アップサイジングしやすい仕組み

コンパクトサイズに注目すると、シティー派がヤリス クロス、ラフロード派がライズになり、この2車種が価格で重複すると、トヨタSUV軍団の内部で争ってしまう。そこで純エンジン車で比べた場合、「ライズZ」が206万円、「ヤリス クロスZ」が221万円、さらにミドルサイズの「C-HR S-T」が241万5000円という具合に、互いの価格が重複しないように配慮されている(すべてFF車の価格)。

仮にヤリス クロスZがライバル車と同様に18万円高かったら、239万円になって241万5000円のC-HR S-Tとかぶってしまう。C-HRの1.2リッターターボはヤリス クロスの1.5リッター自然吸気エンジンよりもトルクがあってボディーも大きいから、ヤリス クロスに割高感が生じることになる。

今後のトヨタは、SUV軍団によって国内市場を牛耳るというもくろみがあるため、周到に用意を進めている。ヤリス クロスの価格もそのひとつだ。それはちょうど、昔の「カローラ」→「コロナ」→「マークII」→「クラウン」というエスカレーター式の車種構成に似ている。

当時はカローラとコロナ/マークIIとでは販売店が違ったが、今は全店が全車を扱う。従ってヤリス クロスのユーザーをC-HR、さらにハリアーへと誘導するアップサイジング戦略が、従来以上に行いやすくなった。

今のダウンサイジング傾向が続くと、日本はどんどんもうからない市場になっていく。このメーカーにとっての悪循環に終止符を打つことも、トヨタSUV軍団の目的に含まれている。トヨタが珍しく、国内市場に本気で熱く取り組んでいる。

(文=渡辺陽一郎/写真=トヨタ自動車、日産自動車/編集=藤沢 勝)

トヨタで最も小さいSUV「ライズ」の価格は167万9000円~228万2200円。
トヨタで最も小さいSUV「ライズ」の価格は167万9000円~228万2200円。拡大
「C-HR」の価格は238万2000円~304万5000円。「ライズ」も含めて「ヤリス クロス」(179万8000円~281万5000円)の価格とオーバーラップさせることでユーザーにアップサイジングを勧めやすくなる絶妙な価格設定だ。
「C-HR」の価格は238万2000円~304万5000円。「ライズ」も含めて「ヤリス クロス」(179万8000円~281万5000円)の価格とオーバーラップさせることでユーザーにアップサイジングを勧めやすくなる絶妙な価格設定だ。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスクロス プロトタイプ【試乗記】 2020.7.30 試乗記 着々とSUVラインナップの整備を進めるトヨタが、2020年秋にはさらに「ヤリスクロス」を投入する。発売前のプロトタイプモデルに試乗し、「ヤリス」のSUV版をうたうニューモデルの仕上がりを試した。
  • トヨタ・ハリアーZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.9.1 試乗記 初代の登場から20年以上、4世代にわたって進化してきた「トヨタ・ハリアー」。元祖“都市型SUV”の最新型は、そのパイオニアとしてのプライドが感じられるほど、すきのない完成度を見せてくれた。
  • トヨタ・ハリアー【試乗記】 2020.7.21 試乗記 都市型SUVのパイオニアである「トヨタ・ハリアー」がフルモデルチェンジ。4代目となる新型の走りの印象や装備の使い勝手、さらには車台を共有する「RAV4」との乗り味のちがいなどをリポートする。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2020.9.7 試乗記 トヨタのラグジュアリーSUV「ハリアー」が4代目となる新型に生まれ変わった。その仕上がりにスキはなく、見ても乗ってもさすが最新モデルという完成度だ。だけどオーナーは出来栄えに満足する一方で、それに付随する別な悩みを抱えることになるだろう。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.8.22 試乗記 発売迫る「スバル・レヴォーグ」の新型に先行試乗。人気のスポーツワゴンの2代目は、どんなクルマに仕上がったのか? プロトタイプの試乗会でわかった“先代からの進化”について詳しくリポートする。
ホームへ戻る