BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)

2020.07.23 谷口信輝の新車試乗 2400万円超のプライスタグを付けるBMWの最高級4ドアクーペに、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。ワインディングロードへと駆け出す前に、そのデザインやユーティリティー性からチェックしてみた。

とにかくかっこいい

今回、谷口信輝が相対するのはBMWの最高峰モデルである「M8グランクーペ コンペティション」だ。

「M8」は、BMWが2018年にリリースした新型「8シリーズ」のハイパフォーマンスバージョンで、まずは2ドアクーペを2019年6月に発売。その翌月には同じ2ドアの「カブリオレ」がリリースされ、唯一の4ドアモデルである「グランクーペ」は2020年に入ってから発売された。最後に“コンペティション”の名が付くモデルは、標準仕様よりも25PS出力を向上させたM8の上位モデルとして設定されており、BMW全シリーズの頂点に君臨する「フラッグシップ中のフラッグシップ」といって差し支えのない一台である。

これまでもBMWのMモデルを高く評価してきた谷口に、まずはその外観をチェックしてもらおう。
「いやあ、このクルマ、本当にかっこいいですね」

ひと目見ただけで谷口はM8グランクーペのスタイリッシュなデザインにほれ込んでしまったようだ。
「このクルマを真っ黒のベタ塗りにしてシルエットクイズに出しても、きっとその形を見てかっこいいと思うでしょうね。フロントマスクもいいデザインだし、ボンネットやボディーサイドに入っているキャラクターラインもかっこいい。僕は『6シリーズ』のグランクーペがすごく好きだったんですが、この新しい8シリーズのグランクーペも本当にかっこいい。大好きなデザインです」

谷口はM8グランクーペのディテールにも心を奪われたらしい。
「このホイールはいかにも軽そうなうえに凝ったデザインでかっこいいし、テールゲート状のリアスポイラーとか内外装のいたるところにカーボンパーツや“カーボン風”のパーツを使っているところもセンスがいい。あと、このボディーカラー、シンプルなグレーみたいだけれど、よくよく見ればパールが入っていますよね? これは相当(値段が)高いペイントでしょ。いやあ、凝っていますねえ」

 
BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)の画像拡大
 
BMW M8グランクーペ コンペティション(前編)の画像拡大

【BMW M8グランクーペ コンペティションのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5105×1945×1420mm/ホイールベース:3025mm/車重:2000kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:625PS(460kW)/6000rpm/最大トルク:750N・m(76.5kgf・m)/1800-5860rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20 102Y XL/(後)285/35ZR20 104Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:8.8km/リッター(WLTCモード)/価格:2408万円

【取材時の燃費データ】
テスト距離: 218.7km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)


	【BMW M8グランクーペ コンペティションのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5105×1945×1420mm/ホイールベース:3025mm/車重:2000kg/駆動方式:4WD/エンジン:4.4リッターV8 DOHC 32バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:625PS(460kW)/6000rpm/最大トルク:750N・m(76.5kgf・m)/1800-5860rpm/タイヤ:(前)275/35ZR20 102Y XL/(後)285/35ZR20 104Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:8.8km/リッター(WLTCモード)/価格:2408万円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 218.7km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:34.7リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.6km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
M8グランクーペ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M8クーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.24 試乗記 スーパーカー級のハイパワーを誇る、BMWのフラッグシップクーペに試乗。価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
  • BMW M8グランクーペ コンペティション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.3 試乗記 BMWの「M8」シリーズに「グランクーペ」が追加された。もちろん、単純な運動性能という観点では先にデビューした「クーペ」に分があるのは間違いないだろう。では4ドアクーペならではの魅力はどこにあるのだろうか。高出力版「コンペティション」に試乗して考えた。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • 貴重な限定版「BMW M2コンペティション」 オンラインストアで販売 2020.6.24 自動車ニュース BMWジャパンは2020年6月24日、同年4月23日に国内導入を発表した「BMW M2コンペティション」の特別仕様車「エディションデザインドバイフューチュラ2000」について、BMWオンラインストア経由での予約注文受け付けを3台限定で開始した。
ホームへ戻る