クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アバルト595Cピスタ(FF/5MT)

サソリの毒は長く効く 2020.07.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。

異例のヒット

「ビートルズっていいっすよね!」

親子ほども世代が違う若者から真っすぐ熱い言葉を投げかけられると戸惑う。いやいや、俺だって同時代じゃないから、小学校に入ったころにはもう解散しているから、という言葉を飲み込んで、ついでに「だろっ!? にしても今ごろかよ」という偉そうな顔にならないように気を付けて、さらには、もしかすると武道館公演を見に行ったと思ってそんな話を切り出したとすれば、俺ってそんな年に見えるのか? などという疑問もおくびに出さず、「へー、ビートルズなんて知ってるんだ? いいよねー」と当たり障りのない返答をする。どうせ、どこかで一曲二曲ぐらい聞き知ったに違いない。先に知っていたからといって偉いわけではもちろんないが、あまり深く突っ込んでウザイじじいと引かれてもいいことはない。こう見えてじいさんたちも案外気を遣っているのである。

らちもない話でいきなり脱線したが、こういうことがあるとベストセラーとロングセラーの関係を考えさせられる。皆が知っている昭和の名曲のような圧倒的な大ヒットはクルマでもなかなかお目にかかれない時代だが、ライブや配信から少しずつ広まって、時間がたっても色あせず世代を超えたスタンダードになることもある。そんな珍しくも典型的な例が「フィアット500」およびアバルト595シリーズだ。じわじわ着実に台数を伸ばして、日本導入からもう12年にもなるという今、一番売れているという。

ボディーカラーは専用色の「ブルーポディオ」。イタリア語でポディウム=表彰台の名が与えられた、カタログモデルでは選べない鮮やかなブルーだ。
ボディーカラーは専用色の「ブルーポディオ」。イタリア語でポディウム=表彰台の名が与えられた、カタログモデルでは選べない鮮やかなブルーだ。拡大
フロントにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。
フロントにはイエロー仕上げのリップスポイラーが備わる。拡大
ドアミラーカバーもフロントのリップスポイラーと同じイエローでペイントされる。
ドアミラーカバーもフロントのリップスポイラーと同じイエローでペイントされる。拡大
4本出しの高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」を搭載。刺激的なサウンドとともに中回転域でのドライバビリティー向上をもたらす。
4本出しの高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」を搭載。刺激的なサウンドとともに中回転域でのドライバビリティー向上をもたらす。拡大

ずっと右肩上がり

2020年初めにFCAジャパンが発表したところによれば、2019年のフィアット500およびアバルト595シリーズの販売台数は合わせて6970台。発売初年度の2008年は約2500台だったから昨年は3倍近い伸びである。デビュー直後に売れてまた盛り返す再ブレークとも違ってずっと右肩上がりだ。アバルトだけで言えば2955台、2009年は約500台だったからこれも驚くほどの繁殖ぶりだ。さらに特筆すべきは女性比率とマニュアル比率の高さである。フィアットブランドでは女性ユーザー比率が6割超、アバルト車ではほぼ半数がマニュアル仕様だという。日本市場全体では今やMT比率はわずか1%程度のはずだから、これは驚異的と言ってもいい。

ジープブランド(1万3360台)が好調なおかげもあって、FCAジャパンの昨年の販売台数は2万4666台と過去最高を記録したという。いやちょっと待てよ、この3ブランドのセールスが好調なことは分かったが、ということはもう一本の柱であるアルファ・ロメオが少ないことになる。「ジュリア」と「ステルヴィオ」という比較的新しいモデルがありながら不振が目立つ。500/595ほど分かりやすくないということかもしれない。

それに加えてフィアットとアバルトは特別仕様車や限定コラボレーションモデルを継続的に、それこそ多い時には毎月発売するぐらいの勢いで投入し、下火にならないように空気を吹き込んでいる。率直に言ってしまえば、スタンダードモデルとの違いはボディーカラーやインテリアトリムが主なものなのだが、その手法はさすがの小粋さで根強い人気を維持している理由のひとつだろう。絶対数は限られるものの、動かない在庫を新古車にして値引き販売することに比べれば、実に健全な商売である。

ソフトトップのカラーリングはブラック。オープントップモデル「595Cピスタ」の販売台数は5段MT仕様(試乗車)が61台で、ロボタイズド5段MT仕様が33台。
ソフトトップのカラーリングはブラック。オープントップモデル「595Cピスタ」の販売台数は5段MT仕様(試乗車)が61台で、ロボタイズド5段MT仕様が33台。拡大
足まわりはノーマルモデルよりも1インチアップの17インチ。イエローアクセント入りのアルミホイールはマットブラックで仕立てられる。
足まわりはノーマルモデルよりも1インチアップの17インチ。イエローアクセント入りのアルミホイールはマットブラックで仕立てられる。拡大
リアにはサーキットのコース図と「Pista」ロゴが刻まれたバッジがあしらわれる。
リアにはサーキットのコース図と「Pista」ロゴが刻まれたバッジがあしらわれる。拡大

ピスタの名に驚くなかれ

今回発売された595/595Cのピスタも国内240台の限定モデルである。595が146台、オープントップの595Cが94台で、それぞれに5段MTと5段ATが用意されており、しかもMT仕様車のほうが多い。標準ラインナップの「595Cツーリズモ」はクラッチレスのいわゆる5段MTAのみなので、5段MTの595Cは希少な存在となる。この辺の微妙な仕様の差もなかなか巧妙だ。ターボエンジンを搭載するアバルト595(当初は「アバルト500」だった)は言うまでもなく500のスポーティーモデルであり、ほんの少しピリ辛風味という位置づけである。595Cピスタ用1.4リッター直列4気筒マルチエアターボエンジンは、165PS/5500rpm、230N・m(23.5kgf・m)/2250rpm(スポーツモード時。ノーマル時は210N・m/2000rpm)を発生。これは標準仕様の595に比べて20PS増しであり、さらにこの上に「コンペティツィオーネ」用の180PS版も存在する。

いかにも攻撃的な「ピスタ」というサブネームが付いてはいるけれど、あの「フェラーリ488ピスタ」のような超高性能スペシャルモデルではなく、あるいはかつての「695ビポスト」のようなアスファルトラリー用の競技車さながらという超硬派モデルではないのでまったく身構える必要はない。ピスタとはイタリア語でサーキットの意味だが、カタルーニャサーキットのレイアウトに似ているが、どこかはっきりしないコースのバッジをはじめとしたコスメティックな装備が主なものである。高性能エキゾーストシステムの「レコードモンツァ」も備わるが、この4本出しシステムはこれまでにもモデルによって使われてきたもの。古い人には“レコルド”でないと通じないあれだ。

「ピスタ」の名を冠しているが、扱いにくさは皆無だ。
「ピスタ」の名を冠しているが、扱いにくさは皆無だ。拡大
フロントに積まれる1.4リッター直4マルチエアターボエンジンは標準モデルよりも20PSアップの最高出力165PSを発生する。
フロントに積まれる1.4リッター直4マルチエアターボエンジンは標準モデルよりも20PSアップの最高出力165PSを発生する。拡大
ヘッドレスト一体型スポーツシートは写真のタイプとバックレストがダイヤキルティングのタイプの2タイプが用意される。ただし、注文時にどちらかを指定することはできないという。
ヘッドレスト一体型スポーツシートは写真のタイプとバックレストがダイヤキルティングのタイプの2タイプが用意される。ただし、注文時にどちらかを指定することはできないという。拡大

ちょうどいい切れ味

電動ソフトトップを備える分だけ若干重いが、それでも車重は1160kg、それにターボエンジンだから不足のあるはずはない。クラッチをつなごうとすると自動的にエンジン回転数を持ち上げ、発進をサポートするシステムも付いているおかげで、街中でも扱いは楽チンだ。山道ではほんの少しだけターボラグが気になる場合もあるが、何しろMTなのでそこはドライバーがカバーすればいい。ダイレクトなマニュアルで微妙な加減速までコントロールできる小気味よさは、CVTばかりの国産コンパクトカーとはまるっきり別次元である。

乗り心地もそれなりに穏当である。とはいっても装着タイヤがノーマル595の16インチから17インチに一回りサイズアップされており、さらに足まわりも引き締まっているようだが(コニの機械式可変FSDダンパーがリアに装着されている点がスタンダードとは異なる)、固くストロークを拒むようなものではなく、十分に快適と言える。ホイールベースが2300mmしかないコンパクトなFWDの右ハンドルマニュアル車となれば、ドライビングポジションが気になるところだが、ペダル類もオフセットしておらず、ヒール&トーも問題なく行える。この辺も人気の理由なのだろう。小気味よく生きがいいうえにキュートで伊達(だて)で、しかも価格も身近なサブコンパクトカーは他にない。ヒットというより、もう立派なスタンダードナンバーである。

(文=高平高輝/写真=荒川正幸/編集=藤沢 勝)

リアにはコニ製の減衰力可変(機械式)ショックアブソーバーを装備する。
リアにはコニ製の減衰力可変(機械式)ショックアブソーバーを装備する。拡大
リアサスペンションをのぞき見る。レッドのスプリングで見えないところもきっちりと飾るのがイタリア流だ。
リアサスペンションをのぞき見る。レッドのスプリングで見えないところもきっちりと飾るのがイタリア流だ。拡大
ペダルレイアウトは写真の通り。ブレーキとクラッチには「ABARTH」ロゴが刻まれている。
ペダルレイアウトは写真の通り。ブレーキとクラッチには「ABARTH」ロゴが刻まれている。拡大

テスト車のデータ

アバルト595Cピスタ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3660×1625×1505mm
ホイールベース:2300mm
車重:1160kg
駆動方式:FF
エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:5段MT
最高出力:165PS(121kW)/5500rpm
最大トルク:230N・m(23.5kgf・m)/2250rpm
タイヤ:(前)205/40ZR17 84W/(後)205/40ZR17 84W(ミシュラン・パイロットスポーツ3)
燃費:15.6km/リッター(JC08モード)
価格:361万円/テスト車=366万6100円
オプション装備:Wi-Fi対応ドライブレコーダー(4万2900円)/ETC車載器(1万3200円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:2228km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(5)/山岳路(2)
テスト距離:284.0km
使用燃料:27.9リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)/10.1km/リッター(車載燃費計計測値)

アバルト595Cピスタ
アバルト595Cピスタ拡大
 
アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

アバルト 595 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。