BMWが新型「M3セダン」と「M4クーペ」を世界初公開

2020.09.24 自動車ニュース
新型「BMW M3セダン」(写真右)と「M4クーペ」(同右)。
新型「BMW M3セダン」(写真右)と「M4クーペ」(同右)。拡大

独BMWは2020年9月23日(現地時間)、「M3セダン」および「M4クーペ」の新型を世界初公開した。

フロントまわりでは大型のキドニーグリルが目を引く。
フロントまわりでは大型のキドニーグリルが目を引く。拡大
リアには大型のエアディフューザーが装着される。
リアには大型のエアディフューザーが装着される。拡大
 
BMWが新型「M3セダン」と「M4クーペ」を世界初公開の画像拡大
 
BMWが新型「M3セダン」と「M4クーペ」を世界初公開の画像拡大

M3セダン/M4クーペはBMWの「3シリーズ」と「4シリーズ」をベースにBMW Mがチューニングを施したハイパフォーマンスモデルである。現行モデルと同様、新型にもノーマルバージョンと高出力バージョンの「コンペティション」がラインナップされている。

フロントセクションで目を引くのはボンネット前端からバンパーの下端にまで達する巨大なキドニーグリルだ。フレームレス化とブラックアウト化によってスポーティーさを高めているほか、高い冷却効果によってエンジンパフォーマンスを担保するとうたわれている。リアには4枚のフィンを備えた大型のディフューザーを採用。4本出しのマフラーエンドは2本ずつフィンに挟まれるようにレイアウトされる。カーボンルーフは全車に標準装備となる。

パワーユニットには3リッターの直列6気筒ツインターボエンジンを採用。ノーマルバージョンでは最高出力480PS/6250rpmと最大トルク550N・m/2650-6130rpmを、コンペティションでは同510PS/6250rpmと同650N・m/2750-5500rpmを発生する。変速機はノーマルモデルにはギアシフトアシスト機構付きの6段MTを、コンペティションにはドライブロジック付きの8段ATを組み合わせている。駆動方式はRWDを基本に、コンペティションにはM3/M4シリーズ初となる4WDも用意される(2021年夏に導入予定)。

新型M3セダン/M4クーペのデリバリーは2021年の3月から始まる予定とアナウンスされている。

(webCG)

関連キーワード:
M3セダン, M4クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.16 試乗記 BMWの根幹をなすDセグメントの商品群。そこに属する2ドアクーペ「4シリーズ クーペ」が、2代目にモデルチェンジした。アグレッシブなフロントマスクが注目を集めているが、その実力はどれほどのものなのか? 直6モデルの「M440i xDrive」で確かめた。
  • BMW M3セダン コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2017.12.21 試乗記 BMW伝統の高性能セダン「M3」に、さらに動力性能を突き詰めた上級グレード「コンペティション」が登場。よりパワフルなエンジンと専用チューニングの足まわり、そして多彩なセッティングを可能にする可変制御システムがかなえる走りを試す。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • BMW X4 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.17 試乗記 BMWがスポーツアクティビティークーペと呼ぶ「X4」に、ディーゼルモデル「xDrive20d Mスポーツ」が追加された。スタイリッシュなクーペフォルムと最高出力190PSの2リッターディーゼルターボが織りなす、走りの印象は?
ホームへ戻る