真のマニアが乗るべきは

最近登場したクルマの中で、GRヤリスがモテないカーの典型ならば、モテそうカーの典型は新型「トヨタ・ハリアー」だろう。

新型ハリアーは、レクサスRXに負けず劣らず、エレガントなフォルムを持つイケメンである。ちょっと自己愛の香りがないでもないが、スピードを出しそうな感じ(≒マッチョ系)ではないからオッケーだろう。

内装の質感は非常に高く、装備も充実している。そしてトドメがシートベンチレーターだ。

新型ハリアーは、レザーパッケージを選択すれば、「快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)」が標準装備される。完璧やないけ!

新型ハリアー(特にレザーパッケージ)は、女性にとって、自分を犠牲にして尽くしてくれるマメ男クン。しかもかなりのイケメンだ。レクサスRXとの差は、値段を聞かなければわからないだろう。

しかし、真のカーマニアは、決して新型ハリアーに乗ることはない。確かにシャシーからなにから素晴らしくよくできているが、どんなにいいクルマでも、こういうクルマはカーマニアの心には響かない。

なぜなら、自分の分身として愛することができないタイプだからだ。私は絶対買わないし、ほった君も買わないだろう。

つーか、新型ハリアーに乗ってるほった君を想像するだけで、なんだかちょっとキモチワルイ。逆にほった君がGRヤリスに乗ってたら、カーマニアは拍手喝采だ。

私は……。いや、私は同じモテないカーでも、フェラーリでいいです。GRヤリスはちょっとタイプじゃないんで。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

新型SUV「トヨタ・ハリアー」は、「モテそうカー」の典型だ。内装の質感が高く、装備も充実。「レクサスRX」に負けず劣らずのイケメンでもある。
新型SUV「トヨタ・ハリアー」は、「モテそうカー」の典型だ。内装の質感が高く、装備も充実。「レクサスRX」に負けず劣らずのイケメンでもある。拡大
「ハリアーZ“レザーパッケージ”」のフロントシート。「快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)」が標準装備される。
「ハリアーZ“レザーパッケージ”」のフロントシート。「快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)」が標準装備される。拡大
新型ハリアーの「レザーパッケージ」グレードに備わる「快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)」のスイッチ。センターコンソールにある12.3インチの液晶ディスプレイでも、このスイッチと同様に温度や風量の調整が行える。
新型ハリアーの「レザーパッケージ」グレードに備わる「快適温熱シート+シートベンチレーション(運転席・助手席)」のスイッチ。センターコンソールにある12.3インチの液晶ディスプレイでも、このスイッチと同様に温度や風量の調整が行える。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(後編) 2020.10.22 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝がハイブリッドの「トヨタ・ヤリス クロス」にワインディングロードで試乗。セールス好調が伝えられる新型コンパクトSUVの仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
ホームへ戻る