代理店がなくても「ゴードン・マレーT.50」は買えた!? 夢のハイパーカー購入の手引き

2020.09.14 デイリーコラム

“お店”もないのにどうやって買うの?

新車でも中古車でもいざ買うとなれば、ディーラーやショップで検討し、申し込み契約書にハンコをついて、さまざまな書類を用意し、ひどく面倒な手続きを踏まえてようやく納車という一大儀式に至る。クルマを買うということは日本に住まうわれわれにとってはなんとも大層な行為である。それゆえ、そんな“悪習”に慣れた人には、それ以外の買い方など想像もつかないことに違いない。

例えば、「日本に正規輸入代理店のない外国車が欲しい!」と思ったときだ。フォードやダッジといった名の通った有名ブランドなら得意とする並行輸入業者もあるし、外国のディーラーも想像できるからまだしも超えるべき壁は低い。けれども見たことも聞いたこともない新興メーカーのスーパー高額車両が相手となれば、たいていの人がもうその時点=輸入元がないという時点で、購入をギブアップしてしまうに違いない。

もちろん、新興ブランドには信用もなにもないわけで、現地のショールームだって機能しているのかどうか日本からじゃ分かりづらいことも確かだ。触らぬ神にたたりなし、で諦めるのが無難というもの。けれども、それじゃ人と全く違うクルマに巡り会うこともまた難し。虎穴に入らずんば虎児を得ず、とも言うではないか。

先日、かのゴードン・マレーが、スーパーカーマニアなら誰もが操ってみたいと思わせる内容の新型スーパースポーツ「T.50」を発表した。これなどは、「どうやって買えばいいのか、まるで見当もつかない」良い例だろう。けれども実際には、けっこうな数の日本人が既にオーダーしたというウワサだ。世界でも限定100台ぶんなど今年初めのコロナ騒動前、つまりは正式発表の随分前にはもう完売のメドがたっていたらしい。この手のハイパーカーでは発表即完売が“習わし”になっている。

では、いったいどうしてオーダーしたのだろう?

ゴードン・マレー・オートモーティブが発表した新型スーパーカー「T.50」。
ゴードン・マレー・オートモーティブが発表した新型スーパーカー「T.50」。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事