日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ?

2020.07.20 デイリーコラム

欧州No.1のBセグメントコンパクト

ルノー・ジャポンは通算5代目となる新型「ルーテシア」の日本導入予定について、2020年10月ごろになると、あらためて発表した。

2020年7月というこの時期に、ルノー・ジャポンがあえて10月導入を予告した最大の理由は、昨年秋の東京モーターショーにおける大極 司ルノー・ジャポン社長の発言だろう。新型ルーテシア日本初公開の場となった同ショーで、大極社長はその国内発売予定を「2020年前半には……」と語っていた。欧州では2019年夏から販売されている新型ルーテシアの日本発売が当時の見込みから遅れた最大の理由は、新型コロナウイルスの影響と見て間違いないが、今回の発表はその社長発言の訂正の意味もあるわけだ。

今回ルノー・ジャポンが出したプレスリリースには「ヨーロッパ販売台数No.1のルノー・ルーテシア」と誇らしげに書かれている。4代目だった先代ルーテシア(現地名クリオ)は欧州で大成功した。欧州販売ランキングにおいて、乗用車全体で「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次ぐ2位、Bセグメントで1位という順位を、2018年のモデル末期までキープし続けた。さらに、新旧の“切り替えイヤー”となった昨2019年の欧州市場でも、全体2位、Bセグ1位という定位置を守ったことが、ルノー・ジャポンがルーテシアをヨーロッパ販売台数No.1と形容する直接的な根拠である。

2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。
2019年のジュネーブモーターショーで世界初公開された新型「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」。拡大
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。
4代目「クリオ/ルーテシア」。欧州Bセグメント市場で販売台数No.1の座にあった人気モデルで、その販売はモデルライフ終盤にも衰えなかった。拡大
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。
2019年の東京モーターショーに出展された新型「ルーテシア」。当初、日本導入は2020年前半とアナウンスされていたが、コロナ禍の影響により、スケジュールは遅れることとなった。拡大
ルノー ルーテシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • 2021年1月1日付で「ルノー・トゥインゴ」の車両本体価格が値上げに 2020.12.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは「トゥインゴ」の車両本体価格を、2021年1月1日付で改定すると発表した。対象となるのは「トゥインゴEDC」(新価格204万5000円)および「トゥインゴS」(同181万5000円)で、「トゥインゴEDCキャンバストップ」の価格は据え置きとなっている。
ホームへ戻る