新型「日産エクストレイル」の海外版がデビュー 日本仕様はどうなる?

2020.06.29 デイリーコラム

ひそかにお披露目された次期型エクストレイル

2020年6月24日に「ジューク」の後を受け継ぐコンパクトクロスオーバーとして「日産キックス」が発表された。既に海外展開されている世界戦略車ということもあり、その価格と仕様に注目していた。

電動パワートレイン「e-POWER」と運転支援機能「プロパイロット」の全車標準搭載は歓迎すべき点だが、エントリー価格の高さには少しショックを覚えた。現在も販売されているジュークの最廉価グレードは201万1900円。一方のキックスは275万9900円からとなる。この価格帯だと他の選択肢も見えてくる。他社はもちろんだが、日産にも「エクストレイル」がある。こちらの最廉価グレードは248万2700円、ハイブリッドでも288万2000円からとなる。

しかし、現行エクストレイルも、早いもので登場から7年目に突入。そろそろ新型が気になるころだ。実はつい最近、海の向こうで日産は、海外向けの新型SUVを発表している。その一台こそ、次期エクストレイルの行方を左右する重要な存在なのだ。

北米日産は2020年6月15日、次期型となる新型「ローグ」をアンベールした。ローグは海外展開される日産のミッドサイズSUVのひとつだが、先代モデルからエクストレイルと統合され、姉妹車となっている。つまり、日産が選択と集中という戦略をあらためて強調する今、新型ローグは次期型エクストレイルにほかならない。

北米日産がお披露目した次期型「日産ローグ」。発売は2020年秋が予定されている。
北米日産がお披露目した次期型「日産ローグ」。発売は2020年秋が予定されている。拡大
こちらは現行型の「ローグ」。日本で親しまれている「エクストレイル」そのものだ。
こちらは現行型の「ローグ」。日本で親しまれている「エクストレイル」そのものだ。拡大
日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • 日産エクストレイルAUTECH iパッケージ(2列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2020.4.22 試乗記 オーテックジャパンの手になる、「日産エクストレイル」の純正カスタマイズモデル「エクストレイルAUTECH」。新たにザックス製のダンパーが装着された最新モデルの出来栄えを、デビューから6年を経たエクストレイルの進化とともにリポートする。
  • トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良 ディーゼルモデルの最高出力を204PSに向上 2020.8.3 自動車ニュース トヨタが「ランドクルーザープラド」を一部改良。2.8リッターディーゼルエンジンの最高出力を204PSに向上させたほか、「Toyota Safety Sense」の機能強化を図った。同時に特別仕様車「TX“Lパッケージ ブラックエディション”」も発売した。
  • 「シトロエンC3エアクロスSUV」の車両本体価格が値上げ 2020.7.31 自動車ニュース グループPSAジャパンは2020年7月31日、同年8月1日からシトロエンのコンパクトSUV「C3エアクロスSUV」の車両本体価格を改定すると発表した。新価格は「フィール」グレードが267万円で、「シャイン」グレードが282万円。
  • ダイハツ・タフトGターボ(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.29 試乗記 ダイハツが満を持して市場投入した新型軽クロスオーバー「タフト」。カクカクとしたデザインや開放的なガラスルーフなどが注目を集める同車だが、ライバルに対する真のアドバンテージはどこにあるのか? ターボ付きの最上級グレードに試乗し、その実力を確かめた。
ホームへ戻る