第186回:コロナバブル恐るべし

2020.07.28 カーマニア人間国宝への道

コロナ禍で中古ポルシェ暴落!?

先日、“おっさんポルシェ”こと996型「911」(ティプトロニックS)のオーナー・S氏に再会した。彼のおっさんポルシェは、白いボディーに雨ジミを付着させつつ健在だったが、ヘッドライトの黄ばみはずいぶん悪化しているようだった。

S氏:そうなんですよ~。一度黄ばんじゃうと、消してもまたすぐ戻っちゃうみたいで。

今年初めに見たときは結構きれいだったのに、なんて短い命だろう。人間のシワ取り整形より短命なのか。消し方にもよるんでしょうが。

S氏はこのおっさんポルシェ(走行6万km台)を、約2年前に300万円弱で買ったそうだが、現在の相場を見ると、250万円くらい。新型コロナにも負けず、相場は維持されている。996型911は底値に達していて、これ以上下がりようがないということかもしれない。

一方、996型の次の997前期型911に関しては、新型コロナの影響で(?)、相場が暴落した。それまで中古のポルシェ911といえば、996型を除くとほぼすべて500万円以上という感覚だったのに、997前期型がいきなり約200万円も下がって、最安200万円台後半に突入したのだ。それが6月のことである。

現在はというと、200万円台の997型はほぼ消滅しているが(売り切れ?)、それでも300万円台前半の個体はポツポツある。つまり、997前期型の911は、確かにピンポイントで暴落したらしい。いったいナゼ?

カーマニア仲間S氏の愛車、“おっさんポルシェ”こと、996型「911カレラ」(当連載の第161回で登場)。
カーマニア仲間S氏の愛車、“おっさんポルシェ”こと、996型「911カレラ」(当連載の第161回で登場)。拡大
S氏(写真左)は愛車の「911カレラ」を、約2年前に300万円弱という激安価格で購入している。
S氏(写真左)は愛車の「911カレラ」を、約2年前に300万円弱という激安価格で購入している。拡大
ヘッドライトの黄ばみが増したS氏の「911カレラ」。
ヘッドライトの黄ばみが増したS氏の「911カレラ」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る