GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理

2020.06.09 自動車ニュース
シボレー・カマロ
シボレー・カマロ拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年6月9日、スペシャリティークーペ/コンバーチブル「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表した。納車開始は同年8月下旬を予定している。

 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
 
GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理の画像拡大
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。
特別仕様車の「カマロ“ヘリテージエディション”」。拡大

今回の変更では、カタログモデルのボディーカラーから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。

また、当初導入が予定されていた通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」についても採用を見送っており、従来モデルと同じくApple CarPlayやAndroid Autoに対応したインフォテイメントシステムを継続して採用している。

価格は以下の通り。

  • LT RS:541万円
  • SS:695万円
  • コンバーチブル:629万円
  • LT RS“ヘリテージエディション”:550万円(30台限定)
  • SS“ヘリテージエディション”:733万円(20台限定)
  • コンバーチブル“ヘリテージエディション”:630万円(40台限定)

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, カマロ コンバーチブル, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • 「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」が鈴鹿サーキットでFF車最速タイムを記録 2020.7.10 自動車ニュース 本田技研工業は2020年7月9日、同年秋に発売予定の限定モデル「ホンダ・シビック タイプRリミテッドエディション」の最終的な性能評価走行テストを鈴鹿サーキットで行い、FF車で最速となる2分23秒993のラップタイムを記録したと発表した。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
ホームへ戻る