レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場

2020.06.16 自動車ニュース
「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル。
「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル。拡大

トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。

 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大
 
レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場の画像拡大

レクサスの乗り味をより高い次元に

ブランド独自の価値として、あらゆるシーンで減速、操舵、加速がシームレスにつながる気持ちよさなど、ドライバーの意図に忠実でリニアな応答を追求してきたレクサス。ISのマイナーチェンジモデルではこうしたレクサスの乗り味“レクサスドライビングシグネチャー”をより高い次元に昇華させたほか、ワイド&ローなフォルムにこだわった、よりアグレッシブな意匠を採用。さらに、予防安全装備「Lexus Safety System+」の内容もアップデートするなど全方位的な進化を遂げているのが特徴だ。

走行性能の強化にあたっては、2019年4月に愛知県豊田市下山地区に新設した車両開発用のテストコースであるトヨタテクニカルセンター下山をはじめ、世界各地で走り込みを実施。走行試験の結果に基づき、ドライバーの入力に対する応答性の向上やばね上の無用な動きの抑制など、路面状況や走行シーンに応じたチューニングを施した。改良版ISではステアリングやペダル操作の初期応答だけでなく、戻す際のコントロール性の向上にも取り組んでいる。

パワーユニットは従来通り2リッター直4ターボエンジンと3.5リッターV6自然吸気エンジン、さらに2.5リッター直4ハイブリッドの3タイプ。2.5リッターハイブリッドではアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御を変更したほか、2リッターターボではアクセル開度などから走行環境を判定し、より適切なギアを設定するアダプティブ制御を採用した。

ボディー剛性の強化にも取り組んでおり、サイドラジエーターサポートの補強やフロントサイドメンバーのスポット打点追加、Cピラーからルーフにかけての構造最適化などを実施。運動性能を高めるとともに、ノイズや振動の低減も図っている。

足まわりにはコーナリングフォースを高めるべく19インチタイヤを新たに採用。ホイールの締結部をハブボルト化することで締結力アップと質量低減を実現した。さらに、ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式バルブを設け、微小な動きに対しても減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」を搭載した。


エクステリアのデザインコンセプトは「アジャイル&プロボケイティブ(俊敏&挑発的)」。新開発の小型軽量ランプユニットによる薄型ヘッドランプに加えて、低く構えたグリルまわりとそれに合わせて下げたサイドのキャラクターライン、トランク後端のデザインなどで重心の低さを表現した。張り出した前後フェンダーやL字モチーフの一文字型リアコンビランプ、立体的なバンパーガーニッシュ、19インチタイヤなどで表現したスポーティーなプロポーションも特徴だ。レクサスのアイコンであるスピンドルグリルは、グリルの先端を起点とした立体的な多面体構造とすることで押し出し感を強調。スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせた。ボディーサイズは4710×1840×1435mmと、改良前よりも30mm長く、30mm広く、5mm高くなっている。

ボディーカラーには強い陰影で造形を際立たせる「ソニックイリジウム」と金属質感と高光沢を実現した「ソニッククロム」の計2色を新規開発した。

スポーティーグレードの“Fスポーツ”ではフロントまわりにFメッシュパターンを採用。グリルロア部のエアインテークや専用19インチアルミホイール、リアスポイラーなどの専用装備に加えて、ボディーカラーには専用色の「ラディアントレッドコントラストレイヤリング」を設定した。

インテリアにはインパネ上部やドアパネルに有彩色を設定し、ツートン配色とすることで左右方向の広がりを強調。ドアトリムの一部にはレクサスの新たな加飾表現である複数のエンボスラインを交差させたグラフィックパターンを採り入れたほか、オーナメントパネルには「アッシュ(オープンフィニッシュ/墨ブラック)」「ブラックジオメトリーフィルム」、さらに“Fスポーツ”専用の「サテンクロム」を採用した。また、ダッシュボードのセンターにはタッチ操作が可能な10.3インチディスプレイを搭載。「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」などのスマートフォン連携機能も使えるようになった。

Lexus Safety System+については、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上によって「プリクラッシュセーフティー」の対応領域が拡大。昼間の自動車運転者や夜間の歩行者に加えて、新たに交差点右折前に前方から来る対向直進車や右折時に前方から来る横断歩行者が検知可能になった。また、ドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援や低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制などの機能も追加した。

レーダークルーズコントロールやレーントレーシングアシスト(LTA)などの機能も強化した。LTA作動時のカメラによる白線認識技術にAIを活用し、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速。カーブ走行時の横Gを一定に保つとともに、半径の小さなカーブやトンネル内でも運転支援が途切れないようになった。

レクサスISのマイナーチェンジモデルは、国内では2020年秋ごろの発売が予定されている。

(webCG)

関連キーワード:
IS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス IS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスならではの走りをより高次元に 「レクサスIS」のマイナーチェンジモデル登場 2020.6.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年6月16日、レクサスブランドのFRスポーツセダン「IS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。走行性能の強化に加えて、内外装デザインの見直しや予防安全装備の進化など、全方位的な進化を遂げている。
  • レクサスIS300h“バージョンL”(FR/CVT)【試乗記】 2013.7.30 試乗記 フルモデルチェンジを機に、「レクサスIS」に初めてハイブリッドモデルが加わった。モーター付きの“スポーツセダン”は、どんな走りを見せるのか? 燃費とあわせて報告する。
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • 進化したフリード モデューロXを試す 2020.7.10 モデューロXの最新モデルを味わう<PR> ベースとなる「ホンダ・フリード」のマイナーチェンジに合わせ、「フリード モデューロX」も最新モデルにアップデート。日常的な速度域でも体感できる“実効空力”を高めるべく、新開発のエアロバンパーが備わっている。その効果を試すべく、新旧モデルを同時に連れ出した。
ホームへ戻る