クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

プジョー208アリュール(FF/8AT)

駆け回らずにいられない 2020.08.03 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。

もっと知られていいクルマ

ステアリングホイールを握って走り始めたとたん、「クルマの運転って楽しいなァ」とあらためて気づかせてくれるのが、プジョーの新しい208だ。気のおけない動力性能と素晴らしいハンドリングの持ち主で、さほど気張らずとも、ほどよいスポーツ性を存分に堪能できる。昨今のコンパクトSUV興隆の陰でいささか存在が薄くなりがちなコンパクトハッチだけれど、プジョー208は、趣味人のためのニッチカーにとどめておくのはいかにも惜しい快作である。

新型208のデビューは、2019年のジュネーブモーターショー。1年あまり遅れて、この夏、わが国への上陸を果たした。プジョーは車名に使われる数字をモデルチェンジのたびに増やしていく方式を改めたので、今回のニューモデルは2代目208ということになる。

ニュー208は、「CMP」こと新世代の小型車向けプラットフォームを用い、先代と同じ2540mmのホイールベースにわずかに大きくなったボディーを載せる。いまのところ、5ドアのみの設定だ。ローンチ時の話題は、同じシャシーを使ったピュアEVも登場したこと。言うまでもなく、厳しくなる一方のCO2規制に対応するためで、208のEV版「e-208」は、340km(WLTPモード)の航続距離をうたう。たとえ動力源が異なっても、デザインをはじめドライビングプレシャーやスペース効率まで内燃機関モデルと共通なのだという。真偽のほどは、e-208に乗ってみないとわからない。

プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型は、国内では2020年7月2日に発売された。
プジョーのコンパクトハッチバック「208」の新型は、国内では2020年7月2日に発売された。拡大
「208アリュール」のコンフォートシートは、ファブリックとテップレザーで仕立てられている。
「208アリュール」のコンフォートシートは、ファブリックとテップレザーで仕立てられている。拡大
「3D iコックピット」をコンセプトにデザインされたインテリア。メーターパネルは先代同様、ステアリングホイールのリムよりも高い位置に見るようにレイアウトされる。
「3D iコックピット」をコンセプトにデザインされたインテリア。メーターパネルは先代同様、ステアリングホイールのリムよりも高い位置に見るようにレイアウトされる。拡大
リアまわりは、ライオンの“かぎ爪”をモチーフにしたランプが特徴的。ルーフスポイラーは「208」の全グレードに備わる。
リアまわりは、ライオンの“かぎ爪”をモチーフにしたランプが特徴的。ルーフスポイラーは「208」の全グレードに備わる。拡大

ドイツ車っぽくなってきた!?

日本市場のプジョー208は、1.2リッター直列3気筒ターボ(最高出力100PS、最大トルク205N・m)にトルクコンバーター式8段ATが組み合わされる。ラインナップは、簡素な「スタイル」(239万9000円で受注生産)、中堅の「アリュール」(259万9000円)、そして17インチを履き、スポーティーな内装が与えられた「GTライン」(293万円)で構成される。この日のテスト車は、実質的なベーシックモデルとなるアリュールだった。

先代の208は、オバケのQ太郎のような(!?)愛嬌(あいきょう)あるスタイルが(自分のなかで)話題になったが、新型はグッとハンサムなクルマに脱皮した。顔つきこそ牙が生えた「508」と共通のモチーフが採られるが、全体にソリッドなたたずまいは、ことにリアから見た姿はジャーマンブランドの一台と見まごうばかり。

輸入車が主に趣味の対象とされる東洋の島国では、「最近のフランス車は、見かけも走りもドイツ車っぽくなっちゃってぇ」と残念がる向きがあるが(←ワタシです)、本国のプジョースタッフは、ほとんど気にしていない。というか、社長自ら「プジョーはフランスのドイツ車と言われることもありますから」と笑うほど。主戦場たる欧州でのプジョーは純然たる実用ブランドだから、曖昧な趣味性を尊んでいるヒマはないのだ。

ドアを開けて208の運転席へ。アリュールのシートは、小じゃれた水色のステッチが施されたファブリックタイプとなる。無愛想な見かけでも不思議と豊かな快適性を提供するルノー車と異なり、プジョーのシートはやや平板な座り心地。それも含めて、低い位置に生える小径のステアリングホイールを握ってのドライビングポジションに、「これこれ」とうれしく思うプジョー好きも多いのでは。同社のクルマを所有したことがある、またはなじんでいる人にとっては“いかにも”な居心地だ。

「セイバー(サーベル)」と名付けられた牙のようなデイタイムランニングライトが個性を主張する。
「セイバー(サーベル)」と名付けられた牙のようなデイタイムランニングライトが個性を主張する。拡大
最高出力100PS、最大トルク205N・mを発生する1.2リッター直3ターボエンジン。3グレードある「208」のガソリンエンジン車に共通のパワーユニットとなっている。
最高出力100PS、最大トルク205N・mを発生する1.2リッター直3ターボエンジン。3グレードある「208」のガソリンエンジン車に共通のパワーユニットとなっている。拡大
「アリュール」グレードには、「SOHO」と名付けられた16インチアルミホイールが装着される。最上級の「GTライン」グレードでは17インチサイズとなる。
「アリュール」グレードには、「SOHO」と名付けられた16インチアルミホイールが装着される。最上級の「GTライン」グレードでは17インチサイズとなる。拡大
後席は6:4の分割可倒式。スライド式のヘッドレストが備わる。
後席は6:4の分割可倒式。スライド式のヘッドレストが備わる。拡大

乗れば驚きがある

ステアリングホイールの位置を生かして、インストゥルメントパネルの上部ゾーンを視覚的に独立させた「i-Cockpit(iコックピット)」と呼ばれる構成は、近未来風のフレーバーが効いたいいアイデアだと思う。ニュー208のジマンは、メーター類の液晶表示が3Dになったこと。といっても、舞台セットの書き割りのように、中景、遠景と2層に分かれて表示されるだけだが、重要情報に対するドライバーの反応時間を「約0.5秒短縮する」というのがプジョーの主張である。

iコックピットはデジタルメーターの特性を活用して、表示内容を何種類かから選択できる。ただ、回転計と速度表示を同サイズで並べる“ごく当たり前”の表示を、パーソナル設定としていちからセットしなければならないのはいかがなものか。もうひとつケチをつけると、ディスプレイを囲むメーターナセルの左右に小窓が開いているデザインも意味がわからない。外からの光をわざわざ液晶に当てて見にくくしているのだから。未来派のデザインはすてきだけれど、機能面で消化されていない部分が残っているのでは……といった守旧派のクルマ好きが抱いたかすかな疑念は、スターターボタンを押して走りだしたとたん、すっ飛んでしまう。

先代のGTラインと同じ75.0×90.5mmのボア×ストロークを持つ1.2リッターは、バランサーを備えた3気筒エンジンのスムーズさの中に、どこかゴロゴロしたフィールを残すターボエンジンだが、それが全然イヤではない。むしろ生き生きとした感覚で、内燃機関を回して移動する喜びを再確認させてくれる。最大トルクの発生回転数は、先代よりわずかに上がって1700rpmだが、なにしろペアを組むATが6から8スピードに多段化されている。まったく十分な力強さで1160kgのボディーを運んでいく。

小径のステアリングホイールは、上下端がフラットな2スポークタイプ。シフトパドルはコラム固定式になっている。
小径のステアリングホイールは、上下端がフラットな2スポークタイプ。シフトパドルはコラム固定式になっている。拡大
メーターパネルは遠近2層式で、立体的な表示が新鮮。ただ、メーターナセルの側方にスリットがあるため、外光が差し込んでパネルが見えにくくなることも。
メーターパネルは遠近2層式で、立体的な表示が新鮮。ただ、メーターナセルの側方にスリットがあるため、外光が差し込んでパネルが見えにくくなることも。拡大
センターモニターは7インチで、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。写真下方に見える空調のトグルスイッチも特徴的なディテールのひとつ。
センターモニターは7インチで、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応する。写真下方に見える空調のトグルスイッチも特徴的なディテールのひとつ。拡大
新開発プラットフォーム(CMP)は、従来のもの(PF1)に比べ30kgの軽量化を実現。走行性能のみならず、環境性能の向上にも貢献している。
新開発プラットフォーム(CMP)は、従来のもの(PF1)に比べ30kgの軽量化を実現。走行性能のみならず、環境性能の向上にも貢献している。拡大

“ほどよい動力性能”がいい

冒頭に記したように、208のハンドリングは秀逸で、適度なパワーアシストを得たステアリングを切ったとおり、思い描いたラインをきれいになぞって右に左にと峠の“曲がり”をこなしていく。カッチリしたボディーの高い剛性感と、しなやかに動くサスペンションのコンビネーションがいい。タイトコーナーでもジンワリと粘る。後ろ足がトレーリングアームだったころのプジョーのように、時にダンスを踊るがごとくのトリッキーな動きは影を潜め、安定感がありながら、しかしスロットル操作で容易に姿勢をコントロールできるのがうれしい。リアサスペンションの形式は、コンベンショナルなトーションビームだが。

快活なシャシーに加えて特筆すべきは、装着タイヤ「ミシュラン・プライマシー4」のバランスのよさだ。この日は早朝に雨が残り、天気が回復するに従って路面がウエット、ハーフウエット、そしてほぼドライと変化していった。プライマシー4は、ぬれたアスファルトの上でも正確な手応えを示し、乾くに従ってスポーティーな走りに対応する適度なグリップ力を発揮して運転者を喜ばせる。ニューモデルの潜在力を引き出す有能な脇役である。拍手!

208のドライブモードには、ノーマルのほか、エコ、スポーツがある。エコはパワーが絞られるだけのモードなので、せっかちなドライバーではかえって燃費が悪化しそう。スポーツモードでは、動力系がわかりやすくアグレッシブになるのみならず、エンジン音を模した低音がスピーカーから流れて気分を高めてくれる。せっかくなら、かつての「205」のラリーカーやレーシングプジョーの音をサンプリングして流すとおもしろいと思う。できれば、すぐに操作できるオフスイッチを設けてほしい。

クルマを手の内に入れられる……ように感じさせるほどよい動力性能で、胸のすく走りを見せるプジョー208。「クルマの運転は楽しい」ということをシンプルに思い出させてくれるフレンチハッチだ。もちろん、前車追従式のクルーズコントロールやステアリングを自動操作するレーンキープ機能、いざというときに作動する被害軽減ブレーキなど、各種ドライバーアシストを装備する。

注目の8ATは、6速が直結、7、8速がオーバードライブとなる。帰路に100km/h巡航を試してみると、なかなか7速からシフトアップしない。8速はいわゆる“燃費ギア”で、1.2リッターエンジンにして100km/hでの回転数は約2000rpmに抑えられる。そのわりに、305km走っての実用燃費が9.0km/リッターとふるわなかったのは、スイマセン、猿のように山の中を駆け回ったワタシのせいです。

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式で、リアがトーションビーム式。ワインディングロードでは、しなやかで安定した身のこなしが印象的だった。
サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット式で、リアがトーションビーム式。ワインディングロードでは、しなやかで安定した身のこなしが印象的だった。拡大
「208アリュール」のボディーカラーは、写真の「ヴァーティゴ・ブルー」(青系)のほか、黒・赤・黄・白系の全5色がラインナップされている。
「208アリュール」のボディーカラーは、写真の「ヴァーティゴ・ブルー」(青系)のほか、黒・赤・黄・白系の全5色がラインナップされている。拡大
走行モードのセレクター(写真中央)は、電動パーキングブレーキのスイッチ(同右上)とともにセンターコンソールに並ぶ。
走行モードのセレクター(写真中央)は、電動パーキングブレーキのスイッチ(同右上)とともにセンターコンソールに並ぶ。拡大
バイワイヤ式のシフトレバー。手先のわずかな動きで操作できる。
バイワイヤ式のシフトレバー。手先のわずかな動きで操作できる。拡大
クルーズコントロールのスイッチは、ステアリングコラムの左下に集約されている。
クルーズコントロールのスイッチは、ステアリングコラムの左下に集約されている。拡大
新型「208」はホットハッチと呼ばれるスポーツモデルではないが、ドライバーに運転の楽しさを実感させてくれる。
新型「208」はホットハッチと呼ばれるスポーツモデルではないが、ドライバーに運転の楽しさを実感させてくれる。拡大

テスト車のデータ

プジョー208アリュール

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4095×1745×1445mm
ホイールベース:2540mm
車重:1160kg
駆動方式:FF
エンジン:1.2リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:100PS(74kW)/5500rpm
最大トルク:205N・m(20.9kgf・m)/1750rpm
タイヤ:(前)195/55R16/(後)195/55R16(ミシュラン・プライマシー4)
燃費:17.0km/リッター(WLTCモード)/19.5km/リッター(JC08モード)
価格:259万9000円/テスト車=295万1550円
オプション装備:パールペイント<ヴァーティゴ・ブルー>(7万1500円) ※以下、販売店オプション ナビゲーションシステム(23万6500円)/ETC 2.0(4万4550円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1975km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:305.0km
使用燃料:35.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.6km/リッター(満タン法)/9.0km/リッター(車載燃費計計測値)

プジョー208アリュール
プジョー208アリュール拡大
小物入れスペース前方のふたには、開いた際にスマートフォン置き場として使うためのストッパーやグリップが付属する。写真奥の平置きスペースでは非接触充電も可能。
小物入れスペース前方のふたには、開いた際にスマートフォン置き場として使うためのストッパーやグリップが付属する。写真奥の平置きスペースでは非接触充電も可能。拡大
5人乗車時の荷室。積載容量は265リッターとなっている。
5人乗車時の荷室。積載容量は265リッターとなっている。拡大
後席の背もたれを倒し、荷室の容量を最大化した状態。背もたれ部分には傾斜が残り、フロアとの境界には段差ができる。
後席の背もたれを倒し、荷室の容量を最大化した状態。背もたれ部分には傾斜が残り、フロアとの境界には段差ができる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

プジョー 208 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。