アストンマーティン初となるSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフ

2020.07.14 自動車ニュース
「アストンマーティンDBX」の生産第1号車がラインオフする様子。
「アストンマーティンDBX」の生産第1号車がラインオフする様子。拡大

英アストンマーティンは2020年7月9日(現地時間)、ウェールズのセント・アサン新工場においてSUV「DBX」の生産第1号車がラインオフし、同年7月後半にデリバリーを開始すると発表した。

英ウェールズのセント・アサン工場での「DBX」生産風景。
英ウェールズのセント・アサン工場での「DBX」生産風景。拡大
製造ラインを流れる「DBX」。2020年第1四半期からフル操業されている。
製造ラインを流れる「DBX」。2020年第1四半期からフル操業されている。拡大
「DBX」のエンジンカバーに貼られたプレートには、最終品質検査を行ったスタッフの名前が彫り込まれている。
「DBX」のエンジンカバーに貼られたプレートには、最終品質検査を行ったスタッフの名前が彫り込まれている。拡大

DBXは100年以上の歴史を持つアストンマーティンにとって初となるSUV。新設計のアルミボディーに最高出力550PS/最大トルク700N・mの4リッターV8ターボエンジンを搭載し、電動リアLSD付きのフルタイム4WDや車高調整可能なエアサスペンションなどにより、路面コンディションや天候、季節を問わない高い走行性能を実現しているという。2019年11月20日に発表され、同年11月21日に日本でも初披露イベントが行われた。

ウェールズのセント・アサン工場は英国国防省の格納庫跡地にあり、2016年にアストンマーティンがゲイドンに次ぐ第2の自動車製造拠点として工場建設を発表。DBXが同施設で生産された最初のモデルとなった。この工場では、アストンマーティン初の電気自動車となる「ラピードE」の生産も行われる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
DBX, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る