こんなに安いのはなぜなのか!? 「トヨタ・ヤリス クロス」の価格を検証する

2020.09.16 デイリーコラム

ライバルよりも18万円安い

最近は安全装備の充実などによってクルマの価格が高まった影響もあり、1.5リッター以下のエンジンを搭載するコンパクトな車種の人気が高い。また外観のカッコ良さと快適な居住性、優れた積載性などを両立させたことから、SUVも売れ筋だ。この2つの市場動向から、コンパクトSUVが注目されている。

なかでも好調に売れそうなコンパクトSUVが、2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」だ。1.5リッターの直列3気筒エンジンとこれをベースとしたハイブリッド、さらにプラットフォームなどは「ヤリス」と共通化されている。

そしてヤリス クロスは、ほかのコンパクトSUVに比べて価格が安いのが特徴だ。2WDの「ハイブリッドZ」は258万4000円で、同水準の装備とシリーズハイブリッドの「e-POWER」を搭載する「日産キックスX」(275万9900円)に比べると17万5900円安い。

また同等の装備を採用したホンダの「ヴェゼル ハイブリッドZ Honda SENSING」(276万0186円)と比べても、ヤリス クロスの方が17万6186円安い。このようにヤリス クロスの価格は、ライバル車よりも約18万円安いことが分かる。

一般的にコンパクトSUVの価格は、同じプラットフォームを使う5ドアハッチバックのコンパクトカーに比べると、装備の違いを補正しても35~40万円高いのが相場だ。キックスと「ノート」、ヴェゼルと「フィット」の差額はおおよそこの関係になる。

ところがヤリス クロスは、装備の違いを補正するとヤリスから約18万円の上乗せに抑えた。従ってキックスやヴェゼルと比較しても、18万円安く収まるわけだ。

2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」。価格は1.5リッター純エンジン車が179万8000円~244万1000円で、1.5リッターハイブリッド車が228万4000円~281万5000円。
2020年8月31日に発売された「トヨタ・ヤリス クロス」。価格は1.5リッター純エンジン車が179万8000円~244万1000円で、1.5リッターハイブリッド車が228万4000円~281万5000円。拡大
2020年6月30日に発売された「日産キックス」は275万9900円の「X」と286万9900円の「Xツートーンインテリアエディション」の2グレード展開。
2020年6月30日に発売された「日産キックス」は275万9900円の「X」と286万9900円の「Xツートーンインテリアエディション」の2グレード展開。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • スバルが新型「レヴォーグ」の概要を公開 2020年10月15日に正式発表 2020.8.20 自動車ニュース スバルは2020年8月20日、2代目となる新型「スバル・レヴォーグ」の概要を発表。同日、先行予約の受け付けを開始した。今回のモデルチェンジでは、車体からパワートレイン、運転支援システムに至るまで大幅に手が入れられている。
ホームへ戻る