第181回:マリオインプは三度死ぬ

2020.06.23 カーマニア人間国宝への道

スバリスト・マリオ高野の半生

マリオ高野といえば、スバリストの世界では有名な自動車ライターだが、彼の身辺でいま重大事が起きている!

彼は20歳だった26年前、初代「インプレッサWRX」を購入した。当時彼は大阪の大ホテル勤務だったため、軽くローンが通ったという。

が、ホテル退社後は職を転々とし、次第に貧窮。インプを手放す瀬戸際まで追い詰められた時は、ダイハツ池田工場に期間工として働き、半年間の超ハードな溶接作業で、なんとか愛車を死守した。

しかし上京して念願の自動車メディアへの就職に成功すると、広報車で通勤するようになり、愛車を放置、そして不動に。「それが第1次放置期でした」(本人談)

その後復活するも、弊社(編集プロダクション)のスタッフ入りした頃は、オイル漏れから車検切れに至り、第2次放置期に入っていた。

「インプはヘッドガスケットからオイルが漏れると、それが排気管に落ちるので、臭いし煙いしで、とても乗れなくなるのであります!」(本人談)

当時の写真を見ると、駐車場には雑草が茂り、車内は古雑誌等のゴミ(本人いわく“宝物”)が満載されており、まさにゴミ屋敷状態だった。

その状態から、弊社が予算を出して修理し、車検を取得。その模様を自主制作DVD『スバリスト世界征服作戦』(絶版)としてネット発売することで、二度目の復活を果たしたのだった。

当時マリオはライターとして、生涯未曾有(みぞう)の年収600万円も達成。長年の夢だったサスペンション交換やBBSホイールの投入など、やりたかったことをすべてやり、気がついたら120万円もかけていた。それが12年前のことである。

貧困と怠慢により不動となった、マリオ高野氏の「スバル・インプレッサWRX」(第2次放置期)。
貧困と怠慢により不動となった、マリオ高野氏の「スバル・インプレッサWRX」(第2次放置期)。拡大
SUPER GTではスバルの応援団長も務める、マリオ高野氏。
SUPER GTではスバルの応援団長も務める、マリオ高野氏。拡大
新車セールスマン時代のマリオ高野氏の名刺。
新車セールスマン時代のマリオ高野氏の名刺。拡大
筆者が運営する編集プロダクション、フォッケウルフのメンバーとして、共に制作したDVD。
筆者が運営する編集プロダクション、フォッケウルフのメンバーとして、共に制作したDVD。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

スバル インプレッサ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る