新型「トヨタ・ハリアー」いよいよ発売 狙い目のグレードは?

2020.06.26 デイリーコラム

“300万円以下”でいいね!

最近のトヨタ車は、以前と違ってライバル車よりも上質とは限らず、グレード構成なども粗く思えることがある。しかし新型ハリアーでは周到だ。トヨタの妙味が味わえる。

新型ハリアーのエンジンは、2リッターの直列4気筒と、2.5リッターのハイブリッドだ。駆動方式は、両タイプに前輪駆動の2WDと4WDを設定した。ハイブリッドの4WDは、後輪をモーターで駆動するE-Fourになる。

価格関連でまず注目されるのは、ベーシックな2リッターエンジンを搭載する「S」の2WDを299万円に抑えたことだろう。Sの装備を見ると、輸入車などに多い“注目を集めるための低価格グレード”ではない。衝突被害軽減ブレーキ、車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、17インチアルミホイール、ディスプレイオーディオなども標準装着されていて「Sで十分」と思わせる。

ただし装備品の表を見ると、Sにはアダプティブハイビーム、スーパーUV&IRカットガラス、運転席の電動調節機能、リアゲートの電動開閉機能などが装着されない。シート生地も普通のファブリックで、合成皮革を使う上質なタイプではない。

これらの装備のうち、アダプティブハイビームは、対向車や先行車を検知するとハイビーム状態を保ちながら必要な遮光を行う機能だ。ハイビームで得られる優れた視界を損なわずに相手の車両の幻惑を抑え、安全性を向上させる。この装備はSにはオプションでも用意されないのだが、安全性を高めるからには、全グレードに装着可能にすべきだ。

新型「トヨタ・ハリアー」には、ガソリンエンジン車とハイブリッド車がそれぞれ5グレードずつラインナップされており、各グレードに2WD(FF)と4WDがあるため計20種類が選べる。写真は最廉価の「S」グレード。
新型「トヨタ・ハリアー」には、ガソリンエンジン車とハイブリッド車がそれぞれ5グレードずつラインナップされており、各グレードに2WD(FF)と4WDがあるため計20種類が選べる。写真は最廉価の「S」グレード。拡大
「ハリアー」のハイブリッド車のベアシャシー。ガソリンエンジン車とハイブリッド車の価格を比べてみると、後者のほうが高く、その差は2WDの場合で59万円。4WDでは61万円となっている。WLTCモードの燃費値で2WD車同士を比べた場合、年間走行距離を1万km走行すると、ガソリンエンジン車は約650リッター、ハイブリッド車は約450リッターのレギュラーガソリンを消費する。10年10万kmで、差は約2000リッター。あとは走りの質感も含めて比較検討することになるだろう。
「ハリアー」のハイブリッド車のベアシャシー。ガソリンエンジン車とハイブリッド車の価格を比べてみると、後者のほうが高く、その差は2WDの場合で59万円。4WDでは61万円となっている。WLTCモードの燃費値で2WD車同士を比べた場合、年間走行距離を1万km走行すると、ガソリンエンジン車は約650リッター、ハイブリッド車は約450リッターのレギュラーガソリンを消費する。10年10万kmで、差は約2000リッター。あとは走りの質感も含めて比較検討することになるだろう。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事