日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ?

2020.07.20 デイリーコラム

欧州No.1のBセグメントコンパクト

ルノー・ジャポンは通算5代目となる新型「ルーテシア」の日本導入予定について、2020年10月ごろになると、あらためて発表した。

2020年7月というこの時期に、ルノー・ジャポンがあえて10月導入を予告した最大の理由は、昨年秋の東京モーターショーにおける大極 司ルノー・ジャポン社長の発言だろう。新型ルーテシア日本初公開の場となった同ショーで、大極社長はその国内発売予定を「2020年前半には……」と語っていた。欧州では2019年夏から販売されている新型ルーテシアの日本発売が当時の見込みから遅れた最大の理由は、新型コロナウイルスの影響と見て間違いないが、今回の発表はその社長発言の訂正の意味もあるわけだ。

今回ルノー・ジャポンが出したプレスリリースには「ヨーロッパ販売台数No.1のルノー・ルーテシア」と誇らしげに書かれている。4代目だった先代ルーテシア(現地名クリオ)は欧州で大成功した。欧州販売ランキングにおいて、乗用車全体で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次ぐ2位、Bセグメントで1位という順位を、2018年のモデル末期までキープし続けた。さらに、新旧の“切り替えイヤー”となった昨2019年の欧州市場でも、全体2位、Bセグ1位という定位置を守ったことが、ルノー・ジャポンがルーテシアをヨーロッパ販売台数No.1と形容する直接的な根拠である。

2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。
2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。拡大
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。拡大
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。拡大
ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴS(RR/5MT)【試乗記】 2020.5.26 試乗記 ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」には、売れ筋のAT車以外にMT車もラインナップされている。マイナーかつマニアックなモデルなのは確かだが、せっせとレバーを操作して走らせたなら、誰でも笑顔になるだろう。
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フルモデルチェンジした「プジョー208」 新型のここに注目せよ! 2020.7.10 デイリーコラム プジョーのコンパクトカー「208」がフルモデルチェンジ。日本国内でのデビューを果たした。ガソリン車に加えてEVバージョンも選べる最新型は、どのような進化を遂げたのか? そのポイントを識者が解説する。
ホームへ戻る