高性能ハッチバックモデル「トヨタGRヤリス」の販売がスタート

2020.09.04 自動車ニュース
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”
トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”拡大

トヨタ自動車は2020年9月4日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」の販売を開始した。

「GRヤリス」は3ドアハッチバックモデル。全車、18インチのホイールが組み合わされる。
「GRヤリス」は3ドアハッチバックモデル。全車、18インチのホイールが組み合わされる。拡大
ボディーカラーは「プラチナホワイトパールマイカ」のほか、「プレシャスブラックパール」(写真)や「エモーショナルレッドII」も選べる。
ボディーカラーは「プラチナホワイトパールマイカ」のほか、「プレシャスブラックパール」(写真)や「エモーショナルレッドII」も選べる。拡大
ラインナップ中、唯一のCVT車となる「RS」グレードのインテリア。
ラインナップ中、唯一のCVT車となる「RS」グレードのインテリア。拡大
「RZ“ハイパフォーマンス”」にはプレミアムスポーツシート(写真)が装着される。
「RZ“ハイパフォーマンス”」にはプレミアムスポーツシート(写真)が装着される。拡大
GRヤリスRZ
GRヤリスRZ拡大

GRヤリスは、コンパクトハッチバック「ヤリス」をベースに開発された、スポーツカーシリーズ“GR”のオリジナルモデル。

3ドアハッチバックのボディーサイズは全長×全幅×全高=3995×1805×1455mmで、ホイールベースは2560mm。インテリアは、GRヤリス専用デザインのステアリングホイールや専用スポーツメーター、アルミスポーツパッド付きペダルなどが装着される。乗車定員は4人。荷室の容量は満乗車の状態で141リッターとなっている。

グレードは計4種類。最高出力272PS、最大トルク370N・mを発生する1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンに6段MTが組み合わされた「RZ」と、その装備を充実させた「RZ“ハイパフォーマンス”」のほか、同パワーユニットを搭載し装備が省略された軽量な競技向けベースモデル「RC」、そして1.5リッター直3エンジン(最高出力120PS、最大トルク145N・m)に発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「RS」がラインナップされる。

ベーシックなRSのみFF車で、RC、RZ、RZ“ハイパフォーマンス”の3モデルは、多板クラッチによる前後駆動力可変システムが採用された「GR-FOUR」を搭載する4WD車となる。

各モデルの価格は以下の通り。

  • RS(FF/CVT):265万円
  • RC(4WD/6MT):330万円
  • RZ(4WD/6MT):396万円
  • RZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT):456万円

生産を担うのは、愛知・元町工場の専用ライン「GRファクトリー」。月間の目標販売台数は1100台となっている。

(webCG)

◆ギャラリー:トヨタGRヤリス(前編)
◆ギャラリー:トヨタGRヤリス(後編)

関連キーワード:
GRヤリス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る