デザインは“貴重な楽しみ”

安全で燃費もよく静かなスポーツカーの、行き着く先はどこか? 乗馬の歴史がそうであったように、いっそトラック専用モデルとして開発し運転のお楽しみはサーキットで、という考え方もあって、事実、そういうスペシャルモデルの開発にどこのブランドも熱心である。そんな楽しみ方のできる場所の新たな企画(競技をしないサーキット)も世界中で顕著に増えてきた。

一方、誰もがサーキット遊びを好むわけではなく、一般道にとどまりたいというスポーツカー愛好家も少なくないだろう。しかし、彼らに残された“楽しむ余地”は非常に少ないというのが現状であり、未来も同様だ。

そういった人たちのためにメーカーができることは、さほど多くは残されていない。運転する喜びを提供することそのものが社会の流れに逆行する可能性があるからだ。それゆえメーカーは今まで以上に二律背反する性能を追求するとともに、せめて雰囲気だけでも心躍る仕立てにできないか、そう考える。そのためにクルマ好きが心から憧れるヘリテージモデルのエッセンスを最新モデルにちりばめてみようじゃないか。“ヘリテージデザイン”エディションといみじくもポルシェ自身がアピールするように、それはデザインによってスポーツカー乗りを(良い意味で)扇動しようという試みだといっていい。

もはや動力性能は気軽に楽しむレベルを超えて進化した。しかもイージーに乗りこなせてしまうという点で、手なずけるというプロセスは失われ、そのぶん愛着も減っていくことだろう。そこを歴史的なデザインの力で埋めよう、というわけだ。

ポルシェのヘリテージデザインエディションには懐かしい金色のロゴが使用されている。「356」時代やごく初期の“ナロー911”時代のクラシックポルシェに思いをはせつつ、最新モデルを楽しむ。そんなポルシェファンは少なくないだろう。歴史あるブランドは今こそ、自らのヘリテージを上手に活用すべきである。決して過去をけがさない程度に……。

(文=西川 淳/写真=ポルシェ、ランボルギーニ、BMW/編集=関 顕也)

「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」のメーターパネル。計器の意匠・配色などでも往時のムードが演出されている。
「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」のメーターパネル。計器の意匠・配色などでも往時のムードが演出されている。拡大
“むかしのイメージ”といえば、ランボルギーニも名車「ミウラ」をモチーフにした限定車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を2016年にリリースしている。商業的には大成功で、発売時には完売状態だった。
“むかしのイメージ”といえば、ランボルギーニも名車「ミウラ」をモチーフにした限定車「アヴェンタドール ミウラ オマージュ」を2016年にリリースしている。商業的には大成功で、発売時には完売状態だった。拡大
クラシカルデザインを強みとする商品の提案は、モーターサイクルの世界でもしばしば見られる。写真は「BMW R nineTアーバンG/S」(2016年)。1980年代に活躍した「BMW R80G/S」をイメージしたデザインが与えられている。
クラシカルデザインを強みとする商品の提案は、モーターサイクルの世界でもしばしば見られる。写真は「BMW R nineTアーバンG/S」(2016年)。1980年代に活躍した「BMW R80G/S」をイメージしたデザインが与えられている。拡大
「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」(写真左)は8段AT仕様のみで、伝統的なMT車は用意されない。日本仕様では、右ハンドルのほか左ハンドルも選べる。
「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」(写真左)は8段AT仕様のみで、伝統的なMT車は用意されない。日本仕様では、右ハンドルのほか左ハンドルも選べる。拡大
ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.3.5 試乗記 「ポルシェ718ボクスター/718ケイマン」の高性能モデル「GTS」に、水平対向6気筒自然吸気エンジンが復活した。従来の4気筒ターボ版「GTS」比で35PS増しとなる最高出力400PSの「GTS 4.0」は、どんな走りを披露するのか。ポルトガルでの初試乗をリポートする。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • 「ポルシェ718ボクスターT/718ケイマンT」の予約注文受け付けがスタート 2020.6.25 自動車ニュース ポルシェジャパンは2020年6月24日、ミドシップスポーツカー「718ボクスター」「718ケイマン」のラインナップに「718ボクスターT」「718ケイマンT」を設定し、予約受注を開始した。
  • ポルシェが「911タルガ4」「911タルガ4S」の新型を発表 2020.5.18 自動車ニュース 独ポルシェは2020年5月18日(現地時間)、「911タルガ4」および「911タルガ4S」の新型を発表した。サイドまで回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーを残したままでソフトトップが開くオープントップボディーが特徴となっている。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0/718ケイマンGTS 4.0【海外試乗記】 2020.5.13 試乗記 2.5リッターターボから4リッターの自然吸気へとエンジンが変更された「ポルシェ718ボクスター/ケイマンGTS」。まさかの“アップサイジング”を図ったポルシェの思惑とは? 新エンジンを得た新型GTSの走りとともに、ポルトガル・エストリルより報告する。
ホームへ戻る