マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売

2020.10.08 自動車ニュース
マツダMX-30
マツダMX-30拡大

マツダは2020年10月8日、新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売した。

 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大

デザインテーマはヒューマンモダン

東京モーターショー2019で世界初公開されたMX-30は、「マツダ3」「CX-30」に続くマツダの新世代商品群第3弾となるニューモデルだ。「わたしらしく生きる」をコンセプトに、ユーザーがMX-30に触れたり乗り込んだりした際に心がととのえられる空間であることを目指している。

ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4395×1795×1550mmで、ホイールベースは2655mm。フットプリントは新世代商品群第2弾のCX-30と全く同じであり、10mmだけ背が高いディメンションとなっている。最低地上高はCX-30よりも5mm高い180mm。

デザインテーマは「ヒューマンモダン」。エクステリアでは見た人の記憶に残る強く美しい塊であることを第一に、要素をそぎ落としたシンプルな立体であることを目指した。フロントには他のマツダ車が使う「シグネチャーウイング」をあえて採用せず、彫りの深いヘッドランプのまなざしを強調。サイドビューでは強く傾斜したリアピラーによってボディー部分とキャビン部分との一体感を表している。

MX-30を最も特徴づけているのはBピラーレス構造によって実現した「フリースタイルドア」だ。フロントが82度、リアは80度まで開くこのセンターオープン式ドアにより、乗り降りのしやすさと後席へのアクセス性のよさを実現。リアシートに設置したチャイルドシートに子どもを乗せやすいといったメリットもあるという。

インテリアでは「開放感に包まれる」空間であることを指向。これまでマツダが追求してきたドライバーを中心とした空間という考えはそのままに、ダッシュボードの水平基調を強めることでワイド感を表現。エアコン操作をタッチパネル式としてシンプル化を進めたほか、センターコンソールをフローティング構造とすることでモダンな印象を強めている。ここに備わるシフトセレクターにはL字の操作パターンを採用。「P」「R」「D」を選択すると必ず端になる(レバーが壁に当たる)ようになっており、直感的かつ確実な操作を実現している。また、リアピラーが前傾したスタイリングながら、ラゲッジスペースの容量は400リッター(CX-30は430リッター)を確保している。

素材のチョイスもMX-30のこだわりのひとつだ。ドアグリップとコンソールトレイには、1920年に東洋コルク工業としてスタートしたマツダのヘリテージ素材であるコルクを採用。ドアトリムのアッパー部分に貼られた空気を含んだような質感の繊維素材にはペットボトルのリサイクル材が使われている。「人工皮革は革の代用品である」という発想を変えたという新開発の「プレミアムビンテージレザレット」(人工皮革)も新しい。高品質な人工皮革にビンテージレザー柄をプリントし、そのうえで皮膜の厚みをコントロールしたシリコンコートを施すことで、触感と表情の可能性に挑戦したという。

当初はマツダ初の100%電気自動車として発表されたMX-30だが、国内市場には2リッターエンジン+24Vマイルドハイブリッドの仕様から導入される。「e-SKYACTIV-G」と名付けられたこのパワートレインは最高出力156PS/6000rpmと最大トルク199N・mを発生する2リッター直4自然吸気エンジンを同6.9PS/1800rpmと同49N・m/100rpmのモーターがサポート。加速時のトルクアシストに加えて、完全停止前のアイドリングストップおよびアイドリングストップからのスムーズな再始動などを実現している。駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は10Ah。変速機は6段ATが組み合わされ、駆動方式はFFと4WDが用意される。WLTCモードの燃費値はFF車が15.6km/リッターで4WD車が15.1km/リッター。

ボディーカラーではルーフをブラック、フロントピラーからリアピラーまでの曲線部分をメタリックカラーとした「フレームドトップ」がユニークだ。これに「ソウルレッドクリスタルメタリック」「ポリメタルグレーメタリック」「セラミックメタリック」を組み合わせ、3トーンカラーとしている。モノトーンはこの3色に加えて「ジェットブラックマイカ」も選択可能。

価格はFF車が242万円で4WD車が265万6500円。

マツダMX-30の詳しい写真はこちら

MX-30 100周年特別記念車
MX-30 100周年特別記念車拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大
 
マツダが新型クロスオーバーSUV「MX-30」を発売の画像拡大

100周年記念車は専用2トーンカラーを採用

また、他のマツダ車と同様に、2021年3月までの期間限定で販売される特別仕様車「100周年特別記念車」も設定されている。「セラミックメタリック×マローンルージュメタリック」の専用2トーンボディーカラーを採用したほか、ホイールキャップやキーフォブ、フロントヘッドレストなどにはスペシャルロゴがあしらわれる。さらにBOSEのサウンドシステムや各種パッケージオプションなどがフル装備となっている。

MX-30の100周年特別記念車の価格はFF車が315万7000円で4WD車が339万3500円。

(webCG)

関連キーワード:
MX-30, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダMX-30 2020.10.8 画像・写真 マツダの新世代商品群第3弾となる「MX-30」がいよいよ発売された。特徴的なセンターオープン式の「フリースタイルドア」を備えた新たなクロスオーバーSUVの姿を写真で詳しく紹介する。
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • 「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた 2020.10.16 デイリーコラム これまでのマツダ車とは異なる価値観のもと、特別な「MX」の名を冠された「MX-30」。開発にあたっての苦労話やクルマのディテールに秘められた思いなどを開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてみた。
ホームへ戻る