トヨタ・プリウスに特別仕様車「S“セーフティープラスII”」登場 充実した安全装備が魅力

2020.07.01 自動車ニュース

トヨタ自動車は2020年7月1日、ハイブリッドカー「プリウス」に特別仕様車「S“Safety Plus(セーフティープラス)II”」を設定し、販売を開始した。

S“セーフティープラスII”は、ベーシックな「S」グレードをもとに安全装備を強化した特別仕様車である。車線変更時の後方確認をアシストするブラインドスポットモニターや、駐車場などから後退する際に左右後方から接近してくる車両を監視するリアクロストラフィックアラート、後方の映像を表示するバックカメラ、悪天候時にヘッドランプの明かりを補助するLEDアクセサリーランプなどが装備される。

このほかにも、ステアリングホイールから手を離さずに音声操作やハンズフリー通話を可能にするステアリングスイッチがセットになった「ナビレディセット」や、車内の空気を清浄に保つナノイー、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インナーミラーなどを特別装備している。

価格はFF車が275万5000円、4WD車が295万3000円。

(webCG)

トヨタ・プリウスS“Safety Plus(セーフティープラス)II”
トヨタ・プリウスS“Safety Plus(セーフティープラス)II”拡大

関連キーワード:
プリウス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ プリウス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.25 試乗記 販売にかつての勢いがないとはいえ、「トヨタ・プリウス」が今もなおトヨタを象徴する車種であることに変わりはない。相撲の横綱に求められるのと同様に、プリウスにもプリウスらしい振る舞いが求められているのだ。最新モデルに試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • 「第22回 オール オッズ ナショナルズ & 第5回 クラウン クラシックス リユニオン at 豊洲」の会場から 2019.9.13 画像・写真 アメリカ西海岸風にカスタマイズされたクルマと、古い「クラウン」のオーナーミーティングが同時開催。展示車両の中から、リポーターの印象に残ったクルマを写真で紹介する。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • 新デザインの「トヨタ・プリウス」
    マイナーチェンジで巻き返しなるか!?
    2018.12.21 デイリーコラム モデルライフなかばのマイナーチェンジで、化粧直しや装備のアップグレードが実施された「トヨタ・プリウス」。ハイブリッド車の代名詞は、これをきっかけにベストセラーの座を取り戻せるか? その可否について考える。
ホームへ戻る