「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車

2020.10.02 自動車ニュース
「トヨタRAV4アドベンチャー“オフロードパッケージ”」。ボディーカラーは「グレーメタリック」。
「トヨタRAV4アドベンチャー“オフロードパッケージ”」。ボディーカラーは「グレーメタリック」。拡大

トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。

こちらのボディーカラーは特別色の「スーパーホワイトII」。
こちらのボディーカラーは特別色の「スーパーホワイトII」。拡大
 
「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車の画像拡大
 
「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車の画像拡大
 
「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車の画像拡大
 
「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車の画像拡大

トヨタRAV4アドベンチャーは走行状況に応じて後輪へのトルク伝達を左右独立で制御する「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を搭載し、専用フロントマスクでオフロードイメージを強めたグレードである。今回の“オフロードパッケージ”は特別装備によって、さらに悪路走破性が強化されている。

エクステリアにはディーラーオプションの専用クロスバーを装着可能なブリッジ型ルーフレールを装備。専用サスペンションと18インチのオールテレインタイヤによってベース車よりも10mm高い210mmの最低地上高を確保する。マットブラック塗装が施されたアルミホイールも“オフロードパッケージ”専用だ。

インテリアには専用合皮のシートやインストゥルメントパネル、ドアトリムショルダーなどにレッドのステッチを採用。フロントカップホルダーやセンターオープントレイなどはレッド+ブラックで専用にコーディネートされる。

ボディーカラーは特別色の「スーパーホワイトII」に「グレーメタリック」「アティチュードブラックマイカ」を加えた全3色をラインナップ。価格はベース車よりも15万円高い346万円。

(webCG)

関連キーワード:
RAV4, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ RAV4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッドZ“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2020.10.27 試乗記 発売1カ月後の受注台数が、月販目標の3100台を大きく上回る4万5000台に達したというトヨタの新型SUV「ハリアー」。その人気の秘密を探るべく、最上級グレード「ハイブリッドZ“レザーパッケージ”」を郊外に連れ出した。
  • トヨタRAV4 PHV G(4WD/CVT)【試乗記】 2020.10.6 試乗記 エコはもちろん、パワフルな走りも自慢。トヨタのミドルクラスSUV「RAV4」にプラグインハイブリッドモデルの「RAV4 PHV」が登場。システム最高出力306PSを誇る高性能バージョンは、“シゲキ”より“上質さ”を感じさせるモデルに仕上がっていた。
  • トヨタが「RAV4」を一部改良 ディスプレイオーディオを全車に標準装備 2020.8.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月7日、SUV「RAV4」を一部改良し、発売した。今回の改良ではスマートフォンとの連携が可能なディスプレイオーディオを全車に標準装備としたほか、予防安全装備の強化も図っている。
ホームへ戻る