スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場

2020.06.25 自動車ニュース
新型メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC
新型メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、新型「メルセデス・ベンツGLA」を国内導入すると発表し、予約注文受け付けを開始した。

 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大
 
スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場の画像拡大

先代モデルよりも全高が100mm以上も拡大

メルセデス・ベンツGLAが初のフルモデルチェンジを受けた。コンパクトなボディーにメルセデスの持つSUV技術を凝縮させながら、スタイリッシュでオールラウンドに使えるコンパクトSUVであるというのが2代目モデルの触れ込みだ。

新型GLAのボディーサイズは全長×全幅×全高=4410×1834×1611mmで、ホイールベースは2729mm(欧州仕様参考値)。先代モデルと比べると、フットプリントはほぼ同等ながら全高が100mm以上も高くなっており、よりSUVらしいスタイリングが与えられている。シャシーは現行の「Aクラス」や「Bクラス」などと同じメルセデスのエンジン横置きFF用プラットフォーム「MFA2」。サスペンションはフロントがマクファーソンストラット式でリアがマルチリンク式となる。

エクステリアでは前後のオーバーハングを短くとり、曲線を多用したデザインが特徴だ。フロントまわりにはクローム仕上げのアンダーガードとパワードーム付きのボンネットを採用し、力強さを表現。サイドビューでは面の張りを強調したショルダー部分とリアに向かって下降するルーフライン、その2つの要素に囲まれたコンパクトなサイドウィンドウがスタイリッシュさをアピールする。

インテリアデザインは同じファミリーのAクラスのデザインを踏襲し、2つのワイドスクリーンを並べたダッシュボードやタービン形状のエアアウトレットなどを採用。対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」やスマートフォンのワイヤレスチャージ機能なども装備する。

前席の着座位置は従来モデルよりも97mm、現行のAクラスよりも140mm、Bクラスと比べても52mm高くなっており、周囲の視認性と乗降性が大幅に強化されている。後席についてはレッグルームが従来モデルよりも116mm拡大されているほか、前後140mmの座面スライド機構とバックレストの調節機構(7段階)、バックレストの40:20:40の分割可倒機構を採用。荷室の容量は435~1430リッター(従来モデルは421~1235リッター)と、ユーティリティー性能の大幅な強化が図られている。

新型GLAは、まずは「GLA200d 4MATIC」のみのモノグレードで導入がスタート。パワーユニットは最高出力150PS/3400-4440rpm、最大トルク320N・m/1400-3200rpmの2リッター直4ディーゼルターボエンジン「OM654q」で、8段のデュアルクラッチ式AT「8G-DCT」が組み合わされる。

車名の通り駆動方式は4MATIC=4WD。ドライブモード切り替え機構「ダイナミックセレクト」の操作によって基本となる前後トルク配分の比率を変えられるのが特徴だ。一般的な走行状況においては「エコ」「コンフォート」モードでは80:20に、「スポーツ」モードでは70:30に配分されるが、「オフロード」モード選択時には4WDクラッチがセンターデフロックのように作用し、基本トルク配分を前後50:50に均等化。そのうえで路面状況に応じて配分比率を連続的に変化させることで、常に最適な駆動力を伝達する。下り坂で車速を一定に保つ「ダウンヒルスピードレギュレーション」の搭載や200mmが確保された最低地上高(オプションの「AMGライン」装着車は180mm)も合わせて、オフロード走行も楽しめるようになっている。

運転支援システムについては、「Sクラス」と同等の機能をうたう「レーダーセーフティーパッケージ」を標準装備。自動再発進機能付きACC「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」や車線維持支援機能「アクティブステアリングアシスト」などでドライバーをサポートする。

GLA200d 4MATICの価格は502万円。2020年7月ごろから納車がスタートする見込みだ。

(文=webCG/写真=メルセデス・ベンツ日本)

新型「メルセデス・ベンツGLA」のより詳しい画像はこちら

関連キーワード:
GLA, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ GLA の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC 2020.6.25 画像・写真 メルセデス・ベンツのコンパクトSUV「GLA」が初のフルモデルチェンジを受け、2代目に進化した。よりスタイリッシュになりながら悪路走破性もアップした新型の姿を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLA200d 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.14 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」がフルモデルチェンジして2代目に生まれ変わった。各ブランドの自信作がひしめき合う激戦区に投入された、メルセデスの最新コンパクトSUVの仕上がりをリポートする。
  • スタイリッシュさも悪路走破性能もアップ 新型「メルセデス・ベンツGLA」登場 2020.6.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年6月25日、新型「メルセデス・ベンツGLA」を国内導入すると発表し、予約注文受け付けを開始した。2リッターディーゼルターボエンジンを搭載した「200d 4MATIC」のみのモノグレード展開で、価格は502万円。
  • ハイパフォーマンスと快適性を両立 「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」がデビュー 2020.10.22 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年10月22日、「メルセデス・ベンツGLA」のハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG GLA35 4MATIC」の国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。納車開始は同年12月ごろが予定されている。
  • メルセデス・ベンツGLB200d(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.29 試乗記 メルセデス・ベンツの人気SUV「GLA」と「GLC」の間に追加された、3列7人乗りの「GLB」。精神的支柱の「Gクラス」を想起させる四角い背高ボディーを背負ったニューモデルの仕上がりやいかに? 2リッターディーゼルのFF車「GLB200d」に試乗した。
ホームへ戻る