「BMW X7」にダークカラーでコーディネートした「エディションダークシャドウ」登場

2020.09.09 自動車ニュース
BMW X7エディションダークシャドウ
BMW X7エディションダークシャドウ拡大

BMWジャパンは2020年9月8日、最上級SUV「BMW X7」に漆黒をテーマに仕立てた特別仕様車「Edition Dark Shadow(エディションダークシャドウ)」を設定。BMWオンラインストアにおいて7台の台数限定で、同年9月15日の午前11時に発売すると発表した。

外装色は「BMWインディビジュアル」の「フローズンアークティックグレー」と呼ばれるもの。
外装色は「BMWインディビジュアル」の「フローズンアークティックグレー」と呼ばれるもの。拡大
ダッシュボードは、ナイトブルー色のメリノレザーで仕上げられている。
ダッシュボードは、ナイトブルー色のメリノレザーで仕上げられている。拡大
ナイトブルー×ブラックのコンビネーションとなるシート表皮を採用。
ナイトブルー×ブラックのコンビネーションとなるシート表皮を採用。拡大
ナイトブルー色のヘッドライナー部分には、スエード調素材のアルカンターラが使用される。
ナイトブルー色のヘッドライナー部分には、スエード調素材のアルカンターラが使用される。拡大
センターコンソール部分に備わる「Edition Dark Shadow」のロゴ。
センターコンソール部分に備わる「Edition Dark Shadow」のロゴ。拡大

今回のBMW X7エディションダークシャドウは「X7 M50i」をベースに、外装を専用のダークエレメントで統一するとともに、内装にナイトブルー色を用いて特別な空間演出を施したモデル。スポーティーかつ独創的なエクステリアデザインと、夜を彩るラグジュアリーな世界観を表現したインテリアが特徴という。

ベースとなるM50iは、最高出力530PSの4.4リッターV8ターボエンジンや3列シートレイアウト、走行や路面状況に合わせて車高を自動調整する4輪アダプティブエアサスペンションを搭載。高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」や35km/h以下での走行時に直近50mの軌跡を記憶し、通ってきた道を自動で後退可能な「リバースアシスト」などを含む最新の運転支援システムも備わっている。

X7エディションダークシャドーの主な特別装備は以下の通り。

  • ボディーカラー(BMWインディビジュアル フローズンアークティックグレー)
  • BMWインディビジュアル ハイグロスシャドーラインエクステンデッド(ブラックキドニーグリル、バンパーインサート、ドアミラー、エアブリーザー)
  • 22インチMアロイホイール(ジェットブラック)
  • フルレザーメリノシート(ナイトブルー/ブラック バイカラー)
  • 専用アルカンターラヘッドライナー(ナイトブルー)
  • 専用メリノレザーダッシュボード(ナイトブルー)
  • 専用「Edition Dark Shadow」レタリング
  • サンプロテクションガラス

価格は1860万円。購入者には成約記念特典として、同モデルに着想を得たという清水焼の丈夫窯・加藤丈尋(かとうたけひろ)氏の手になる飾り皿が提供される。

(webCG)

関連キーワード:
X7, BMW, 自動車ニュース

BMW の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X7 2018.10.22 画像・写真 BMWが新しいフラッグシップSUV「X7」を発表。BMWとしては初となる3列シートの大型SUVで、最上級グレード「M50d」には400psの3リッター直6ディーゼルを搭載する。日本にも導入される予定のニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • BMW X3 xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 BMWのミドルクラスSUV「X3」に、プラグインハイブリッド車の「xDrive30e」が登場。大容量のバッテリーと外部充電機能を備えたニューモデルは、さまざまな走り方はもちろん、さまざまな使い方もできる一台に仕上がっていた。
  • BMW X7 M50i(4WD/8AT)【試乗記】 2020.6.16 試乗記 巨大な“キドニーグリル”と圧倒的なボディーサイズが特徴の「BMW X7」。ハイパフォーマンスとラグジュアリーな世界観を両立させたという最上級SUVの実力を確かめるために、トップモデル「M50i」をロングドライブに連れ出した。
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
ホームへ戻る