日本での普及は難しい? 「ホンダe」が提唱する「都市型EVコミューター」の未来を占う

2020.08.24 デイリーコラム

ホンダが考えるEVの最適解

2020年7月に日本仕様の概要が発表されたホンダの電気自動車(EV)、その名も「ホンダe」。デザインについては多くの評価が好意的なのに対し、満充電での航続距離がWLTCモードで300km未満という数字には賛否が分かれている。

2010年に「日産リーフ」が登場したときはたしかJC08モードで200kmだったが、これは当時のリチウムイオン電池が高価格かつ低効率で、リーフのような量販車ではこれが最良の落としどころと考えられていたことが大きい。しかし、その後「テスラ・モデルS」が大量のバッテリーを搭載することで、いきなり航続距離500kmを豪語。そのぶん車両価格は高かったが、この数字になびく人は予想以上に多く、テスラはたちまちEV界のベンチマークになった。

そこからの「EVは長く走れれば走れるほどいい」という潮流の中で、ホンダeはあえて“ほどほど”な航続距離にとどめてきた。ホンダは1997年から数年間、「EVプラス」という車種を一部の市場でリース販売した実績があり、その航続距離は10・15モードで210kmだった。ちなみにホンダeの欧州仕様は210~220km。どうも彼らは、200km+αの航続距離をEVの最適解と捉えている節がある。

ことホンダeの場合、この航続距離の“根拠”としてホンダが挙げたのは、このクルマが地球環境に厳しい目を注ぐ欧州の都市部をターゲットにしたシティーコミューターであるということだ。開発にあたり欧州視察を行ったところ、ノルウェー以外では街中にEVがほとんどいなかったので、参入の余地ありと決断したようだ。

日本での正式発表まで秒読みとなった「ホンダe」。シンプルで機能的なデザインが好評を得ている一方で、賛否両論を招いているのが“短め”の航続距離だ。
日本での正式発表まで秒読みとなった「ホンダe」。シンプルで機能的なデザインが好評を得ている一方で、賛否両論を招いているのが“短め”の航続距離だ。拡大
2010年に登場した初代「日産リーフ」。バッテリーの容量は24kWhで、一充電走行可能距離は200km(JC08モード)とされていた。
2010年に登場した初代「日産リーフ」。バッテリーの容量は24kWhで、一充電走行可能距離は200km(JC08モード)とされていた。拡大
2014年に日本でもデリバリーが開始された「テスラ・モデルS」。パナソニック製の円筒型リチウムイオンバッテリーを大量に搭載しており、85kWh仕様で500km(NEDCモード)という一充電走行可能距離を実現していた。
2014年に日本でもデリバリーが開始された「テスラ・モデルS」。パナソニック製の円筒型リチウムイオンバッテリーを大量に搭載しており、85kWh仕様で500km(NEDCモード)という一充電走行可能距離を実現していた。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • プジョー208GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • これからの時代の“小さな高級車” 「ホンダe」に込められた未来への提案とは? 2020.8.14 デイリーコラム 日本市場投入が秒読みに迫った、ホンダの電気自動車「ホンダe」。クリーンでキュートなデザインが注目を集める同車だが、その小さなボディーには、未来に対する提案があふれていた。「2030年の社会を想定した」という、ホンダの都市型EVコミューターの実像に迫る。
ホームへ戻る