「MBUX」を標準装備した「メルセデス・ベンツVクラス」発売

2020.07.13 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ日本は2020年7月13日、ミニバン「メルセデス・ベンツVクラス」の一部改良モデルを導入すると発表し、販売を開始した。

今回は安全運転運転支援システム「レーダーセーフティーパッケージ」および対話型インフォテインメントシステム「メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス(MBUX)」を標準装備化した。

レーダーセーフティーパッケージには「アクティブブレーキアシスト」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」「ブラインドスポットアシスト」「レーンキーピングアシスト」「PRE-SAFE」などが含まれている。

10.25インチのセンタースクリーンと自然対話音声認識機能からなるMBUXは、「ハイ、メルセデス」という音声をトリガーに起動。自然言語での呼びかけによって各種インフォテインメント機能や空調、照明などがコントロールできる。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • V220d:781万円
  • V220dアバンギャルド ロング:805万円
  • V220dアバンギャルド エクストラロング:831万円

(webCG)

メルセデス・ベンツVクラス
メルセデス・ベンツVクラス拡大

関連キーワード:
Vクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Vクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る