メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)

2020.07.02 谷口信輝の新車試乗 最高出力421PSの高性能ハッチバック「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。“特殊コマンド”「ドリフトモード」での変化を含め、走りの印象をリポートする。

これはやる気にさせてくれる

前編では市街地における「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1」の魅力を語ってくれた谷口信輝。後編はいつものワインディングロードでの印象から始めてもらうことにしよう。
「まあ、とにかく楽しいクルマですよ、新型A45は。まず、このクルマに積まれているのは2リッターターボエンジンじゃないですか。そこから421PSというパワーを引き出すのもすさまじいんですが、これだけのパワーを出そうとするとどうしてもターボチャージャーが大きくなるわけで、2リッターエンジンでは、低回転域でなかなかタービンを速く回せない。そうすると、パワーが湧き出すまでに待たされるわけです。これが、いわゆるターボラグですよね」

ところが新型A45は、ターボラグとは無縁の鋭いピックアップを披露するという。
「結構低回転から、それこそ2500rpmくらいでもブワーとパワーが出始める。ボンネットを開けるとすぐターボチャージャーが見えるから、皆さんも実際に眺めていただきたいんですが、これだけ大きなタービンを瞬時に高回転で回しちゃうこのエンジンって、本当にすごいと思いますよ」

しかも、旧型の7段DCTから8段DCTへと進化したギアボックスが、エンジンのレスポンスのよさをさらに引き出してくれると谷口は言う。
「ギアが1段増えたことでよりクロスレシオになって、加速していくときもパーン、パーン、パーンとものすごくつながりがよくなった。つまり、クロスレシオになったことでシフトアップ直後のエンジン回転数のドロップが少なくなったから、息継ぎせずにすぐに再加速に移れるようになったんです。しかもスポーツモードとかだとシフトカットの“パァーン”って気持ちいい音が入るでしょ。もう、すごいやる気にさせてくれますよね」

 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
 
メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編) 2020.7.2 谷口信輝の新車試乗 最高出力421PSの高性能ハッチバック「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。“特殊コマンド”「ドリフトモード」での変化を含め、走りの印象をリポートする。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデス・ベンツA250 4MATICセダン(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.31 試乗記 メルセデス・ベンツのエントリーモデル「Aクラス」に、オーセンティックないでたちの「セダン」が登場。FFベースならではの高効率なパッケージを持つニューモデルは、FRセダン「Cクラス」に迫る実力の持ち主だった。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
ホームへ戻る