EVだけが解決可能な諸問題

今後のクルマが電動化・EV化の道を進んでいかざるをえないのは事実だ。世界中の自動車行政はほぼ例外なく、電動化・EV化にカジをきっている。しかし、同時に、世界のどこでも、クルマの電動化やEV化は当局の思惑どおりには進んでいない。その理由は、電動車やEVは価格やエネルギー供給などでまだ課題を抱えており、末端ユーザーが当局の期待するようには買ってくれないからだ。

ただ、クルマの電動化・EV化の流れは、それなりの一進一退はあっても逆戻りすることはないだろう。なぜなら、NOxやPMなどの有毒物あるいは地球温暖化ガス(CO2)といったクルマの環境問題は、EVでしか解決しないからだ。内燃機関の燃費や排ガスをいかに厳しく規制したところで、有毒ガスも温暖化ガスもゼロになることは永遠になく、悪くいえばイタチごっこでしかない。かわりに、世界中のクルマがすべてEVになれば、その瞬間にクルマの排ガス問題は完全に消滅する。

もちろん「バッテリーの製造と廃棄、発電時に排出されるCO2を考えると、EVとて排ガスゼロではない」とか「大量のEVを毎日走らせるためには、現実的には原子力発電に頼るしかない!?」といった“エンジン車擁護論”も一理ある。しかし、クルマの環境当局の仕事はあくまで「目の前のクルマが良くないものを排出しないようにする」ことであって、地球規模でのエネルギー論議は、彼らにとっては他人事でしかない。

というわけで、トヨタも本音では「自分たちのつくるハイブリッドのほうがプラグインやEVより現実的で効率的」と思っていても、プラグインやEVをやらないという選択肢はない。そんなプラグインを今現在の市場でなんとか売れる商品とするために……というトヨタの意志がひとつのカタチとして具現したのが、今回のRAV4 PHVということだろう。

「RAV4 PHV」のカタログ写真。赤がベースのカラーリングからは、エコカーとしての訴求は感じ取れない。
「RAV4 PHV」のカタログ写真。赤がベースのカラーリングからは、エコカーとしての訴求は感じ取れない。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る