第624回:「メルセデス・ベンツSクラス」がいよいよ新型に! 革新の「ユーザーインターフェイス」を解説する

2020.07.29 エディターから一言
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」と、同車に搭載される大型のタッチスクリーン。拡大

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆け、独ダイムラーは同車に搭載する先進技術のデジタルカンファレンスをスタートした。全3回が予定されるカンファレンスのうち、今回は1回目で発表された先進的なユーザーインターフェイスについて解説する。

新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。
新型「メルセデス・ベンツSクラス」の発表に先駆けて実施される、全3回のデジタルカンファレンス。初回では新しいユーザーインターフェイスの概要が解説された。拡大

Lセグメントのベンチマークがいよいよ世代交代

さる2020年7月8日、ダイムラーはコロナ禍の影響で延期されていた年次株主総会をリモートで開催。その席上、新型Sクラスを同年9月に初公開することをアナウンスした。

社内コードW223型になると目される新型Sクラスについては、公道テストが始まった2年近く前からカムフラージュが施された姿が幾度となくスクープされてきた。W222型でビジネスフォーマルリムジンとして好評を得たメルセデス・マイバッハモデルの継続も、既に公然化している。

こうした背景を受けてか、今秋の発表に先駆けてダイムラーはこの5月に新型Sクラスのフロントまわりを部分的に公開するというティーザーに打って出た。フラッグシップのフルモデルチェンジとあらば徹底的な秘匿で引っ張った末のワールドプレミア……というのが常套(じょうとう)だが、携帯端末やSNSがここまで普及したご時世では隠すより見せるという盛り上げ方もあると、ダイムラーとしてもそういう判断があったのだと察せられる。

そんな中、株主総会とあわせるように行われたのが、新型Sクラスに搭載予定の新技術にまつわるメディア向けのデジタルカンファレンスだ。この7〜8月にかけて3度にわたって行われるその最初のテーマとなったのは、ユーザーインターフェイス(以下、UI)だった。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.5 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン「Sクラス」に、ディーゼルのストレート6を搭載する「S400d」が登場。快音を発するトルキーなエンジンと絶妙の足まわりが実現するその走りは、古典的なクルマ好きをもうならせる味わいに満ちていた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデス・ベンツE300アバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2019.9.12 試乗記 メルセデス・ベンツの基幹モデル「Eクラス」に、新グレード「E300アバンギャルド スポーツ」が登場。高出力の2リッターターボエンジンと軽快なフットワークが実現する、スポーティーでありながらも洗練された走りをリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツGLC F-CELL(RWD)【試乗記】 2020.7.24 試乗記 メルセデス・ベンツの燃料電池自動車「GLC F-CELL」が、いよいよ日本の道路を走り始めた。カタログに記された満タンからの航続可能距離は約377km。その実力を試すとともに、未来の生活では当たり前になるかもしれない(?)、水素補給も体感してみた。
ホームへ戻る