第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ

2020.09.02 カーマニア人間国宝への道

6年目にしてバッテリーを交換

少し前、わが家のエリート特急こと先代「BMW 320d」が故障したことを書きました。走りだして間もなく、ABSや歩行者検知機能などの警告灯が5個同時に点灯し、「ポーン」という警告音が5連発で発せられたのです。

購入した激安中古車店に持ってったところ、「テスターかけたら低電圧状態というエラーコードが出まして、1時間ほどアイドリング充電したら直りました」と言われて拍子抜け……というところまでリポートさせていただきました。

ところが、修理(アイドリングしただけ)を終えた愛車に乗り、お店を出て30秒後には、まったく同じ警告灯5連発をお見舞いされてしまったのです!

担当者には、「また警告が出るようでしたら、バッテリー交換したほうがいいと思います」と言われてたけれど、まさか30秒しか持たないとはぁっ!

道端に止めて整備記録を調べてみたら、この子、まだ一度もバッテリー交換をしていない! つまり6年!

バッテリーの寿命は2~3年とかよくいわれます。それはバッテリーを売りたい側のうたい文句なれど、6年はさすがに寿命だべな。

そのまま激安店近くのカー用品店へ駆け込んで、交換してもらいました。お代金は約6マンエン。高いけど是非もなし。

すると、さすがに全快したようで、警告灯もつかないしACCも復活! 元のエリート特急に戻った~! わーい。

やっぱりドイツ車の警告灯がいっぱいついてるのって、なんか気分が乗らない。イタフラ車なら逆に気分が乗ってくるんだけど、ドイツ車はアカン。ドイツ車は完璧であってこそ価値がある! エリート特急最高!

ところが。

2017年7月に中古で購入したエリート特急こと先代「BMW 320d」。購入時の走行距離は2.4万kmだったが長距離走行に連れ出すことが多く、現在は6万km近くにまで距離を伸ばしている。そんな折に、警告灯5連発をお見舞いされてしまった。(写真=池之平昌信)
2017年7月に中古で購入したエリート特急こと先代「BMW 320d」。購入時の走行距離は2.4万kmだったが長距離走行に連れ出すことが多く、現在は6万km近くにまで距離を伸ばしている。そんな折に、警告灯5連発をお見舞いされてしまった。(写真=池之平昌信)拡大
「ABSが作動しません」に始まって「車両安定化装置が作動しません」「歩行者検知機能が作動しません」「エアバッグ・シートベルトプリテンショナー機能が正常に作動しません」「タイヤ空気圧警告機能が作動しません」と、警告灯がロイヤルストレートフラッシュ状態で点灯。
「ABSが作動しません」に始まって「車両安定化装置が作動しません」「歩行者検知機能が作動しません」「エアバッグ・シートベルトプリテンショナー機能が正常に作動しません」「タイヤ空気圧警告機能が作動しません」と、警告灯がロイヤルストレートフラッシュ状態で点灯。拡大
激安中古車店からエリート特急の修理完了という知らせを受け、引き取りに行った。左は代車としてお世話になった2代目「キューブ」。
激安中古車店からエリート特急の修理完了という知らせを受け、引き取りに行った。左は代車としてお世話になった2代目「キューブ」。拡大
激安店近くのカー用品店へ駆け込んでバッテリーを交換。お値段は6万円ナリ。
激安店近くのカー用品店へ駆け込んでバッテリーを交換。お値段は6万円ナリ。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

BMW 3シリーズ セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWが「5シリーズ セダン/ツーリング」をマイナーチェンジ 渋滞時ハンズオフ機能を採用 2020.9.28 自動車ニュース BMWジャパンが「5シリーズ セダン/ツーリング」のマイナーチェンジモデルを発売。内外装デザインを変更したほか、運転支援システムやコネクテッド機能に関する装備を強化しており、新たに渋滞時ハンズオフ機能などを採用した。
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る