「ホンダCR-V」がマイナーチェンジ ブラックのアクセントが目を引く新グレード登場

2020.06.18 自動車ニュース
ホンダCR-V EX・ブラックエディション
ホンダCR-V EX・ブラックエディション拡大

本田技研工業は2020年6月18日、ミドルサイズSUV「ホンダCR-V」にマイナーチェンジを実施し、同年6月19日に発売すると発表した。

新デザインのホイールが採用された「EX・マスターピース」。
新デザインのホイールが採用された「EX・マスターピース」。拡大
ハイブリッド車「e:HEV EX」のインテリア。
ハイブリッド車「e:HEV EX」のインテリア。拡大
「EX」グレードにはファブリックとプライムスムースレザーのコンビシートが採用された。
「EX」グレードにはファブリックとプライムスムースレザーのコンビシートが採用された。拡大
「e:HEV EX・ブラックエディション」のインストゥルメントパネルまわり。
「e:HEV EX・ブラックエディション」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「BLACK EDITION」のロゴ入り本革シート。
「BLACK EDITION」のロゴ入り本革シート。拡大
テールゲートに装着されるバッジ。
テールゲートに装着されるバッジ。拡大

ディテールの変更で内外装の上質感をアップ

今回のマイナーチェンジでは、シーケンシャルターンシグナルランプやステアリングヒーター、リバース連動ドアミラーを全車標準装備化。「EX」グレードのシートをファブリックからファブリックとプライムスムースレザーのコンビタイプに変更したほか、「EX・マスターピース」グレードではホイールの意匠を変更するとともに、後部シートヒーターを標準装備とした(5人乗り2列シート仕様のみ)。

ラインナップについては、ハイブリッドモデルの名称を「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更するとともに、新たな最上級グレードとして「EX・ブラックエディション」を設定。黒を基調としたインテリア・エクステリア装飾や、ブラック塗装のアルミホイールなどで、SUVの持つ力強いイメージを強調したモデルとなっている。

EX・ブラックエディションの専用装備は以下の通り。

  • 専用アルミホイール(ブラッククリア塗装、18 インチ)
  • 専用エンブレム
  • ダーククロームメッキ仕上げのフロントグリルとフォグランプガーニッシュ、テールゲートガーニッシュ
  • ブラックのヘッドランプエクステンション
  • スモークタイプの LED リアコンビネーションランプ
  • 「BLACK EDITION」ロゴ入り本革シート
  • ピアノブラック調塗装のドアオーナメントパネルとインナードアハンドル
  • ブラックの木目調パネル
  • ブラックルーフライニング

ボディーカラーについては、「ルナシルバー・メタリック」や「ルーセブラック・メタリック」などに代わり、新たに「シーグラスブルー・パール」「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」の3色を採用。全6色の構成としている。

価格は336万1600円から455万8400円。

(webCG)

関連キーワード:
CR-V, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ CR-V の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【試乗記】 2018.12.21 試乗記 新型「CR-V」のフルモデルチェンジに、少し遅れて設定された「ハイブリッド」。国内外のブランドがひしめくミドルクラスSUVの中にあって、国内販売を復活させたCR-Vの、ハイブリッド車の持つセリングポイントとは何なのか? その走りから確かめてみた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • ホンダCR-V EX・マスターピース(FF/CVT)【試乗記】 2018.10.11 試乗記 日本市場を去ってから2年あまり。いよいよ「ホンダCR-V」が帰ってきた。とはいえ、見た目にも中身にもメインマーケットであるアメリカの空気が漂っているのは否めないところ。日本の道路における使い勝手はどうなのか!?
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る