成功のカギは“ホカン”にあり!? スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」はどうしてこんなに売れるのか?

2020.08.07 デイリーコラム

ねらい通りの大成功

シャシー番号♯10000のウルスがラインオフ! 2020年6月21日付のランボルギーニのプレスリリースに、パンデミックでうち沈むクルマ業界がざわついた。もっともそれは、ランボルギーニのもくろみ通り、いや、むしろ新型コロナの影響で少々遅れ気味だったといっていい。なにしろ2018年から本格生産が始まり、2019年には最新工場もフル稼働で5000台弱をサンターガタから送り出している。人員も倍、工場の規模も倍、組織から敷地まで、何もかも倍にしたわけだから、新型SUVにはそれくらい売れてもらわなければ困る、のだ。

それにしてもウルス人気はすさまじい。SUVとはいえ上代3000万円の“スーパーカー”である。どうしてかくも売れたのか?

正直に言うと、ウルス人気がホンモノであるかどうかが分かるのはもう少し先のこと、だとボクは思っている。最初の1、2年には初期オーダーの勢いがまだ残っていると思われるからだ。それが証拠にランボルギーニは2年でウルス1万台(ちなみにフラッグシップの「アヴェンタドール」は10年で1万台。これはこれですさまじい数字なのだが)の発表と前後して、新たなオプションの充実を図るメッセージも出している。ワンメイクレースの企画もある。おそらく近い将来には新たに次世代をにらんだパワートレインも積んでくるはずだから、本当の勝負はまだ先だとサンターガタもにらんでいるのだろう。

とはいえウルスがデビューからわずか2年で1万台も売れた(つくられた)理由はなんだったのか。もちろんウルスはSUVでありながらスーパーカーブランドの名に恥じないすさまじいパフォーマンスを有しているわけだが、多くのカスタマーがその実力を“試すことなく”オーダーしている。少なくとも最初の1年くらいはカタチだけ見た熱心なランボルギーニファンによってオーダーの勢いに拍車がかかったといっていい。では彼らはウルスのいったいどこに心を動かされたのか?

スタイリングが大きな要素であることは間違いない。思い返せばウルスの基本デザインが披露されたのは2012年の北京モーターショーだった。それからデリバリーまで実に6年を費やしている。にもかかわらず、デビュー直後から、いや、正確にはプレオーダーのスタートとなった正式デビュー1年前からランボルギーニファンはウルスを待望した。それだけ前デザイナーのフィリッポ・ペリーニによるスタイリングが衝撃的だったからだ。今や世間の“普通車”となったSUVカテゴリーでありながら、最新ランボルギーニらしさを体現したカタチ。多くのファンが納得した。

生産開始から2年で1万台がリリースされた、ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」。驚異的とはいうものの、メーカーからすればねらい通りの数字であるに違いない。写真はサンターガタの工場で、生産に関わるスタッフとの記念ショット。
生産開始から2年で1万台がリリースされた、ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」。驚異的とはいうものの、メーカーからすればねらい通りの数字であるに違いない。写真はサンターガタの工場で、生産に関わるスタッフとの記念ショット。拡大
ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレは、「ウルス」初のカスタマイズオプション「パールカプセル」を発表。同モデルのさらなる販売促進を目指している。写真のボディーカラー「ヴェルデマンティス」は、パールカプセルの選択肢のひとつ。
ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロ・スティーレは、「ウルス」初のカスタマイズオプション「パールカプセル」を発表。同モデルのさらなる販売促進を目指している。写真のボディーカラー「ヴェルデマンティス」は、パールカプセルの選択肢のひとつ。拡大
2019年に日本国内で販売されたランボルギーニのうち、約半数が「ウルス」(写真はコックピット周辺部)。そのせいか、都市部の道では同モデルを目にする機会が増えてきた。最新型(2021イヤーモデル)の国内販売価格は、3068万1070円。
2019年に日本国内で販売されたランボルギーニのうち、約半数が「ウルス」(写真はコックピット周辺部)。そのせいか、都市部の道では同モデルを目にする機会が増えてきた。最新型(2021イヤーモデル)の国内販売価格は、3068万1070円。拡大
ランボルギーニ ウルス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 第629回:ツイスティーな峠道で「ランボルギーニ・ウルス」と向き合ってみた 2020.8.29 エディターから一言 ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」でタイトなワインディングロードに挑戦。発表から2年で1万台以上が生産されたという超高額モデルの、人気の理由に迫った。
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る