第661回:イタリアでも輝く六連星! スバリストは拡大再生産されていく

2020.06.26 マッキナ あらモーダ!

84歳販売店主の息子たち

2020年6月。イタリアの自動車販売店は前月に引き続き、新型コロナウイルス対策の外出制限期間中に滞っていた納車作業に追われている。

第442回でリポートしたシエナのスバルディーラー、アウトサローネ・モンテカルロを訪ねてみると、やはり通常業務に戻っていた。幸いなことに、今年で84歳になる店主ニコロ・マージ氏も、元気に復帰していた。

参考までに、イタリア全国における2020年5月のスバル登録台数は前年比24.12%減の173台であった。ニッチなブランドとはいえ、主要メーカーが軒並み40~60%減となった中で、その下げ幅は極めて少ない。

ニコロ氏には2人の子息がいる。彼らもまたアウトサローネ・モンテカルロに携わっており、普段は少し離れた場所にあるサービス工場をベースにしている。

次男で1979年生まれのフェデリコ氏は整備担当だ。2019年に神戸で開催された「スバルサービス技術コンクール世界大会」にはヨーロッパ代表の一人として参加。世界各地から勝ち上がってきた14名を相手に善戦した。

いっぽう、長男で1970年生まれのリッカルド氏は、主にサービスフロント業務を担当している。弟と同じくメカニック出身だけに、入庫してくるスバル車の症状を即座に判断し、スタッフに指示を出す。

大の日本ファンであるのも弟と同様だ。研修旅行とは別に、家族を連れて沖縄を旅行したこともある。

そのリッカルド氏は、新型コロナウイルスによる休業期間中、ある作業に取り組んでいたという。

イタリア・シエナにあるスバルディーラー、アウトサローネ・モンテカルロにて。今年で84歳になる店主のニコロ氏は、再び元気に店頭に立っている(以下、撮影のためマスクを外しています)。
イタリア・シエナにあるスバルディーラー、アウトサローネ・モンテカルロにて。今年で84歳になる店主のニコロ氏は、再び元気に店頭に立っている(以下、撮影のためマスクを外しています)。拡大
サービス工場の様子。かつては4WDが効果を発揮する郊外在住のユーザーが大半だったが、近年は市内在住者が急激に増えたという。
サービス工場の様子。かつては4WDが効果を発揮する郊外在住のユーザーが大半だったが、近年は市内在住者が急激に増えたという。拡大
サービス工場の入り口に掲げられたプレート。
サービス工場の入り口に掲げられたプレート。拡大
長男のリッカルド・マージ氏は今年で50歳。独立してスバル車を売り始めた父ニコロ氏の背中を見ながら育った。
長男のリッカルド・マージ氏は今年で50歳。独立してスバル車を売り始めた父ニコロ氏の背中を見ながら育った。拡大
サービス工場のスタッフ一同。写真で右から3番目が次男のフェデリコ氏。スバルサービス技術コンクール世界大会の欧州代表の一人として参加した。
サービス工場のスタッフ一同。写真で右から3番目が次男のフェデリコ氏。スバルサービス技術コンクール世界大会の欧州代表の一人として参加した。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事