ヒットのカギを握るのは4WDシステム

日産自慢の「インテリジェントドライブ」技術もしっかり搭載。運転支援装備の「プロパイロット」は、レーダーとカメラを組み合わせた次世代センサーによってセンシング能力を強化。よりスムーズなブレーキングを実現したほか、ステアリングアシストの性能や走行車線内に進入する他車の検知性能も高めたという。上級グレードにはさらに高性能な「ナビリンク付きプロパイロットアシスト」、日本で言う「プロパイロット2.0」も採用した。

現時点で発表されているパワートレインは、現行型と同じ2.5リッター直列4気筒DOHCエンジンのみ。エンジンにはアップデートが施されており、最高出力が11PSアップして181PSに。駆動方式はFFと4WDを各グレードで選べる。4WDシステムには新しい電子油圧制御クラッチを採用。前輪のスリップを予測できるようになり、トルクをより正確かつ迅速に制御し、後輪へのトルク配分の応答性も強化したという。走行安定性とともに、オフロード性能も向上していることだろう。

新型ローグの内容を見ていくと、これをベースに日本仕様を仕立てれば、ヒット街道爆走中のRAV4ともいい勝負ができることだろう。……全体としてはそう感じる。

ひとつネックになるとしたらパワートレインかもしれない。日本のエクストレイルでは、ガソリン車は2リッターエンジンを搭載するだろう。また、現行のハイブリッドに代わってe-POWERを設定する可能性が高い。

e-POWERの基本はFWDである。「ノートe-POWER」には4WD車もラインナップされているが、リアアクスルに最高出力4.8PSのモーターを備えたどちらかといえば簡便なシステムであり、いわゆる生活四駆である。日本のクロスオーバーSUVの主力はFF車とはいえ、次期型エクストレイルがSUVらしさを強くアピールするには、きちんとした四駆はマストアイテムだ。e-POWERの新しい4WDの開発が進んでいるかもしれないし、「セレナe-POWER」のようにパワー型のチューニングを施したFF車のみとし、4WDのメインはガソリン車にするのかもしれない。そのあたりも、「技術の日産」を強調する日産の見どころといえそうだ。

(文=大音安弘/写真=日産自動車/編集=堀田剛資)

インテリアではタフ感は追求されておらず、ラグジュアリー路線をキープ。上位グレードでは随所にセミアニリンレザーが使われる。
インテリアではタフ感は追求されておらず、ラグジュアリー路線をキープ。上位グレードでは随所にセミアニリンレザーが使われる。拡大
最新の日産車ではおなじみの「ゼログラビティーシート」を採用。ロングドライブでも疲れないというのがセリングポイントだ。
最新の日産車ではおなじみの「ゼログラビティーシート」を採用。ロングドライブでも疲れないというのがセリングポイントだ。拡大
シフトセレクターは新たにバイワイヤ式を採用。セレクターレバーの後方にはドライブモードの切り替えダイヤルがレイアウトされる。
シフトセレクターは新たにバイワイヤ式を採用。セレクターレバーの後方にはドライブモードの切り替えダイヤルがレイアウトされる。拡大
日産 エクストレイル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ローグ 2020.6.17 画像・写真 日産自動車は2020年6月15日(現地時間)、米国で新型「ローグ」を発表した。ローグは日産がグローバル展開するミドルサイズSUVで、従来モデルは日本でも3代目「エクストレイル」として販売されていた。日本導入も予想される日産の最新SUVを写真で紹介する。
  • トヨタRAV4 PHVプロトタイプ【試乗記】 2020.6.18 試乗記 グローバルで高い人気を誇るトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に、プラグインハイブリッド車の「RAV4 PHV」が登場。95kmの距離をゼロエミッションで走れるエコロジカルな新モデルは、同時に電動車ならではの“走る楽しさ”も追求した一台となっていた。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • 「日産キックス」新登場で国内のコンパクトSUV市場はどう変わる?NEW 2020.7.3 デイリーコラム コンパクトSUVのニューモデル「日産キックス」が国内でデビュー。それで、過密状態の市場はどう変わる? ライバルと目される人気車種との比較を含め、戦線への影響について識者が語る。
  • 4人乗り仕様の「ボルボXC90」が生産終了に 日本向け最後の10台が上陸 2020.7.1 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2020年7月1日、「ボルボXC90 T8 Twin Engine AWDエクセレンス」の生産終了に伴い、日本市場向けの最終となる10台を販売すると発表した。
ホームへ戻る