アウディのコンパクトSUV「Q3」とクーペスタイルの「Q3スポーツバック」が日本デビュー

2020.07.07 自動車ニュース
日本に導入されたアウディのコンパクトSUV「Q3」(写真左)と「Q3スポーツバック」(写真右)。
日本に導入されたアウディのコンパクトSUV「Q3」(写真左)と「Q3スポーツバック」(写真右)。拡大

アウディ ジャパンは2020年7月7日、初のフルモデルチェンジを行ったコンパクトSUV「Q3」と、その派生モデルとなるクーペスタイルのSUV「Q3スポーツバック」を日本で初披露した。同年8月中旬に販売を開始する予定だ。

アウディQ3
アウディQ3拡大
アウディQ3スポーツバック
アウディQ3スポーツバック拡大
インストゥルメントパネルのデザインはオクタゴン(八角形)がモチーフ。10.25インチのフル液晶デジタルメーターを採用している。
インストゥルメントパネルのデザインはオクタゴン(八角形)がモチーフ。10.25インチのフル液晶デジタルメーターを採用している。拡大
「Q3」の後席。先代モデルよりもホイールベースが延長され、居住空間が拡大している。
「Q3」の後席。先代モデルよりもホイールベースが延長され、居住空間が拡大している。拡大
「Q3」の荷室。容量は5人乗車の通常使用時で530リッター。
「Q3」の荷室。容量は5人乗車の通常使用時で530リッター。拡大
「Q3」のサイドビュー。「Q3 35 TFSI」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4490×1840×1610mm、ホイールベース=2680mm。
「Q3」のサイドビュー。「Q3 35 TFSI」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4490×1840×1610mm、ホイールベース=2680mm。拡大
「Q3スポーツバック」のサイドビュー。「Q3スポーツバック35 TFSI」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4500×1840×1565mm、ホイールベース=2680mm。
「Q3スポーツバック」のサイドビュー。「Q3スポーツバック35 TFSI」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4500×1840×1565mm、ホイールベース=2680mm。拡大
「アウディQ3」と「Q3スポーツバック」の日本発表イベントで車両を紹介したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック代表取締役社長。
「アウディQ3」と「Q3スポーツバック」の日本発表イベントで車両を紹介したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック代表取締役社長。拡大

フラッグシップモデル譲りの意匠

今回の新型Q3は2018年7月に、Q3スポーツバックは2019年7月に本国で発表されたモデルである。2代目となるQ3は従来モデルの流れをくむSUVフォルムを、新型のQ3スポーツバックはQ3よりもルーフが低く、ルーフエンドから車両後部にかけてリアウィンドウがなだらかに傾斜したクーペライクなボディースタイルを採用している。

エクステリアデザインはフラッグシップSUVの「Q8」を想起させるもので、「Qファミリー」専用となるオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやフロント両サイドに設けられた大型のエアインテーク、抑揚のあるボディーサイドなどが特徴だ。日本仕様のボディーサイズは「Q3 35 TFSI」が全長×全幅×全高=4490×1840×1610mmで、「Q3スポーツバック35 TFSI」が全長×全幅×全高=4500×1840×1565mm。ホイールベースは両モデルとも2680mmとなる。ホイールベースは先代Q3比で75mm延長されており、居住空間の拡大に寄与しているという。

インテリアデザインは基本的に両モデル共通で、最新世代のアウディ車で用いられるものと同様のテイストで仕上げられた。インストゥルメントパネルにはフロントグリルと同じオクタゴンをモチーフとしたデザインが採用され、スイッチ類を極力減らしたセンターコンソール部分は運転席側へわずかに傾斜した形状となっている。10.25インチのフル液晶デジタルメーターやタッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム「MMI」などにより、スタイリッシュで先進的なデジタル体験を提供するとアウディでは説明している。

リアシートは前後スライドやリクライニングが可能。荷室容量は5人乗車の通常使用時で両モデルとも530リッターが確保され、リアシートを格納すればQ3では最大1525リッター、Q3スポーツバックでは1400リッターまで荷室容量を拡大できる。荷室床面は高さが変更できるほか、フロア下にリアパーセルシェルフを格納できるようになっている。

運転支援システムに関しては、事故を予防し、万が一の事故の際は衝撃を軽減する「アウディプレセンスフロント」に加え、「アウディサイドアシスト」や「アウディアクティブレーンアシスト」、アダプティブクルーズコントロールやサラウンドビューカメラなどを搭載している。

日本に導入されるエンジンのラインナップは、「35 TFSI」と呼ばれる最高出力150PS、最大トルク250N・mの1.5リッター直4ターボと、「35 TDI」と呼ばれる同150PS、同340N・mの2リッター直4ディーゼルターボの2種類。ともに7段Sトロニック(DCT)と組み合わされている。ガソリンエンジン車はFFのみ、ディーゼルエンジン車は4WDのみの設定となる。

アウディQ3のラインナップと価格は以下の通り。

  • 35 TFSI:438万円
  • 35 TFSIアドバンスト:464万円
  • 35 TFSI Sライン:494万円
  • 35 TDIクワトロ アドバンスト:513万円
  • 35 TDIクワトロSライン:543万円

アウディQ3スポーツバックのラインナップと価格は以下の通り。

  • 35 TFSI:452万円
  • 35 TFSI Sライン:516万円
  • 35 TDIクワトロSライン:563万円

(webCG)

関連キーワード:
Q3, Q3スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディQ5スポーツバック 1st edition 2021.7.14 画像・写真 バラエティー豊かなSUVを取りそろえるアウディから、クーペスタイルのニューモデル「Q5スポーツバック」が登場。SUVの機能性とスポーティーなスタイリングを併せ持つ最新モデルの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アウディが「Q5スポーツバック」を日本に導入 記念モデル「1st edition」も設定 2021.7.14 自動車ニュース アウディ ジャパンが「Q5スポーツバック」を2021年8月17日に発売すると発表。SUVの機能性とクーペを思わせるスポーティーなスタイリングを併せ持つモデルとなっており、日本導入を記念した限定モデル「1st edition」も用意されている。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.16 試乗記 「パサートヴァリアント」といえばフォルクスワーゲンのモデルラインナップのなかでも、特に“質実剛健”なイメージの強いモデルだろう。今回はその最上級グレードにして「カッコよさ」を強調した「TDI Rライン」に試乗。果たしてその印象やいかに!?
  • アウディA3スポーツバック(FF/7AT)/A3セダン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.7 試乗記 新型「アウディA3」のスタンダードモデルには1リッター直3エンジンが搭載されている。気になるのは、電気とターボの力を借りた最新ユニットとはいえ、果たしてそれでプレミアムモデルとして成立するかというところだろう。「スポーツバック」と「セダン」で試してみた。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る