第183回:ドイツ車はアタリが付く

2020.07.07 カーマニア人間国宝への道

あの素晴らしい走りをもう一度

以前、当連載では、「衝撃のアウディA6」と題して、その乗り心地のよさに心底たまげたという話を書いた。

ただ、あの時乗ったのは、トップグレードの「55 TFSIクワトロ」。3リッターV6ガソリンターボを積み、オプション込みで総額1131万円という超高級車だった。アレを自分の愛車にする状況ってのは、ちょっと想像が難しい。

その後「A6」はラインナップを拡充し、現在は2リッター直4の「45 TFSI」に加えて、2リッター直4ディーゼルターボの「40 TDI」が登場している。ディーゼルを積む後者は、個人的な次期愛車候補として有力だ(将来的な中古車狙いですが)。

現在の我が家の利用状況からすると、A6はサイズがデカすぎるが、あの乗り心地と2リッターディーゼルの超絶低燃費が同時に手に入るなら、そこは無視しても候補に入れておきたい。

実はA6、オプションの後輪操舵を付ければ、最小回転半径はわずか5.2m! 図体(ずうたい)はデカくても驚くほど小回りが利き、比較的道幅が狭いと言われる地元・東京都杉並区の路地も問題ないのである。低速でステアリングを深く切ると、後輪がシュワンと逆位相に切れてクルッと回る感覚がとっても気持ちイイ!

そこで今回は、まだ日本投入後間もない「A6アバント40 TDIクワトロ スポーツ」(車両本体828万円、オプション合計151万円、総額979万円)をお借りして、仮想オーナー体験をさせていただきました。

試乗車には、気持ちイイ後輪操舵と超絶なる乗り心地の両方を実現する、オプションの「ドライビングパッケージ(ダイナミックオールホイールステアリングとダンピングコントロールサスペンションのセット)」40万円ナリも装備されておりました。

日本に導入されたばかりの「アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ」に試乗!
日本に導入されたばかりの「アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ」に試乗!拡大
「アウディA6」のインテリア。
「アウディA6」のインテリア。拡大
日本では「A6アバント」のエントリーグレードとなる「40 TDIクワトロ スポーツ」。車両本体価格は828万円。151万円のオプション価格込みで総額979万円だった。
日本では「A6アバント」のエントリーグレードとなる「40 TDIクワトロ スポーツ」。車両本体価格は828万円。151万円のオプション価格込みで総額979万円だった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

アウディ A6アバント の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.15 試乗記 アウディ スポーツが開発を手がけた、「A4」シリーズのトップモデル「RS 4アバント」に試乗。その走りは、ドイツで生まれた高性能マシンならではの“クールな全能性”を感じさせるものだった。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
ホームへ戻る