ポルシェ911カレラ(後編)

2020.09.04 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師の連載企画第2回は、「ポルシェ911カレラ」(992型)の試乗リポート後編。最新の911は、自然吸気フラット6を搭載する愛車「911カレラS」(991型前期)からどう進化していたのか。オーナーだからこその評価を聞いた。

シャシーの進化に興味津々

自身もポルシェ911カレラS(991型前期)に乗る、漫画界のレジェンドにして元JGTCレーサー、池沢早人師先生。箱根のワインディングロードでステアリングを握った最新世代の911カレラ(992型)は、池沢先生いわく「音もエンジンパワーもブレーキも素晴らしい」と大絶賛の嵐。だがその他の点についてはどうなのか? 話の続きをお聞きした。

「今回の試乗前に最も興味があったのは、実はフロントのトレッド拡大についてなんですよ。今、SUPER GTはもちろんDTMでも多くのマシンがフロントのトレッドを広げてるじゃないですか? 回頭性とコーナリングスピードを追求した結果で、ポルシェも992型で早速そのトレンドを市販車に取り入れたわけですよね。フロントからの見た目もワイドになって迫力が増していますし、実際のハンドリングへの効果はどんなものなのか、一番のポイントとして興味津々だったんですよね」

なるほど。では結論として、992型のフロントトレッド拡大の効果のほどは?
「素晴らしいのひとことですね。もともと991型の操舵感は、思ったところにフロントタイヤをもってこれるようなコントロール性と、適度な重さの手ごたえが気持ちよかったのですが、992型ではそれがよりいっそう強まっていますね。特に俊敏性とリニアな反応、この2つにドライバーの口元を緩ませるぐらい磨きがかかりました。フロントトレッドを拡大したのは“大正解”だと思いますよ。いや、本当に素晴らしい」

現在「ポルシェ911カレラS」(991型前期)を所有している池沢早人師先生が「気になるニューモデルの一台」という最新の「911カレラ」(992型)。「ほとんどNA(自然吸気)じゃないですか!」と、ドライブフィールやエキゾーストサウンドを高く評価した。
現在「ポルシェ911カレラS」(991型前期)を所有している池沢早人師先生が「気になるニューモデルの一台」という最新の「911カレラ」(992型)。「ほとんどNA(自然吸気)じゃないですか!」と、ドライブフィールやエキゾーストサウンドを高く評価した。拡大
【ポルシェ911カレラのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4519×1852×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1515kg(DIN)/駆動方式:RR/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:385PS(283kW)/6500rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1950-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR21 104Y(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/燃費:9.0リッター/100km(約11.1km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:1359万7222円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:263.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:41.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.4km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)
【ポルシェ911カレラのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4519×1852×1300mm/ホイールベース:2450mm/車重:1515kg(DIN)/駆動方式:RR/エンジン:3リッター水平対向6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:385PS(283kW)/6500rpm/最大トルク:450N・m(45.9kgf・m)/1950-5000rpm/タイヤ:(前)245/35ZR20 95Y/(後)305/30ZR21 104Y(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/燃費:9.0リッター/100km(約11.1km/リッター、欧州複合サイクル)/価格:1359万7222円
	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:263.4km(市街地1:高速道路7:山岳路2)/使用燃料:41.2リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:6.4km/リッター(満タン法)/6.4km/リッター(車載燃費計計測値)拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る