クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン(FF/7AT)

君はロックを聴かないのか 2020.09.17 試乗記 フォルクスワーゲンから“コンパクトSUV 3兄弟”のトリをかざるニューモデル「Tロック」が登場。「コンパクトSUV市場をロック(rock=揺さぶる)する」というメッセージとともに送り出された新顔の実力を確かめた。

ゴルフに近いサイズ感

「T」の名がつくフォルクスワーゲンはSUV、と覚えればいいらしい。新たに導入されたTロックは、「ティグアン」と「Tクロス」の間に入る大きさだ。大兄貴の「トゥアレグ」は日本から去ってしまっているので、現行のラインナップはその3台。TTT兄弟である。Tクロスを発売したとき、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)はスモールサイズであることを伝えようとして “TさいSUV”という表現を使っていたが、今回はダジャレを封印したようだ。賢明な判断だと思う。

Tロック(T-Roc)という名前は岩(rock)の転がる悪路をものともしないというイメージを担うとともに、揺り動かす(rock)というメッセージも込められているという。コンパクトSUVというジャンルを揺さぶって新たな価値をつくり出そうという意欲が感じられる命名だ。怒りとプロテスト精神で既成概念を転倒させようとするロック(Rock Music)の心意気も備えているはずである。激戦区を勝ち抜くための準備は整っているのだろう。

全長4250mm、全幅1825mmという大きさは、売れ筋SUVのど真ん中だ。日本では「トヨタC-HR」「ホンダ・ヴェゼル」「マツダCX-30」「日産キックス」といったモデルが直接のライバルとなる。それぞれ微妙にサイズが異なっていて、その中でTロックは全幅が一番広い。全高が1590mmなので立体駐車場に入れるのはちょっと厳しそうだ。

同じフォルクスワーゲンの中では、サイズ感が「ゴルフ」と近い。もちろん全高だけは大きく異なっていて、Tロックのほうが110mm高くなっている。ホイールベースは2590mmと、ゴルフと「ポロ」のちょうど中間。プラットフォームはいずれも共通=「MQB」で、サスペンション形式もポロやゴルフの標準モデルと同じである。「○○のSUV版」といったアナウンスはないから「トヨタ・ヤリス」と「ヤリス クロス」のような関係性ではないのだろうが、Tロックを例えば「ゴルフのSUV版」と受け止めるユーザーがいてもおかしくはない。

2017年8月に世界初公開された「フォルクスワーゲンTロック」。デビューは弟分の「Tクロス」より早かったが、日本導入はこちらのほうが後となった。
2017年8月に世界初公開された「フォルクスワーゲンTロック」。デビューは弟分の「Tクロス」より早かったが、日本導入はこちらのほうが後となった。拡大
ボディーサイズは同門の「ゴルフ」に近く、「Tロック」のほうが車高が高い一方で、全長とホイールベースは短くなっている。
ボディーサイズは同門の「ゴルフ」に近く、「Tロック」のほうが車高が高い一方で、全長とホイールベースは短くなっている。拡大
インストゥルメントパネルまわりでは、センターディスプレイをダッシュボードの最上段、メーターパネルと同じ高さに据えている点が特徴。視点移動の少ない、昨今のフォルクスワーゲン車に共通する思想である。
インストゥルメントパネルまわりでは、センターディスプレイをダッシュボードの最上段、メーターパネルと同じ高さに据えている点が特徴。視点移動の少ない、昨今のフォルクスワーゲン車に共通する思想である。拡大
今回の試乗車は、スポーティーな内外装の意匠や、充実した装備が特徴の最上級グレード「TDI Rライン」である。
今回の試乗車は、スポーティーな内外装の意匠や、充実した装備が特徴の最上級グレード「TDI Rライン」である。拡大

トレンドを取り入れながらも生真面目

ただし、実物を見るとゴルフやポロとの共通点は何も感じられない。それらが堂々たるオーセンティックなたたずまいであるのに対し、Tロックはカジュアルさと新しもの感が強いのだ。ツートーンの外板色は、フォルクスワーゲンのSUVとしてはこれが初だそうで、意識的にトレンドを取り入れている。試乗車はグレーメタリックとブラックルーフの組み合わせだったので目立たないが、彩度の高いカラーとホワイトルーフならポップ感が強くなるはずだ。“クーペSUV”と位置づけているように、Tロックはビジュアルを重視したモデルである。ルーフが後方に向けて緩やかに下降し、Cピラーははっきりと前傾している。

スポーティーなシルエットを得たことの代償で、荷室スペースはTクロスの455リッターより少ない445リッターにとどまった。ただ、日本のライバルにこの容量を上回るモデルはなく、十分に実用的な荷室である。もちろん、ゴルフの380リッターに比べればはるかに大きい。60:40の分割可倒式リアシートを倒せば、1290リッターの大スペースが出現する。

インテリアはフォルクスワーゲンらしい実直さを保ちながら、最新のテクノロジーと装いを取り入れている。「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」と名付けられたメーターパネルはフルデジタルで、高解像度のモニターは視認性が高い。アナログのスピードメーターと回転計を主とした表示はもちろん、パネルの幅いっぱいにマップを映し出すこともできる。インフォテインメントシステム「Discover Pro(ディスカバープロ)」の機能はダッシュボードのモニターに集約されており、一方で、エアコンのスイッチなどはごく一般的なダイヤル式。奇をてらわずに使いやすさを優先するのがこのブランドの哲学である。

流行のコンパクトSUVであっても浮ついた気分は見せず、生真面目に良質なクルマづくりを貫く。内外の設(しつら)えに色気はあまり感じないが、フォルクスワーゲンのファンはそういうものを求めてはいないはずだ。

外観では、大きく傾斜したCピラーが特徴。ボディーカラーは全9色で、色や車両のグレードによっては、ブラックやホワイトのルーフカラーも用意されている。
外観では、大きく傾斜したCピラーが特徴。ボディーカラーは全9色で、色や車両のグレードによっては、ブラックやホワイトのルーフカラーも用意されている。拡大
445リッターという広い荷室容量も「Tロック」の特徴。可動式のフロアボードは利便性が高く、写真のように“深底”にもできる。また荷室の側壁には、床下に物を収納する際にフロアボードを開けた状態で固定できるフックも備わっている。
445リッターという広い荷室容量も「Tロック」の特徴。可動式のフロアボードは利便性が高く、写真のように“深底”にもできる。また荷室の側壁には、床下に物を収納する際にフロアボードを開けた状態で固定できるフックも備わっている。拡大
デジタルメータークラスターの「Active Info Display」は全グレード標準装備。表示内容は柔軟に変更可能で、写真の通りナビ画面を大写しにもできる。
デジタルメータークラスターの「Active Info Display」は全グレード標準装備。表示内容は柔軟に変更可能で、写真の通りナビ画面を大写しにもできる。拡大
全車に装備される純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」は、Apple CarPlayやAndroid Autoといった携帯端末のミラーリングに対応。音量調整と地図の縮尺はダイヤル式のコントローラーで行う。
全車に装備される純正インフォテインメントシステム「Discover Pro」は、Apple CarPlayやAndroid Autoといった携帯端末のミラーリングに対応。音量調整と地図の縮尺はダイヤル式のコントローラーで行う。拡大

高速コーナーでも安定した走り

試乗車を受け取って走りだしたとき、おや? と思った。初めて乗るのだから慎重にスタートしたのだが、それにしても思いのほか穏やかな発進である。アクセルを踏みそこなったのかと思ったほどで、少々もどかしく感じた。エンジンの回転が上がっていけば不満は解消されるが、低速域では反応の悪さに困惑したのは事実だ。7段DSGのしつけはよく、ギクシャクすることがないのはありがたい。

搭載されているのは2リッターディーゼルターボエンジン。現状では、日本で買えるTロックに用意されているのはこのパワーユニットのみである。最高出力150PS、最大トルク340N・mという数値は決して物足りないとはいえない。意図的に出足を抑えているのだとすると、排ガス的に何か問題が生じるのを気にしているのかしらんと、いらぬ勘ぐりをしてしまった。本国にはガソリンエンジンモデルもあるので、これから選択肢が増える可能性がある。駆動方式がFFだけとなっている状況も変わるのではないか。

最初に乗ったのが雨の夜で、しかもフロントガラスが油膜でギラついているという最悪の状況だった。それでも狭い道をクリアできたのだから、見切りがいいということなのだろう。最小回転半径が5.0mということで、小回り性もいい。都市部の道路状況でも不便を感じることはなさそうである。

やはり高速道路での巡航は得意科目だ。アイドリング時や街なかの運転ではディーゼルエンジンらしい音が侵入してくるのを意識したが、スピードに乗ってしまえば低い回転で静かに走る。高速コーナーでも安定していて、背の高さがネガティブに感じられることはない。路面の悪いところではそれなりにショックを伝えるが、剛性感があって安心できる。

試乗車は最上級のRラインで、アダプティブシャシーコントロールの「DCC」が装備されていた。「ノーマル」「コンフォート」「スポーツ」という3つのモードを切り替えられる。ただし、スポーツモードを選んでも、ワインディングロードで特にエキサイティングな経験ができるわけではない。スポーティーな運転を楽しむことより、安全で確実な移動を提供することを重視したクルマなのだ。

「Tロック」の燃費は18.6km/リッター(WLTCモード)。アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生機構の採用で、高効率な走りを実現している。
「Tロック」の燃費は18.6km/リッター(WLTCモード)。アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生機構の採用で、高効率な走りを実現している。拡大
日本仕様に搭載されるのは2リッター直4ディーゼルターボエンジンのみだが、本国仕様には1~2リッターのガソリンエンジンや、1.6リッターのディーゼルエンジンも用意されている。
日本仕様に搭載されるのは2リッター直4ディーゼルターボエンジンのみだが、本国仕様には1~2リッターのガソリンエンジンや、1.6リッターのディーゼルエンジンも用意されている。拡大
トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの7段DSG。シフトパドルが全車に装備される。
トランスミッションはデュアルクラッチ式ATの7段DSG。シフトパドルが全車に装備される。拡大
「TDIスタイル」以外に装備される、走行モード切り替え機構の「ドライビングプロファイル機能」。「TDI Rライン」には可変ダンパーが装備されるので、走行モードに応じて乗り心地も変化する。
「TDIスタイル」以外に装備される、走行モード切り替え機構の「ドライビングプロファイル機能」。「TDI Rライン」には可変ダンパーが装備されるので、走行モードに応じて乗り心地も変化する。拡大
「TDI Rライン」に装備される5ダブルスポークの19インチアルミホイール。タイヤサイズは225/40R19と、他のグレード(215mm幅)より幅もワンサイズ大きい。
「TDI Rライン」に装備される5ダブルスポークの19インチアルミホイール。タイヤサイズは225/40R19と、他のグレード(215mm幅)より幅もワンサイズ大きい。拡大

優等生でオールマイティー

歩行者も検知する最新の先進安全装備が取り入れられており、ほとんどの機能が全車に標準装備されている。ACCは全車速対応だから、渋滞でも快適だ。ブレーキエネルギー回生システムが装備されていることもあって、燃費はWLTCモードで18.6km/リッターと良好な数値。突っ込みどころが見当たらない優等生キャラである。

それを自覚しているのか、Tロックのウェブサイトのトップページには「毎日とことん使える、オールマイティなSUV。」と記されている。ほかにも「とにかく便利で、どこまでも自由に走れるSUV」「あなたの365日を豊かに彩るクーペSUV」といった文言が並ぶ。CMのキャッチコピーは「いい日、そこに、T-ROC」。このクルマの特徴を表現するのに苦労しているようだ。

誰にでも自信を持って薦められるが、ライバル車に比べて突出している部分をアピールするのは難しい。動力性能や安全性能、環境性能はすべて基準以上だが、ぶっちぎりのダントツと主張するのは無理だ。オシャレ度は高いけれど、クーペSUVというコンセプトは目新しいものではなくなっているし、フランス勢に目を向ければデザイン性に振り切ったモデルも存在する。平均点が高く、スキを見せない。その堅実がドイツ車らしさ、フォルクスワーゲンらしさともいえるのだが。

思えば、1997年に登場した「トヨタ・ハリアー」は衝撃的だった。それまでには存在しなかったプレミアムクロスオーバーSUVというジャンルをつくり出したのだ。「WILD but FORMAL」を体現したハリアーは、確かにクルマのあり方を揺り動かしたのである。SUVというのはまだ歴史の浅いカテゴリーで、新たな価値を創造する余地はいくらでも残されている。かつてゴルフという革命的なコンパクトカーを誕生させたフォルクスワーゲンなら、もっとロックなSUVがつくれるに違いないと期待してしまう。

(文=鈴木真人/写真=郡大二郎/編集=堀田剛資)

運転支援システムや予防安全装置の充実度は、このクラスでは標準的。衝突時に自動で車速を10km/h以下に下げるポストコリジョンブレーキシステムを備えるなど、2次被害の予防まで配慮している点が特徴といえる。
運転支援システムや予防安全装置の充実度は、このクラスでは標準的。衝突時に自動で車速を10km/h以下に下げるポストコリジョンブレーキシステムを備えるなど、2次被害の予防まで配慮している点が特徴といえる。拡大
「TDI Rライン」と「TDIスポーツ」には、表皮の意匠は異なるものの、ともにスポーツシートが装備される。TDIスポーツにオプションで用意されるヒーター付きレザーシートは、TDI Rラインでは選択できない。
「TDI Rライン」と「TDIスポーツ」には、表皮の意匠は異なるものの、ともにスポーツシートが装備される。TDIスポーツにオプションで用意されるヒーター付きレザーシートは、TDI Rラインでは選択できない。拡大
リアシートは4:2:4の3分割可倒式。閉塞(へいそく)感を抑えるべく、シート高はフロントの572mmに対して618mmとなっている。
リアシートは4:2:4の3分割可倒式。閉塞(へいそく)感を抑えるべく、シート高はフロントの572mmに対して618mmとなっている。拡大
フォルクスワーゲン最新のコンパクトSUVは、オールマイティーなキャラクターが特徴の、広く薦められるモデルに仕上がっていた。
フォルクスワーゲン最新のコンパクトSUVは、オールマイティーなキャラクターが特徴の、広く薦められるモデルに仕上がっていた。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4250×1825×1590mm
ホイールベース:2590mm
車重:1430kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/3500-4000rpm
最大トルク:340N・m(34.7kgf・m)/1750-3000rpm
タイヤ:(前)225/40R19 93W/(後)225/40R19 93W(ブリヂストン・ポテンザS001)
燃費:18.6km/リッター(WLTCモード)/19.5km/リッター(JC08モード)
価格:453万9000円/テスト車=457万5300円
オプション装備:なし ※以下、販売店オプション フロアマット<テキスタイル>(3万6300円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:4071km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(7)/山岳路(0)
テスト距離:490.4km
使用燃料:41.4リッター(軽油)
参考燃費:11.8km/リッター(満タン法)/12.1km/リッター(車載燃費計計測値)

フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン
フォルクスワーゲンTロックTDI Rライン拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。