GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円

2020.08.27 自動車ニュース
シボレー・コルベット コンバーチブル(写真は北米仕様)
シボレー・コルベット コンバーチブル(写真は北米仕様)拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2020年8月27日、日本における「シボレー・コルベット コンバーチブル」の価格を発表した。

 
GMジャパンが「シボレー・コルベット コンバーチブル」の導入を発表 価格は1550万円の画像拡大
「コルベット クーペ」(右)と「コルベット コンバーチブル」(左)。
「コルベット クーペ」(右)と「コルベット コンバーチブル」(左)。拡大

8代目となる新型コルベットは、2019年7月にアメリカで発表。翌2020年2月に日本でアジア初公開されるとともに、クーペモデルについては日本仕様の価格やグレードが発表されていた。

今回、日本仕様の価格が発表されたコルベット コンバーチブルは、同車をベースにリトラクタブルハードトップを装備したオープントップモデルである。コルベットにリトラクタブルハードトップが採用されるのはこのモデルが初のことで、ソフトトップと比べ、より静粛なキャビンやセキュリティー性の向上、シームレスなルーフの格納によるクリーンな外観を実現しているという。ルーフのオープン/クローズに要する時間は16秒で、車速が48km/hまでなら走行中でも操作が可能。またルーフを格納した状態でもゴルフバッグ2個を搭載可能なトランクスペースを確保しており、フロントの収納スペースと合わせ、クーペと同等の実用性を保っているという。

価格は1550万円。デリバリー開始は2021年5月を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
コルベット コンバーチブル, コルベット, シボレー, 自動車ニュース

シボレー コルベット コンバーチブル の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・コルベット スティングレイ(MR/8AT)【海外試乗記】 2020.5.20 試乗記 1953年デビューの初代から受け継がれてきたFRレイアウトをミドシップに一新し、生まれ変わった「シボレー・コルベット」。「C8」と呼ばれる8代目のパフォーマンスやハンドリング、そしてライバルとの違いを、米ラスベガスからリポートする。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • シボレー・コルベットZ06コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.26 試乗記 シボレーのイメージリーダーを担う高性能スポーツモデル「コルベット」の、さらなるハイパフォーマンスバージョンが「Z06」である。今回は8段ATのコンバーチブルに試乗。サーキットが鍛えたその実力と、同車が持ち合わせる意外な一面をリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る