スズキが「スペーシア」シリーズの仕様を変更 安全装備や運転支援システムを拡充

2020.08.20 自動車ニュース
スズキ・スペーシア ハイブリッドX
スズキ・スペーシア ハイブリッドX拡大

スズキは2020年8月20日、トールワゴンタイプの軽乗用車「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」の一部仕様を変更。同日、販売を開始した。

スペーシア カスタム ハイブリッドXS
スペーシア カスタム ハイブリッドXS拡大
スペーシア ギア ハイブリッドXZ
スペーシア ギア ハイブリッドXZ拡大
「スズキセーフティーサポート」非装着車を除き、SRSカーテンエアバッグが標準装備となった。
「スズキセーフティーサポート」非装着車を除き、SRSカーテンエアバッグが標準装備となった。拡大
軽乗用車へのアダプティブクルーズコントロールの採用は、スズキとしては「ハスラー」に続いて2例目となる。
軽乗用車へのアダプティブクルーズコントロールの採用は、スズキとしては「ハスラー」に続いて2例目となる。拡大

幅広いグレードにアダプティブクルーズコントロールを採用

今回の仕様変更は装備の強化、特に予防安全装置や運転支援システムの拡充が中心となっている。具体的には、夜間の歩行者も検知可能な衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」とSRSカーテンエアバッグを標準装備としたほか(「スズキセーフティーサポート」非装着車を除く)、スペーシア カスタムとスペーシア ギアの全車、およびスペーシアの「ハイブリッドX アップグレードパッケージ」に、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを新採用した。

さらに全方位モニター用カメラパッケージ装着車に搭載される標識認識機能については、認識できる標識の種類が増加。従来の「車両進入禁止」に加え、「はみ出し通行禁止」「法定速度」「一時停止」についても認識し、ヘッドアップディスプレイに表示するようになった。

このほかにも、USB電源ソケット(2個)や時間調整付きフロント間欠ワイパー(「スペーシア ハイブリッドG」を除く)が新たに追加されている。

ボディーカラーのラインナップも刷新

車体色のカラーバリエーションについても大幅に変更しており、スペーシアでは全グレードに「クールカーキパールメタリック」を設定したほか、「ハイブリッドX」にはクールカーキパールメタリックと「シフォンアイボリーメタリック」に「ホワイト2トーンルーフ仕様」を設定。全9色、13パターンのラインアップとした。

またスペーシア カスタムでは、「ハイブリッドXS」「ハイブリッドXSターボ」に「スチールシルバーブラック」の2トーンルーフ仕様を新設定し、全7色、11パターンのラインアップに変更。スペーシア ギアについては「シフォンアイボリーメタリック」および「クールカーキパールメタリック」と「デニムブルーメタリック」の「ガンメタリック2トーンルーフ仕様」を新設定し、全9色、9パターンのラインアップとした。

価格はスペーシアが138万0500円から164万7800円、スペーシア カスタムが164万8900円から195万9100円、スペーシア ギアが168万7400円から188万4300円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
スペーシア, スペーシア カスタム, スペーシア ギア, スズキ, 自動車ニュース

スズキ スペーシア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア ギア 2018.12.20 画像・写真 スズキからアクティブ仕立ての軽トールワゴン「スペーシア ギア」登場。「スペーシア」とはデザインが異なるだけでなく、荷室を防汚仕様とするなど、レジャーシーンで役立つ工夫も凝らされている。既存の軽乗用車とは一味違う新型車の詳細を、写真で紹介する。
  • スズキ・スペーシア ギア ハイブリッドXZターボ(FF/CVT)【試乗記】 2019.3.29 試乗記 これはハイトワゴンなのか!? SUVなのか!? それとも……!? スズキのニューフェイス「スペーシア ギア」は、過去にない新しいジャンルの軽乗用車だ。そのポテンシャルを探るべく、あちらへこちらへ連れ出してみた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ダイハツ・タントカスタムRS(FF/CVT)【試乗記】 2019.9.26 試乗記 今や軽自動車の主流と呼べるほどの人気を誇るスーパーハイトワゴン。その元祖というべき「ダイハツ・タント」が4代目に生まれ変わった。新たなシャシーやパワートレインに加えて、強力な先進運転支援システムを手にした新型の出来栄えを確かめた。
  • スズキが「スペーシア」シリーズの仕様を変更 安全装備や運転支援システムを拡充 2020.8.20 自動車ニュース スズキが「スペーシア」「スペーシア カスタム」「スペーシア ギア」の一部仕様を変更。「デュアルカメラブレーキサポート」とSRSカーテンエアバッグを標準装備としたほか、幅広いグレードに全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールを採用した。
ホームへ戻る