こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する

2020.09.16 デイリーコラム

ライバルよりも18万円安い

最近は安全装備の充実などによってクルマの価格が高まった影響もあり、1.5リッター以下のエンジンを搭載するコンパクトな車種の人気が高い。また外観のカッコ良さと快適な居住性、優れた積載性などを両立させたことから、SUVも売れ筋だ。この2つの市場動向から、コンパクトSUVが注目されている。

なかでも好調に売れそうなコンパクトSUVが、2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」だ。1.5リッターの直列3気筒エンジンとこれをベースとしたハイブリッド、さらにプラットフォームなどは「ヤリス」と共通化されている。

そしてヤリス クロスは、ほかのコンパクトSUVに比べて価格が安いのが特徴だ。2WDの「ハイブリッドZ」は258万4000円で、同水準の装備とシリーズハイブリッドの「e-POWER」を搭載する「日産キックスX」(275万9900円)に比べると17万5900円安い。

また同等の装備を採用したホンダの「ヴェゼル ハイブリッドZ Honda SENSING」(276万0186円)と比べても、ヤリス クロスの方が17万6186円安い。このようにヤリス クロスの価格は、ライバル車よりも約18万円安いことが分かる。

一般的にコンパクトSUVの価格は、同じプラットフォームを使う5ドアハッチバックのコンパクトカーに比べると、装備の違いを補正しても35~40万円高いのが相場だ。キックスと「ノート」、ヴェゼルと「フィット」の差額はおおよそこの関係になる。

ところがヤリス クロスは、装備の違いを補正するとヤリスから約18万円の上乗せに抑えた。従ってキックスやヴェゼルと比較しても、18万円安く収まるわけだ。

2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」。価格は1.5リッター純エンジン車が179万8000円~244万1000円で、1.5リッターハイブリッド車が228万4000円~281万5000円。
2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」。価格は1.5リッター純エンジン車が179万8000円~244万1000円で、1.5リッターハイブリッド車が228万4000円~281万5000円。拡大
2020年6月30日に発売された「日産キックス」は275万9900円の「X」と286万9900円の「Xツートーンインテリアエディション」の2グレード展開。
2020年6月30日に発売された「日産キックス」は275万9900円の「X」と286万9900円の「Xツートーンインテリアエディション」の2グレード展開。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
  • マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売 2020.10.8 自動車ニュース マツダは2020年10月8日、新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売した。同社の新世代商品群第3弾であり、既存のSUVラインナップとはひと味違ったエクステリアデザインや、センターオープン式の「フリースタイルドア」などが特徴となっている。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
ホームへ戻る