クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ベントレー・コンチネンタルGT V8(4WD/8AT)

揺るがぬサクセスストーリー 2020.08.11 試乗記 ベントレーの高性能グランドツアラー「コンチネンタルGT」に、V8エンジン搭載車が登場。その走りは、3代続いたこのモデルの成功をあらためて実感させるパフォーマンスに満ちていた。

不思議な爽快感とともに

ベントレー・コンチネンタルGT V8で、雨のハコネを駆け上がる。サイドビューミラーには、たくましく盛り上がったリアフェンダーが映り、ホイールハウスから激しく水滴が吐き出されている。

フロントに搭載された4リッターV8は、ツインターボの過給を得て550PSの最高出力と770N・mの最大トルクを発生する。2210kg(車検証記載値)のアルミボディーを、静止状態からわずか4秒で100km/hに到達させる強心臓である。あふれ出るアウトプットを持て余さないよう、駆動力は8スピードのトランスミッションを介して4輪に配分される。

スロットルペダルを踏み増すと、余裕あるパワートゥウェイトレシオのおかげか、鋭いエンジンレスポンスの恩恵か、明らかに大きな車両寸法を持ち、装備を満載しながらも、GT V8は意外なほど軽々と走る。ステアリングはスポーティーな正確さをもってドライバーの操作に応える。なんだか不思議な爽快感がある。

「比類なきラグジュアリーと最先端テクノロジー」の結合がジマンのV8ベントレーは、雨中のウエット路面でも、運転者に過度な緊張を強いることなく、山岳路のカーブを次々とこなす。しかし高度が上がるにつれ霧が濃くなって、次第に速度は落ち、やがては文字通りミルクの底に沈んだような山中をノロノロと行くことになる。V型8気筒が、低い声で不満を述べている。

ワインディングロードを駆け抜ける「コンチネンタルGT」。今回は、6リッターW12モデルとともにラインナップされている4リッターV8モデルに試乗した。
ワインディングロードを駆け抜ける「コンチネンタルGT」。今回は、6リッターW12モデルとともにラインナップされている4リッターV8モデルに試乗した。拡大
2基のターボで過給される4リッターV8エンジン。最高出力は550PSで、770N・mもの最大トルクは2000rpmで発生する。
2基のターボで過給される4リッターV8エンジン。最高出力は550PSで、770N・mもの最大トルクは2000rpmで発生する。拡大
インテリアは、ドアからシームレスにつながるインパネのデザインが特徴。左右席は、やや高めのセンターコンソールで仕切られる。
インテリアは、ドアからシームレスにつながるインパネのデザインが特徴。左右席は、やや高めのセンターコンソールで仕切られる。拡大

文句なしの成功モデル

新型コロナウイルス感染症こと「COVID-19」が流行する前は……などと振り返るのはいささか早計だが、ことクルマ業界に関しては、いわゆるバブルの様相を呈していたと思う。スーパーカーを超えたハイパーカー、ガタイのよさを競うかのような大型SUV、そしてぜいたくさと価格を誇る高級車が次々と現れ、それぞれがインフレーションを起こしていた。

資本主義の暴走が貧富の差を拡大し、中国という巨大市場が活性化し……といった理由をひねり出すことはできるけれど、路傍のクルマ好きとしては、「あるところにはあるもんだなァ」と口をあんぐりするばかり。路上の高額モデルが増えるのと比例するかのように、クルマそのものが遠い存在になっていくユーザーの数が増加したのは皮肉なことだ。

そんなコロナ前の世界で、ベントレーは最も成功したブランドのひとつといえよう。20世紀の終わりにフォルクスワーゲングループが、BMWとのごたごたの後に“Bマーク”を買収してからこっち、ロールス・ロイスとのバッジエンジニアリングでほそぼそと命脈を保っていたのがウソのように、英国クルーに本社を置くスポーティーなブランドは快進撃を続けている。

その立役者となったのが、2003年に登場した2ドアクーペのコンチネンタルGTである。古色蒼然(そうぜん)とした「コンチネンタルR」から一転、新型GTはバイエルンからのエンジン供給を断ち切って、フェルディナント・ピエヒ博士肝煎りの6リッターW12を搭載。新生ベントレーのスタートを強烈にアピールした。同じくドクトルが主導したフォルクスワーゲンのフラッグシップ「フェートン」はいつしかフェードアウトしてしまったが、同じコンポーネンツを活用した高価なコンチネンタルシリーズが人気を博し、代を重ねているのだから、企業グループとしては文句なかろう。

いい案配に“スポーツ”をまぶしたわかりやすいモダンデザイン、ラグジュアリーブランドにしてはリーズナブルな価格、そしてフォルクスワーゲンゆずりの気の置けない使い勝手が同シリーズのセールスを支えている、と個人的にはにらんでいる。現行モデルは、2017年のフランクフルトショーでデビューを飾った3代目である。

いつものように6リッターW12モデルでスタートし、先代同様、2年後に4リッターのV8版が追加された。今回の試乗車は、2019年の夏に日本上陸を果たした後者で、クーペボディーが2498万1000円、オープントップの「コンバーチブル」が2736万8000円となる。W12モデルでは2680万7000円と2941万4000円だ。

4WDの「コンチネンタルGT」だが、通常時はほぼ後輪駆動に近いトルク配分となる。必要に応じて最大38%のトルクが前輪に配分される。
4WDの「コンチネンタルGT」だが、通常時はほぼ後輪駆動に近いトルク配分となる。必要に応じて最大38%のトルクが前輪に配分される。拡大
たっぷりと厚みのあるシート。ヒーターはもちろん、マッサージ機能も備わっている。
たっぷりと厚みのあるシート。ヒーターはもちろん、マッサージ機能も備わっている。拡大
センターコンソールに並ぶスイッチの多くは、空調に関するもの。手前中央に見えるダイヤルは走行モードのセレクター。
センターコンソールに並ぶスイッチの多くは、空調に関するもの。手前中央に見えるダイヤルは走行モードのセレクター。拡大
86万1463円のオプション「Bentleyローティングディスプレイ」を選んだ試乗車のセンターコンソールは、アナログ式の3連メーター(写真)と液晶のセンターモニター、そしてシンプルなパネルに、ボタン操作で切り替えられるようになっている。
86万1463円のオプション「Bentleyローティングディスプレイ」を選んだ試乗車のセンターコンソールは、アナログ式の3連メーター(写真)と液晶のセンターモニター、そしてシンプルなパネルに、ボタン操作で切り替えられるようになっている。拡大
現行型のフロントアクスルは、先代比で135mm前方に移動。過去2代のモデルよりも“ロングノーズ・ショートデッキ”のスタイリングが強調されている。
現行型のフロントアクスルは、先代比で135mm前方に移動。過去2代のモデルよりも“ロングノーズ・ショートデッキ”のスタイリングが強調されている。拡大

伝統への執着に満ちている

新しいコンチネンタルGT V8は、昨今のデザイントレンドにのっとった大きなグリルを備えるが、庶民向けのオラオラ顔とは一線を画する、丸目の愛嬌(あいきょう)ある顔つきが個性的。オオサンショウウオのようだ。ヘッドランプに近寄ってのぞき込むと、反射材に工夫が凝らされ、クリスタルガラスのようにキラキラしている。

ドアを開けると、オプションだろう、ドアの内張りや革シートの一部に、ハイブランドの服のような凝った柄の素材が使われている。安価なファストファッション愛好家(←ワタシです)にはクルマの内装として少々奇異に感じられるが、ココは悪趣味一歩手前の英国風貴族趣味と解すべきでしょう。

新型GTの室内を見まわすと、いかにもベントレーなデザインを抽出・凝縮して、メーカー自ら模倣したような印象を受ける。広く大きなセンターコンソール、大きなBマークが付いたシフター、ステアリングコラムから生えるターンシグナル(ウインカー)、ワイパー、クルーズコントロールの各レバーにはメッキパーツがかぶされて、ゴージャスさが演出される。球体を輪切りにしたようなエアコン吹き出し口や前後に押し引きするオンオフレバーは、まさにベントレー車のセルフカバーだ。指で触って「冷たくない!」、つまり樹脂製だと指摘するのは大人げない行為である。

この手のクルマは価格も性能の一部だから、いかにも「高そう」であることに全力を尽くさなければならない。嫌みなほどベントレーを踏襲する姿勢には、「伝統で食っていくんだ!」というすごみを感じさせる。半ば感心して後席をチェックしようと、あらためてドアを開ける。

フロントまわりは、ダイヤモンドのような輝きを放つヘッドランプが特徴。黒いリムやグリルは、「Continentalブラックラインスペック」に含まれる。
フロントまわりは、ダイヤモンドのような輝きを放つヘッドランプが特徴。黒いリムやグリルは、「Continentalブラックラインスペック」に含まれる。拡大
新型「コンチネンタルGT」はインテリアの仕立てもポイント。凝ったひし形の刺しゅうが目を引く。
新型「コンチネンタルGT」はインテリアの仕立てもポイント。凝ったひし形の刺しゅうが目を引く。拡大
クラシックなデザインの空調システム。エアコン吹き出し口の中央にはアナログ式クロックが添えられる。
クラシックなデザインの空調システム。エアコン吹き出し口の中央にはアナログ式クロックが添えられる。拡大
シートのマッサージ機能も、センターの液晶モニターを介して行う。
シートのマッサージ機能も、センターの液晶モニターを介して行う。拡大

実用的な機能も豊富

足を外に出す際に目に入った大きなブレーキペダルには、「これでもか!」というサイズのBマーク。サイドシルには「BENTLEY」と大書されるうえ、「Hand crafted by / BENTLEY MOTORS LTD / CREW ENGLAND」と刻まれた銘板が貼られ、とどめにサイドビューミラー下部から、翼を持ったBマークが地面に投影される。うーむ。

前席の背もたれを倒してリアシートに乗り込むと、座面は低く落とし込まれるが、そのおかげで頭上空間がキチンと確保される。囲まれ感が強いので、狭い場所にいると落ち着く人向け。カップホルダー、12Vの電源ソケットと2口のUSBポートが備わる。ボディーの大きさもあって、思いのほか実用的な後席だ。

再び運転席に座って8気筒に火を入れる。センターコンソールで背面を見せていたディスプレイが、グルリと縦に半回転して液晶を見せる演出が、ランドローバーっぽい。英国つながりか!? 背後からアームが伸びて、うやうやしくシートベルトを差し出してくれるサービスは、たしかメルセデスが嚆矢(こうし)だった。 

貪欲に「おもてなし」を採り入れるベントレーだけに、シートそのものも高機能。クッションの伸縮をはじめとした多彩な調整方法に、ヒーターはもちろんファンまで備わる。汗っかきはうれしかろう。加えて強力なマッサージ機能が肩や腰の疲れを和らげてくれる。欧州の高級車もようやく日本車に追いついたようだ、ナンチャッテ。

後席の定員は2人。豪華な独立型シートが採用されている。
後席の定員は2人。豪華な独立型シートが採用されている。拡大
後席のセンターは左右席のアームレストになっている。カップホルダーのほか、アクセサリーソケットやUSBのコネクターも装備。
後席のセンターは左右席のアームレストになっている。カップホルダーのほか、アクセサリーソケットやUSBのコネクターも装備。拡大
開口部の大きなトランクルーム。後席の背もたれを倒して容量を増やすことはできないが、最奥部の中央にはスキーホールが備わる。
開口部の大きなトランクルーム。後席の背もたれを倒して容量を増やすことはできないが、最奥部の中央にはスキーホールが備わる。拡大
トランクルームの左側面には、アクセサリー用の電源ソケットが用意される。
トランクルームの左側面には、アクセサリー用の電源ソケットが用意される。拡大

走りの幅を広げるハイテク

ゆっくり動き始めると、コンチネンタルGTはアスファルトを踏みしめるような乗り心地。試乗車は、標準の20インチに換え22インチを装着していた。タイヤサイズは、前275/35、後ろ315/30という、太く薄いもの。あたりのソフトな「ピレリPゼロ」を履いているが、それでも路面からの入力は尖(とが)りがち。ラグジュアリーな室内から安楽なフィールを予想していたので、目をさまされた気持ちだ。ステアリングホイールを握っているのは、大陸を一気に走り切るグランドツアラーなのだ。

試しにスロットルペダルをベタ踏みするフルフラットを敢行すると、最高出力550PSのツインターボにもかかわらず、ローで約50km/h、セカンドで約90km/hまで“しか”カバーしない。多段ATを生かした怒涛(どとう)の加速を見せる。一方、トップギア8速で100km/h巡航すると、エンジン回転数はわずか1200rpm程度。静かなクルージングである。ちなみに4リッターV8は、旧型同様気筒休止システムを持ち、0.02秒で休止・稼働をシームレスに切り替える。自分の場合、その変化にまるで気づきませんでした。

コンチネンタルGT V8の足まわりは、エアスプリングに、無段階でダンピングの硬軟を変えられるショックアブソーバーが組み合わされる。スターターボタンを囲うパーツを回すことで、「ベントレードライブダイナミクス」ことドライブモードを切り替えられ、「エンジンとギア」「ステアリングフィール」、そして「乗り心地と操縦性」が如実に変化する。

選択肢は、ノーマルモードとしての「ベントレー」、そのほか「コンフォート」「スポーツ」「インディビジュアル」が用意される。コンフォートは、全体に気が抜けたような走りになって、あまり感心しない。デフォルトのベントレーモードが十分にスポーティーなので、スポーツモードは、一般的な“スポーツプラス”と理解したほうがいい。ステアリングはやや過剰に重くなり、足まわりは硬く締まって、動力系のレスポンスはより俊敏になる。リアのクアッドエキゾーストパイプからの排気音はしごく派手になり、時にアフターファイアのような音を発して景気をつける。公道ではインディビジュアル機能を活用して、「エンジンとギア」のみスポーツに設定すると、我慢を強いられず“ヤッている”気になれるんじゃないでしょうか。ちょっとウルサイが。

左右に楕円(だえん)をひとつずつ配したリアコンビランプは、3代目「コンチネンタルGT」の特徴のひとつ。
 
左右に楕円(だえん)をひとつずつ配したリアコンビランプは、3代目「コンチネンタルGT」の特徴のひとつ。
	 拡大
リアのランプのみならず、マフラーエンドも楕円のデザインが採用されている。
リアのランプのみならず、マフラーエンドも楕円のデザインが採用されている。拡大

ブラックに塗られた大径22インチホイール。タイヤは「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。


	ブラックに塗られた大径22インチホイール。タイヤは「ピレリPゼロ」が組み合わされていた。
	拡大
前後の重量配分に配慮し、重量物であるバッテリーは車体後部、荷室のフロア下にレイアウトされている。
前後の重量配分に配慮し、重量物であるバッテリーは車体後部、荷室のフロア下にレイアウトされている。拡大
新型「コンチネンタルGT」は、48Vシステムを使ったアダプティブシャシー「ベントレーダイナミックライド」を採用。上質な乗り心地と圧倒的に優れたハンドリングが追求されている。
新型「コンチネンタルGT」は、48Vシステムを使ったアダプティブシャシー「ベントレーダイナミックライド」を採用。上質な乗り心地と圧倒的に優れたハンドリングが追求されている。拡大

運転支援の機能もイケる

一昔前なら怖気(おぞけ)を震うハイパフォーマンスを持ちながら、しかし親しみやすさが印象的なコンチネンタルGT V8。まだまだ若いモデルなので、電子デバイスも今日的だ。

感心したのがインテリジェントなクルーズコントロール。なんと時速250kmまで設定可能! ……なのはともかく、前走車との車間距離を5段階で調整できる。運転しているのがいかにも押し出しの利くクルマなので、万が一にも「あおっている」と勘違いされないよう、前のクルマとの距離が一番離れる「5」を選ぶ。と、あらら、ガンガン割り込まれますね。

その際のブレーキや、逆に前方が開けて加速するとき、いずれも速度変化が落ち着いていて、信頼感が高い。決定的に「これは使える!」と驚かされたのが、都心に近づいて渋滞が始まってから。ノロノロした流れに従って、自動で止まり自動で発進するのは当たり前として、停車時間が長くてアイドリングストップが働いてからも、前のクルマが動くと勝手にエンジンを再スタートさせ、そのままついていく。東名高速道路の横浜付近から用賀の東京ICで降りるまで、ついに運転者が自分でブレーキを踏むこともレジューム操作をすることもなかった。

大陸を横断する旅から、ニッポンの渋滞までをこなす英国のグランドツアラー。いまどき珍しい大排気量の内燃機関を使いながら、一方で、次世代の動力源が何になろうと、「ベントレー」の名前だけで存続できそうな伝統ブランドである。とはいえ、まずはコロナ禍を乗り切らないと!?

(文=青木禎之/写真=郡大二郎/編集=関 顕也)

クーペらしさに磨きをかけたフォルム。ベントレーのコンセプトカー「EXP10スピード6」がルーツとされる。
クーペらしさに磨きをかけたフォルム。ベントレーのコンセプトカー「EXP10スピード6」がルーツとされる。拡大
伝統のブランドであるベントレーとて、メーターパネルは、はやりの液晶タイプ。写真のようにカーナビのマップを表示することもできる。
伝統のブランドであるベントレーとて、メーターパネルは、はやりの液晶タイプ。写真のようにカーナビのマップを表示することもできる。拡大
リアエンドには可動式のリアウイングを装備。フィンは、手動のスイッチ操舵で立ち上げ・収納が可能。
リアエンドには可動式のリアウイングを装備。フィンは、手動のスイッチ操舵で立ち上げ・収納が可能。拡大
今回は260kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で6.3km/リッター、車載の燃費計で6.4km/リッターを記録した。
今回は260kmほどの距離を試乗。燃費は満タン法で6.3km/リッター、車載の燃費計で6.4km/リッターを記録した。拡大

テスト車のデータ

ベントレー・コンチネンタルGT V8

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4880×1965×1405mm
ホイールベース:2850mm
車重:2210kg
駆動方式:4WD
エンジン:4リッターV8 DOHC 32バルブ ツインターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:550PS(405kW)/5750-6000rpm
最大トルク:770N・m(78.5kgf・m)/2000-4500rpm
タイヤ:(前)275/35ZR22 104Y/(後)315/30ZR22 107Y(ピレリPゼロ)
燃費:--km/リッター
価格:2498万1000円/テスト車:2941万8787円
オプション装備:オプションペイント<Ice>(82万4694円)/Continentalブラックラインスペック(58万6565円)/ムードライティングスペック(27万3065円)/フロントシートコンフォートスペック(56万8231円)/フェイシアとウエストレールにクロームピンストライプ(22万0306円)/3本スポークデュオトーン多孔ハイドステアリングヒーター(17万4167円)/コントラストステッチ(31万5231円)/Bentleyローティングディスプレイ(86万1463円)/シングルフィニッシュ ハイグロスカーボンファイバー(47万6565円)/LEDウエルカムランプ by Mulliner(7万3333円)/ディープパイルオーバーマット<フロント>(6万4167円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:1778km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(7)/山岳路(2)
テスト距離:261.8km
使用燃料:41.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:6.3km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)

ベントレー・コンチネンタルGT V8
ベントレー・コンチネンタルGT V8拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ベントレー コンチネンタルGT の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。