「レクサスLC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」登場 台数60台限定の特別仕様車も設定

2020.06.18 自動車ニュース
レクサスLC500コンバーチブル
レクサスLC500コンバーチブル拡大

トヨタ自動車は2020年6月18日、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」のオープントップバージョン「LC500コンバーチブル」を同年7月15日に発売すると発表した。同時に特別仕様車「“Structural Blue(ストラクチュラルブルー)”」も設定し、台数60台の限定で販売する。

「LC500コンバーチブル」のボディーカラーは、「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(写真)を含め、全11種類から選択できる。
「LC500コンバーチブル」のボディーカラーは、「ホワイトノーヴァガラスフレーク」(写真)を含め、全11種類から選択できる。拡大
ヘッドレストの後部には「L」のエンブレムがエンボス加工されている。風の巻き込みを抑制するウインドディフレクターやネックヒーターも備わる。
ヘッドレストの後部には「L」のエンブレムがエンボス加工されている。風の巻き込みを抑制するウインドディフレクターやネックヒーターも備わる。拡大
電動のソフトトップは4層構造。走行中でも50km/h以下であれば開閉可能。オープン/クローズともに約15秒でアクションが完了する。
電動のソフトトップは4層構造。走行中でも50km/h以下であれば開閉可能。オープン/クローズともに約15秒でアクションが完了する。拡大
パームレスト内にルーフの開閉スイッチと全窓操作スイッチが設置されている。
パームレスト内にルーフの開閉スイッチと全窓操作スイッチが設置されている。拡大
「LC500コンバーチブル」のソフトトップは、サンドベージュ(写真)とブラックの2色が設定されている。
「LC500コンバーチブル」のソフトトップは、サンドベージュ(写真)とブラックの2色が設定されている。拡大
ソフトトップの作動状況が、マルチインフォメーションディスプレイにグラフィック表示される。
ソフトトップの作動状況が、マルチインフォメーションディスプレイにグラフィック表示される。拡大

今回発表されたLC500コンバーチブルは、クーペモデルとともにレクサスブランドのフラッグシップに位置付けられるラグジュアリーオープントップモデル。2019年10月の東京モーターショーにコンセプトモデル(左ハンドル車)が展示され、同年11月のロサンゼルスモーターショーで市販モデルを発表。初披露時には、日本導入もアナウンスされていた。

レクサスでは「ルーフを開いても閉じていても美しいシルエットのコンバーチブルを目指し、ルーフオープン時は、ソフトトップが完全に格納される自動開閉式のトノカバー付きフォールディング機構を採用。ルーフクローズ時にクーペのような美しいルーフラインとなるようこだわった」と、エクステリアデザインの特徴を紹介している。

電動のソフトトップは4層構造で、走行中でも50km/h以下であれば開閉可能。作動の様子はマルチインフォメーションディスプレイにグラフィック表示される。ソフトトップの動作に要する時間はオープン/クローズともそれぞれ約15秒に設定。速さだけではなくその動き方にもこだわり、「書の三折法にヒントを得て、開閉動作を動き出し/途中/動き終わりの3ステップに分解。動き出しと動き終わりには適度なタメを持たせながらも、極端な速度変化がないようリズムよくつなぐことで、優雅で自然な動きを実現した」という。

インテリアでは、シート肩口のキルティングや穴径の異なる3種類のパーフォレーション加工によるグラデーションの採用、ヘッドレスト後部のLマークなどがコンバーチブルの特徴となる。オープン走行時の風の巻き込みを抑制するウインドディフレクターやネックヒーターも備わっている。

走行面では、足まわりに軽量で高剛性なアルミダイキャスト製のリアサスペンションタワーブレースや床下結合部のブレースを採用したほか、ヤマハ製の「パフォーマンスダンパー」を装着。パワーユニットは、クーペの「LC500」にも搭載されている自然吸気の5リッターV8エンジンに10段ATを組み合わせている。

官能的なV8サウンドを楽しめるよう、吸気音をキャビン内に共鳴させるサウンドジェネレーターや迫力のある排気音を演出する外装バルブをクーペと同様に採用するとともに、キャビン内の静粛性向上のため、不快な車内ノイズを抑制するというアクティブノイズコントロール(ANC)を搭載。オープン/クローズのそれぞれの走行時に合わせ音響に変化する、オーディオ/サウンドシステムも用意されている。

LC500コンバーチブルの価格は1500万円。

レクサスLC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”
レクサスLC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”拡大
「LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”」では、特別仕様車専用となる「ストラクチュラルブルー」の外装色を採用している。
「LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”」では、特別仕様車専用となる「ストラクチュラルブルー」の外装色を採用している。拡大
「ライムストーン」と呼ばれる専用内装色を採用する「LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”」のインテリア。
「ライムストーン」と呼ばれる専用内装色を採用する「LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”」のインテリア。拡大
ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装の21インチホイールを装備。
ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装の21インチホイールを装備。拡大

“青の洞窟”をモチーフとした特別仕様車

レクサスLC500コンバーチブルの登場に合わせ発売される特別仕様車LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”は、「ストラクチュラルブルー」と呼ばれる専用外装色と、「ライムストーン」の専用内装色が採用されたモデルである。

カラーコーディネートは“青の洞窟”がモチーフとされ、外装色のストラクチュラルブルーは、海の青と同様に特定の波長の光を反射する構造発色の原理を持つレクサス独自のカラー。白い海底に見立てた内装色のライムストーンと組み合わせることで、青を際立たせ、自然が生み出す奇跡の現象を表現。インテリアはエクステリアの一部であるという同モデルのデザイン思想を象徴するものとして設定したという。

LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”の主な特別装備は以下の通り。

  • 特別仕様車専用エクステリアカラー(ストラクチュラルブルー)
  • 特別仕様車専用ルーフカラー(マリーンブルー)
  • 特別仕様車専用インテリアカラー(ライムストーン)
  • フロント245/40RF21/リア275/35RF21ランフラットタイヤ&鍛造アルミホイール(ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装)
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • 特別仕様車専用スカッフプレート(CFRP)

特別仕様車LC500コンバーチブル“ストラクチュラルブルー”の価格は1650万円。台数60台の限定販売のうち40台はオーナー向けの先行商談会にて販売され、残りの20台はオフィシャルウェブサイトで商談公募が行われる。

(webCG)

関連キーワード:
LC, レクサス, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る