プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビュー

2020.09.25 自動車ニュース
プジョー508プジョースポールエンジニアード
プジョー508プジョースポールエンジニアード拡大

グループPSAは2020年9月24日(現地時間)、プジョーブランドの高性能モデル「508プジョースポールエンジニアード(以下、508 PSE)」を発表した。

「508プジョースポールエンジニアード」には、「508SW」をベースとするワゴンモデルもラインナップされている。
「508プジョースポールエンジニアード」には、「508SW」をベースとするワゴンモデルもラインナップされている。拡大
ブラック基調のインテリア。シートにはレザーやアルカンターラがあしらわれる。
ブラック基調のインテリア。シートにはレザーやアルカンターラがあしらわれる。拡大
0-100km/hの加速タイムは5.2秒。最高速はリミッターで250km/hに制限される。
0-100km/hの加速タイムは5.2秒。最高速はリミッターで250km/hに制限される。拡大
内外装に点在するライムグリーンのアクセントが、特別なハイブリッドカーであることを主張する。
内外装に点在するライムグリーンのアクセントが、特別なハイブリッドカーであることを主張する。拡大
 
プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビューの画像拡大

プジョー508 PSEは、既存の「508」シリーズをベースに、プジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールが開発したハイパフォーマンスカー。いわゆるストロングハイブリッドの電動化モデルで、セダンとワゴンの2タイプがラインナップされる。

エンジンと併用されるモーターはフロントとリアに1基ずつ、計2基搭載されており、4輪を駆動する。システムの総出力は360PSで、最大トルクは520N・m。プジョーが生産してきた量産車の中で最もパワフルなモデルとアピールされる。

標準的な508に対しては、フロントのトレッドを24mm、リアのトレッドを12mm拡大。シートの位置も低められている。さらに、強化された動力性能に合わせ、380mm径のフロントブレーキディスクや20インチホイール、「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤが装着される。

走行モードは、以下の5つが用意される。

  • エレクトリックモード:0~140km/hの速度域でEV走行が可能に。航続距離は、欧州WLTPモードで42km。
  • ハイブリッドモード:状況に応じて内燃機関と電気モーターを自動的に選択し、エネルギー消費を最適化する。
  • コンフォートモード:ハイブリッドモードで、さらにサスペンションをソフトにし“ハイコンフォート”の走りを実現。
  • スポーツモード:360PSの最高出力を生かし究極のドライビングプレジャーを味わえるモード。ステアリング、ショックアブソーバー、アクセルマッピング、エンジンサウンドを統合制御する。常に最高のパワーを引き出せるよう、内燃機関がバッテリーを充電する。
  • 4WD:滑りやすい路面状況において、最大限の駆動力を発揮させる。

満充電に必要な時間は、標準的な家庭用コンセントでは7時間以内で、32Aのウオールボックスを使えば2時間以内とされる。

デザインの面では、シャープなデザインのグリルやバンパー、ボディー下部に追加されたエアロパーツ、レザー×3Dメッシュ×アルカンターラのコンビシートなどが特徴。キャビンや荷室の空間的な容量は、標準の508と同じであるという。またナイトビジョン、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警告システム、アクティブセーフティーブレーキといった安全装備の充実も、508 PSEのセリングポイントとなっている。

508 PSEはフランスのミュルーズで生産され、海外では2020年10月中旬に受注が開始されるが、日本市場への導入については現時点では未定とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー508 GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー208 GTライン(前編) 2020.10.1 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る