クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW M340i xDrive(4WD/8AT)

“M”ならではの仕事 2020.07.08 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。

現行3シリーズで唯一の直6モデル

BMW M340i xDriveの試乗を始める前に、いまのMのラインナップを復習したい。ご存じのように1972年に設立されたBMW M社(当時はBMWモータースポーツ社)は、同社のモータースポーツ活動やハイパフォーマンスモデルの開発を手がける組織だ。

現在はサーキット走行も視野に入れた「Mモデル」(3シリーズだったら「M3」)、エンジンのパワーアップを図ると同時にシャシーにも手を加えた「Mパフォーマンス」、そして内外装のデザインや、モデルによっては足まわりやエアロパーツにもM社のノウハウを注いだ「Mスポーツ」という3種類のMが存在する。

言ってみれば「激辛」「辛口」「中辛」の3段階で、今回試乗したBMW M340i xDriveは辛口のMパフォーマンスにあたる。M3と、3シリーズMスポーツのちょうど中間という位置づけだ。

外観は現行3シリーズをベースとしつつ、セリウムグレーメタリックに塗られたシャッター式キドニーグリルやリアのディフューザーなどが専用デザインとなっている。普通の人が見れば普通の3シリーズであるけれど、見る人が見ればタダ者ではないすごみを感じるという、絶妙のあんばいとなっている。

インテリアは見慣れた3シリーズのそれで、ただしハンドルのグリップがぶっといことには驚いた。そんなに手が小さいほうではないと思うけれど、ハンドルを握っているというより、スポーツジムのフィットネス器具をつかんでいるような気がするくらい、グリップが太い。

なにはともあれ、スターターボタンを押してエンジン始動。3リッターの直列6気筒ターボエンジンは、ドフン! という重低音を響かせてからアイドリングを始めた。そう、このモデルは現行3シリーズで(いまのところ)唯一の直6エンジン搭載車なのだ。

「BMW M340i xDrive」は、2019年5月24日に現行「3シリーズ」のラインナップに加わったモデル。同シリーズで唯一の直6エンジン搭載車である。
「BMW M340i xDrive」は、2019年5月24日に現行「3シリーズ」のラインナップに加わったモデル。同シリーズで唯一の直6エンジン搭載車である。拡大
L字型をモチーフにしたというLEDのテールランプ。高さが抑えられた横長のランプは、最新のBMW各車に共通する意匠でもある。
L字型をモチーフにしたというLEDのテールランプ。高さが抑えられた横長のランプは、最新のBMW各車に共通する意匠でもある。拡大
「アクティブエアストリーム」と呼ばれるエンジンルーム内への空気の流入を制御するシャッター式キドニーグリルを採用。「M340i xDrive」では、同グリルのフレーム部分がセリウムグレーメタリック色となる。
「アクティブエアストリーム」と呼ばれるエンジンルーム内への空気の流入を制御するシャッター式キドニーグリルを採用。「M340i xDrive」では、同グリルのフレーム部分がセリウムグレーメタリック色となる。拡大
M340i xDrive」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1445mm、ホイールベース=2850mm。車重は1730kgと発表されている。
「M340i xDrive」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1445mm、ホイールベース=2850mm。車重は1730kgと発表されている。拡大
 
M340i xDrive」のサスペンションは、前:ストラット式、後ろ:5リンク式。ダンパーの減衰力を電子制御する「アダプティブMサスペンション」や「Mスポーツディファレンシャル」などでシャシーが強化されている。
「M340i xDrive」のサスペンションは、前:ストラット式、後ろ:5リンク式。ダンパーの減衰力を電子制御する「アダプティブMサスペンション」や「Mスポーツディファレンシャル」などでシャシーが強化されている。拡大
10.25インチのコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルからなる「BMWライブコックピット」は「3シリーズ」に共通する装備。「M340i xDrive」ではリムの太い「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」がスタンダードで、左右どちらのハンドル位置も選べるようになっている。
10.25インチのコントロールディスプレイと12.3インチのフルデジタルメーターパネルからなる「BMWライブコックピット」は「3シリーズ」に共通する装備。「M340i xDrive」ではリムの太い「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」がスタンダードで、左右どちらのハンドル位置も選べるようになっている。拡大
ホールド感のよいスポーツシートの表皮には、ブルーステッチが施されたヴァーネスカ・レザーが用いられている。カラーはブラック(写真)が標準仕様で、茶系の「コニャック」やベージュ系の「オイスター」も選択できる。
ホールド感のよいスポーツシートの表皮には、ブルーステッチが施されたヴァーネスカ・レザーが用いられている。カラーはブラック(写真)が標準仕様で、茶系の「コニャック」やベージュ系の「オイスター」も選択できる。拡大
前席と同様のテイストでデザインされた後席。背もたれにはスルーローディングシステムと呼ばれる、40:20:40の3分割可倒機能が備わる。「M340i xDrive」には、他モデルではオプションとなる後席用12V電源ソケットとUSBソケット(タイプC対応)、シートバック収納に加え、トランクルーム内の収納ネットや荷物用フックがセットになった「ストレージパッケージ」が標準装備されている。
前席と同様のテイストでデザインされた後席。背もたれにはスルーローディングシステムと呼ばれる、40:20:40の3分割可倒機能が備わる。「M340i xDrive」には、他モデルではオプションとなる後席用12V電源ソケットとUSBソケット(タイプC対応)、シートバック収納に加え、トランクルーム内の収納ネットや荷物用フックがセットになった「ストレージパッケージ」が標準装備されている。拡大

実は一番乗り心地がいい

スタートしてすぐに、頭のなかで2つのビックリマークがともった。ひとつ目のビックリマークは、記憶のなかにあるどの3シリーズよりも乗り心地が滑らかだと感じたことだ。現行3シリーズはどの仕様に乗ってもアジリティー重視で、くいくい曲がる一方で、路面からの突き上げをかなりダイレクトに感じる。かつんかつんという、ソールの薄いスニーカーを履いているようなフィーリングだったけれど、これは違う。

このM340i xDriveは、足まわりの剛性感が高くてビシッと引き締まっているけれど、路面からの衝撃は角がとれている。つまり乗り心地は、硬いけれど丸い。辛いけれど、うまみもたっぷり。

現在ラインナップされる3シリーズのなかで最もパワフルなこの仕様が、実は一番乗り心地がいいというのはちょっと意外だった。例えば「320d」は最高出力190PS、最大トルクが400N・m。対するM340iは387PSと500N・m。常識的に考えれば、このパワーとトルクを抑え込むために、足を固めるはずだ。

理由はいくつか考えられる。まず車重だ。直6エンジンと四輪駆動のxDriveを組み合わせるこのモデルは、直4のFR仕様より100kg以上車重が重くて、それが乗り心地にプラスに作用しているのかもしれない。

あるいは、標準装備のアダプティブサスペンションの可変ダンパーが効果的に作動しているのか。試乗を続けるうちに、これが正解じゃないかという気がしてくる。「コンフォート」モードと「スポーツ」モードでは乗り心地とハンドリングがガラッと性格を変え、「コンフォート」モードでは舗装の荒れた山道でペースを上げても快適に感じるからだ。昔から乗り心地のよさを形容するのに「ビロードの上を走るような」という表現があったけれど、このクルマの「コンフォート」モードは、ちょっとした“ビロード感”がある。

もうひとつ、BMWもさすがにアジリティー重視に寄せ過ぎたと感じて、デビュー当初よりマイルドな設定にした可能性も捨てきれない。ただし年次改良のアナウンスはされていないので、これはあくまで推測だ。

新しいエンジン様式

2つ目のビックリマークは、パワートレインのスムーズさだ。直6は低回転域から一切の引っかかりやラフさを感じさせずに回転を上げる。とはいえモーターのように無機的なわけではなく、3000、4000と回転を積み上げるごとに音とパワー感の高まりでドラマを提供する。この力強いドラマは、ターボラグが過大だった時代のターボエンジンとは異なるのはもちろんとして、大排気量自然吸気エンジンのカーンという吹け上がりとも違う。

自然吸気エンジンよりもっとムッチリと中身の詰まった、トルク感のあるドラマで、さすがバイエルンの原動機製造会社はターボ時代の新しい官能性を獲得したようだ。

このエンジンはいい。交差点でコンビニの角を曲がって加速するぐらいでも、トウルルルルと回転を上げて、その心地よい滑らかさが心を慰撫(いぶ)してくれる。だから市街地を流すだけでも楽しくて、癒やされる。一方ワインディングロードできっちり回せば、濁りのない音とパワー感の盛り上がりで心を高ぶらせてくれる。

市街地でもワインディングロードでも楽しいと感じるのは、どの回転域から踏んでもレスポンスよく反応するからだ。心地よい反力を感じるアクセルペダルを踏むと、瞬時に、望んだだけのトルクがタイヤに伝わる。

かつての高性能自然吸気エンジンはある程度エンジン回転を上げるとカミソリのようなレスポンスが手に入る一方で、低回転域では扱いにくかった。けれどもこの直6ターボは、ブン回さなくてもこれだけ敏感だ。このあたりにもかつての自然吸気エンジンとはひと味違うファン・トゥ・ドライブを感じる。新しいエンジン様式だ。

M340i xDrive」のボディーカラーは、試乗車の「ミネラルグレー」(写真)を含む通常設定色5種類とBMWインディビジュアルボディーカラー6種類に、同モデルと「Mスポーツ」でのみ選択できる「ポルティマオブルー」を加えた計12種類という設定。
「M340i xDrive」のボディーカラーは、試乗車の「ミネラルグレー」(写真)を含む通常設定色5種類とBMWインディビジュアルボディーカラー6種類に、同モデルと「Mスポーツ」でのみ選択できる「ポルティマオブルー」を加えた計12種類という設定。拡大
フロントに縦置きされる3リッター直6ターボエンジン「B58B30B」は、最高出力387PS/5800rpm、最大トルク500N・m/1800-5000rpmを発生。
フロントに縦置きされる3リッター直6ターボエンジン「B58B30B」は、最高出力387PS/5800rpm、最大トルク500N・m/1800-5000rpmを発生。拡大
「M340i xDrive」には、ステアリングから手を放しての走行が可能となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」が搭載されている。
「M340i xDrive」には、ステアリングから手を放しての走行が可能となる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」が搭載されている。拡大
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの周囲に、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作スイッチが整然と配置されている。
トランスミッションは8段AT。シフトレバーの周囲に、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作スイッチが整然と配置されている。拡大

1000万円の3シリーズ

ワインディングロードでペースアップすると、ターンインでの身軽さが際立つようになる。四駆だから真っすぐ走るほうが得意、という印象はまるで受けない。また、前輪にトルクが伝わることでステアリングフィールがボヤける、ということもない。むしろ、四駆だからこそターンインを軽快にすることができたのではないか。テールスライドしても、四駆だから前輪にトルクを配分して安定方向に導くことができる。そういう保険があるからこそ、きゅんきゅんとノーズが入るようなセッティングが可能になったのだと感じた。

四駆だから曲がるより真っすぐが得意、という常識を覆しているわけだけれど、このクルマはほかにもいろいろと常識をひっくり返している。パワートレインは繊細で滑らかなのに、ムチを入れれば激しくパワフルで、乗り心地は重厚なのにハンドリングは牛若丸(うしわかまる)だ。矛盾する両者を両立するあたりが、“M”ならではの仕事なのだろう。冒頭で「辛口」と書いたけれど、「激辛」よりも「辛口」のほうが素材の味やスパイスの風味が楽しめる、ってこともあるかと思う。

結論としては、100点満点のスポーツセダンだ。ただし車両本体価格985万円という同車のプライスタグを見て、昭和のクルマ好きとしては「M3じゃない3シリーズがイッセンマン!?」というのが気になったりもする。しかしですね、その昭和のクルマ好きも50歳を超えてからというもの、3シリーズぐらいのサイズの取り回しがよくてありがたいと感じるのも事実なわけです。

いままでは、3より5、5より7のほうがエラくて高いというのが常識だった。けれども、都市化が進むこれからの時代、適度なサイズの高性能車が求められても不思議ではない。このサイズがちょうどいい、という客層は少なからずいるはずで、1000万円の3シリーズの需要はあると思う。

(文=サトータケシ/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

試乗車は、セリウムグレー色の「Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング792Mバイカラー」ホイールに、前225/40R19、後ろ255/35R19サイズの「ブリヂストン・トランザT005」ランフラットタイヤを組み合わせていた。
試乗車は、セリウムグレー色の「Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング792Mバイカラー」ホイールに、前225/40R19、後ろ255/35R19サイズの「ブリヂストン・トランザT005」ランフラットタイヤを組み合わせていた。拡大
12.3インチサイズのフルデジタルメーターパネル。選択されたドライビングモードによってデザインが切り替わる。「M340i」ロゴの上部に、ハンズオフ走行時にドライバーをモニターするカメラが備わっている。
12.3インチサイズのフルデジタルメーターパネル。選択されたドライビングモードによってデザインが切り替わる。「M340i」ロゴの上部に、ハンズオフ走行時にドライバーをモニターするカメラが備わっている。拡大
後席背もたれをすべて前方に倒した様子。荷室側に用意されたレバーを用いて、背もたれ部分を簡単に倒すことができる。荷室容量は5人乗車の通常使用時で480リッター。
後席背もたれをすべて前方に倒した様子。荷室側に用意されたレバーを用いて、背もたれ部分を簡単に倒すことができる。荷室容量は5人乗車の通常使用時で480リッター。拡大
公表燃費値はWLTCモードで11.7km/リッター、JC08モードで12.4km/リッター。今回の試乗においては満タン法、車載の燃費計ともに10.1km/リッターを記録した。
公表燃費値はWLTCモードで11.7km/リッター、JC08モードで12.4km/リッター。今回の試乗においては満タン法、車載の燃費計ともに10.1km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

BMW M340i xDrive

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4720×1825×1445mm
ホイールベース:2850mm
車重:1730kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:387PS(285kW)/5800rpm
最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1800-5000rpm
タイヤ:(前)225/40R19 93Y/(後)255/35R19 96Y(ブリヂストン・トランザT005)※ランフラットタイヤ
燃費:11.7km/リッター(WLTCモード)/12.4km/リッター(JC08モード)
価格:985万円/テスト車=996万円
オプション装備:メタリックペイント<ミネラルグレー>(0円)/ヴァーネスカ・レザーシート<ブラック、ブルーステッチ付き>(0円)/アクティブプロテクション(4万8000円)/パーキングアシスト(6万2000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:3681km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:344.8km
使用燃料:34.2リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)/10.1km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW M340i xDrive
BMW M340i xDrive拡大
 
BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。