第628回:安全性と快適性の両方に寄与 新型「メルセデス・ベンツSクラス」の革新技術を紹介

2020.08.28 エディターから一言
ドイツ・インメンディンゲンのテストセンターを走行する、新型「メルセデス・ベンツSクラス」の試作車。
ドイツ・インメンディンゲンのテストセンターを走行する、新型「メルセデス・ベンツSクラス」の試作車。拡大

高級サルーンの世界的なベンチマークたる「メルセデス・ベンツSクラス」が、間もなくフルモデルチェンジ。新型の発表を前に行われたオンラインカンファレンスでは、どのような新技術が紹介されたのか? 安全性や快適性に資する新たな機能を紹介する。

長年にわたりLセグメント車のベンチマークとされてきた「Sクラス」。新型に投入される技術や機能も、大いに注目を集めている。
長年にわたりLセグメント車のベンチマークとされてきた「Sクラス」。新型に投入される技術や機能も、大いに注目を集めている。拡大
全3回にわたり行われたオンラインカンファレンスの2回目と3回目では、主に快適性と安全性に関する技術や機能が紹介された。
全3回にわたり行われたオンラインカンファレンスの2回目と3回目では、主に快適性と安全性に関する技術や機能が紹介された。拡大

これからのパッセンジャーカーはどうあるべきか?

前回のつづき)
新型Sクラスのワールドプレミアが迫るなか、メルセデスはこの7月から、その技術的ディテールを解説するオンラインのカンファレンス「Meet the S-Class DIGITAL」を重ねてきた。

その第2回、第3回が7月末と8月半ばに相次いで開催された。テーマは「インテリジェンス・イノベーション」「ラグジュアリー・ウェルビーイング」となっていたが、フォーカスされたのは乗員の安全性や快適性をいかに画期的に向上させたかということだ。そういう意味ではユーザーインターフェイスの進化に焦点を当てた初回のカンファレンスも然(しか)りで、新型Sクラスの大きなテーマは、自動運転技術が浸透しつつある今、最善のパッセンジャーカーとはどうあるべきかをテクノロジー的にもマインド的にも出し惜しみすることなく世に示すことにあるのだろう。そして新型Sクラスで提示された概念は、例によって「Cクラス」や「Eクラス」、その他のモデルへと順次展開されていく。

新型Sクラスに搭載されるセーフティーテクノロジーの注目点は、“アクティブ”と“パッシブ”の高度な融合だろう。ひいてはそれが、コンフォート性とも連携しているところにポイントがある。まさに近未来に自動運転車が登場するならば、実装すべき技術の見本市と言っても過言ではない。

そのコアとなるのが「E-ACTIVE BODY CONTROL」だ。これは2019年秋に世代交代した「GLE」系のSUVラインナップに設定されており、日本では「GLS580」に標準装備、「GLEクーペ400d」では77万円でオプション装着することができる、メルセデスにおいては最新のシャシーデバイスになる。

メルセデス・ベンツ Sクラス セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る