新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由

2020.09.30 デイリーコラム

写真を見て感じた「イイね!」

「フェアレディZ プロトタイプ」が横浜で世界初公開! 日本のみならず世界中のZファンが熱狂! 公開翌日、そのデザインについてフェイスブックで肯定的な感想を書いたところ、700以上の「いいね!」をもらって感動! ……ただ、200近くいただいたコメントを読むと、賛否相半ばしていた。それも肯定派は「いまひとつだけどアリかな?」的なものが多く、否定派は「顔がNHKのどーもくん!」とか、「初代のオマージュなのにロングノーズじゃない!」といった真っ向全否定派が多数を占めていた。

個人的には、写真を見た瞬間「イイね!」と思ったんだけどなぁ。どれくらいイイかというと、現行「マツダ・ロードスター」の写真を見た時が100だとすると、70くらいです。どっちも、初代のヘリテージを尊重しつつ、モタンかつシンプルに仕上げている点は同じ。ただ、ロードスターには初代を上回るエモーションがあったのに対して、Zにはそこまでのものはない。でもかなりイイ!

初代への回帰については、もろ手を挙げて賛成だ。もうスポーツカーのデザインは、新しさは“香り”程度で十分。それより過去の栄光への回帰が圧倒的に重要ではないだろうか? なぜなら、全世界で、スピードへの熱狂が過去のものになりつつあるから! よって現代のスポーツカーは、過去の熱狂を回顧させるデザインである必要がある。そう考えているのです。

発表会において、「日産フェアレディZ プロトタイプ」の説明を行う日産自動車の内田 誠CEO。
発表会において、「日産フェアレディZ プロトタイプ」の説明を行う日産自動車の内田 誠CEO。拡大
FR車ならではのロングノーズとショートデッキ、キャビンの頭頂部からリアエンドへとなだらかに下るルーフラインと、その姿はS30型こと初代「フェアレディZ」を強く意識したものだ。
FR車ならではのロングノーズとショートデッキ、キャビンの頭頂部からリアエンドへとなだらかに下るルーフラインと、その姿はS30型こと初代「フェアレディZ」を強く意識したものだ。拡大
これもS30型をオマージュしたという四角いフロントグリルと、丸く光るLED式のヘッドランプ。
これもS30型をオマージュしたという四角いフロントグリルと、丸く光るLED式のヘッドランプ。拡大
日産 フェアレディZ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フェアレディZ プロトタイプ 2020.9.16 画像・写真 日産が「フェアレディZ プロトタイプ」を世界初公開した。S30型と呼ばれる初代を筆頭に、歴代Zのモチーフを取り入れたというそのデザインは、7代目となる次期型フェアレディZにも踏襲されるという。同車の姿を、内覧会の様子とともに写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • 日産スカイライン400R(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.18 試乗記 デビュー6年目のマイナーチェンジで「日産スカイライン」に追加された、“走り”のグレード「400R」。400PSオーバーの3リッターV6ツインターボを積んだスポーツセダンは、かつてのスカイラインがそうだったように、特別なオーラを確かに漂わせていた。
  • 最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかに 2020.11.25 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年11月25日、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」の国内販売価格について3261万5000円と発表した。2021年の第2四半期以降のデリバリーが予定されている。
ホームへ戻る