【オートモビル カウンシル2020】レーシングカーの公道バージョン「マクラーレン620R」日本初公開

2020.07.31 自動車ニュース
マクラーレン620R
マクラーレン620R拡大

マクラーレン・オートモーティブは2020年7月31日、自動車イベント「オートモビル カウンシル2020」(開催期間:7月31日~8月2日)の会場で新型スーパースポーツ「マクラーレン620R」を日本初公開した。

リアには巨大なカーボンファイバー製ウイングが装着されている。
リアには巨大なカーボンファイバー製ウイングが装着されている。拡大
マクラーレンのモータースポーツ活動とニューモデル「620R」について説明する正本嘉宏氏。フェイスシールドを装着しているのは、新型コロナウイルス感染拡大の危険性に配慮してのこと。
マクラーレンのモータースポーツ活動とニューモデル「620R」について説明する正本嘉宏氏。フェイスシールドを装着しているのは、新型コロナウイルス感染拡大の危険性に配慮してのこと。拡大
「マクラーレン620R」のコックピット周辺部。
「マクラーレン620R」のコックピット周辺部。拡大
オートモビル カウンシル2020のマクラーレンブースには「マクラーレンGT」(写真)も並べられた。会期2日目の8月1日からは「マクラーレン720Sスパイダー」も展示される。
オートモビル カウンシル2020のマクラーレンブースには「マクラーレンGT」(写真)も並べられた。会期2日目の8月1日からは「マクラーレン720Sスパイダー」も展示される。拡大

数々のモータースポーツシーンにおいて、その名を歴史に刻んできたマクラーレン。プレゼンテーションに臨んだマクラーレン・オートモーティブ アジア日本支社の正本嘉宏代表はその栄光に触れつつ、商業的に大成功をおさめたという近年のレーシングマシン「マクラーレン570S GT4」を紹介した。

今回の620Rは、その570S GT4の公道仕様と位置づけられる“ロードゴーイングレーシングカー”。強大なダウンフォースを発生するカーボンファイバー製リアウイングやチンスポイラーを装着し、足まわりは32段階調整式のモータースポーツ用ダンパーやカーボンセラミックブレーキ、センターロック式のホイールなどで武装。キャビン後方には最高出力620PS、最大トルク620N・mを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速を2.9秒でこなすと豪語する。

会場では、これらの走行性能について正本代表が説明。車内に乗り込んで、超軽量のカーボン製レーシングシートや6点式シートベルトの効果について言及し、マシンと一体となってのドライビング体験が可能になると力説した。

620Rの販売台数は、世界限定350台。日本でのスタート価格は3750万円と極めて高価だが、国内の割り当て分は売約済みとのことである。

(webCG)

関連キーワード:
620R, マクラーレン, オートモビル カウンシル2020, 自動車ニュース

マクラーレン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・スピードテール 2020.9.14 画像・写真 マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社が「マクラーレン・スピードテール」を日本で初披露した。マクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を誇るハイパーカーの詳細を写真で紹介する。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • マクラーレンが最高速度403km/hのハイパーカー「スピードテール」を日本初披露 2020.9.14 自動車ニュース マクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社は2020年9月14日、東京・西麻布においてハイパーカー「マクラーレン・スピードテール」を初披露した。同モデルはマクラーレンの市販車史上最速となる403km/hの最高速度を実現するというスーパーカーである。
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
ホームへ戻る