プジョー208 GTライン(前編)

2020.10.01 谷口信輝の新車試乗 フランス生まれのコンパクトハッチバック「プジョー208 GTライン」に谷口信輝が試乗。新世代プラットフォームを使って開発された最新型の仕上がりを、走りのプロはどう評価する?

いろいろと凝っている

今回、谷口信輝にテストしてもらったのは、フルモデルチェンジを受けたばかりのプジョー208である。

この208、プジョーとしてはかなり気合が入っていて、プラットフォームも最新のものだし、プジョーの十八番である「iコックピット」は情報が3次元的に表示される「3D iコックピット」を初採用しているほか、同じボディーでフルEVの「e-208」まで同時発売するなど、次世代を見据えた力作であることは間違いなさそうだ。

今回はまずクルマの外観から谷口にチェックしてもらった。
「ヘッドライトのところから下に伸びた細いライトは、なんですか?」

そう、あれこそプジョーの証し。兄貴分の「508」で登場したこのデザインはライオンの牙をイメージしたもので、実はヘッドライト内の3本線もライオンのかぎ爪がモチーフだという。
「ふーん、そうですか」

どうやら、谷口にはピンとこなかったようだ。
「そうですね、好みか好みじゃないかといわれれば、あんまり好みじゃない。というか、ぐっと引かれるものはありません。ただし、このクラスにしては全体的に安っぽく見えませんね。同じBセグメントの日本車と比べたら、外観は断然こっちのほうがいいんじゃないですか。一部、チリがあってなくて気になるところはありますが(笑)」

続いてサイドからボディー全体を眺めてもらった。
「なんか、全体的には丸みを帯びていますよね。ただし、スポーティーなデザインかといえば、それほどとは思いません。デザイン的には、フロントグリルを含めて、いろいろと凝っているとは思うんですけどね」

 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
 
プジョー208 GTライン(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208 GTライン(後編) 2020.10.8 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「プジョー208」に乗った谷口信輝は、「これなら安心してすすめられる」とつぶやいた。そんな評価の決め手となった、最新型の注目ポイントとは?
ホームへ戻る