT(PDK)のみの設定で、ステアリングの位置は左右から選択できる。

(webCG)

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • 世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタート 2020.6.3 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月2日、「911タルガ」をベースとした限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」を導入すると発表し、予約受注を開始した。
  • モーガン・スリーホイーラー(FR/5MT)【試乗記】 2020.6.9 試乗記 モーガンが、自身の起源に深く関わるサイクルカーを、自らの手で復活させた「スリーホイーラー」。前2輪、後ろ1輪の車体に、鼓動感あふれる2リッターVツインエンジンを搭載したそのマシンは、日常を冒険に変えてしまう一台だった。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラS(RR/8AT)【試乗記】 2020.4.7 試乗記 半世紀以上にわたる歴史を持つ、ポルシェのアイコニックなスポーツカー「911」。最新世代の後輪駆動モデル「911カレラS」に試乗した筆者は、かつて称賛した先代からのさらなる進化に、深いため息をついたのだった。
ホームへ戻る