クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダeアドバンス(RWD)

引き算の美学 2020.10.07 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。

発売前から人気は過熱

ホンダ初の量産EVがホンダeである。常にEVの“論点”になってきた航続距離はあえて追わず、「街なかベスト」なコンパクトEVを狙った。というか、バッテリーの収納スペースを考えると、ボディーをコンパクトにすれば、当然、航続距離もコンパクトになる。

価格は16インチホイールのノーマルが451万円。17インチを履き、最高出力を13%高め、より装備を充実させたアドバンスが495万円。お値段はコンパクトとはいえない。

これまでのEVは、価格が高いと航続距離が長くなったが、44万円の差があってもパナソニックのバッテリー容量(35.5kWh)は同じだ。それでモーターが高出力になり、車重も少し重いから、高いほうが航続距離は約1割短い。エンジン車だって高性能モデルは燃費が落ちるでしょと言われればそれまでだが、なかなか攻めるEVである。

10月30日の発売前から受注は過熱気味で、すでに第一期分の販売台数に達したため、受付を一時停止していると公式サイトにある(10月1日現在)。

といっても、「フィット」や「ヤリス」のように売れているわけではない。埼玉県の寄居工場で生産されるホンダeの主要仕向け地はヨーロッパである。2021年からさらに厳しさを増すEUのCAFE(企業別平均燃費基準)規制対応を少しでも有利に進めるため、ホンダeは年間1万台の販売を目標にしている。しかし日本は1000台。供給台数が少ないのである。

発売前から話題豊富なホンダeに初の公道プレス試乗会で乗った。試乗車は高いほうのアドバンス。これまでの受注もほとんどがこちらだそうだ。

2020年8月27日に発表され、同年10月30日に発売となるホンダ初の量産電気自動車「ホンダe」。ベースグレードと上級仕様の「アドバンス」の2種類が用意される。今回は後者に試乗した。
2020年8月27日に発表され、同年10月30日に発売となるホンダ初の量産電気自動車「ホンダe」。ベースグレードと上級仕様の「アドバンス」の2種類が用意される。今回は後者に試乗した。拡大
円をモチーフとしたシンプルなエクステリアが「ホンダe」の特徴。リアパネルはフロントフェイスと対になるデザインに仕上げられている。
円をモチーフとしたシンプルなエクステリアが「ホンダe」の特徴。リアパネルはフロントフェイスと対になるデザインに仕上げられている。拡大
円形のLEDデイタイムランニングランプおよびプロジェクタータイプのオートライトコントロール機構付きLEDヘッドランプを装備。
円形のLEDデイタイムランニングランプおよびプロジェクタータイプのオートライトコントロール機構付きLEDヘッドランプを装備。拡大
5ドアハッチバックスタイルの「ホンダe」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mm。車重は1540kgと発表されている。
5ドアハッチバックスタイルの「ホンダe」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm、ホイールベースは2530mm。車重は1540kgと発表されている。拡大

軽よりも小回りが利く

ホンダe最大のビジュアルショックは5画面のディスプレイを横一列に並べたダッシュボードである。試乗車は紅葉の日本庭園みたいな壁紙がチョイスされていて、ひと足早い秋の風情を感じさせた。なんて言ってる場合ではない。持ち時間は撮影を含めて2時間しかない。

早速走りだすと、まず感じたのがコンパクトさだ。ボディー全長はフィットより10cm短いが、幅は5cm広い。でも、フィットよりコンパクトに感じる。ダッシュボードは横長だが、奥行きは短い。フロントピラーもウィンドウも角度が立っている。おかげでコックピットの前後長が短くて、“外が近い”感じがする。初代「シビック」とかBMCの「ミニ」みたいな妙になつかしいコンパクトさを感じた。

横長ディスプレイの両端にはサイドカメラミラーの映像が出る。「レクサスES」が先鞭をつけた鏡を使わない電子ドアミラーである。レクサスではオプション装備だが、ホンダeにはもれなくこれが付く。レクサスより液晶画面が高精細だ。ドアミラーがつくる死角がないので、とくに運転席から右斜め前方の視界がいい。

しかし慣れたドアミラーからすると違和感はある。そもそもドアミラーは必要なときに見るものだ。必要がないときも車体側方/後方の映像をドライバーから至近な車内にずーっと流す必要はないと思う。毒食らわば皿までじゃないけれど、いっそのこと視線感知式にしたらどうだろうか。

とはいうものの、段ボールを積み重ねてつくった(ご苦労さま!)特設迷路を走ったとき、寸止めギリギリまで障害物に寄れたのは、この映像の恩恵大だった。

ホンダeの自慢のひとつは、最小回転半径4.3mという小回り性能だ。フィット(4.7m)はもちろんのこと、軽の「N-BOX」(4.5m)より小さく回れる。モーターをリアに置いたRRレイアウトのメリットのひとつである。

インストゥルメントパネルには、液晶モニターがずらりと並ぶ。メーター部分に8.8インチ、センター部分に12.3インチ×2枚、両端にはサイドカメラミラーシステム用の6インチモニターがそれぞれ設置されている。
インストゥルメントパネルには、液晶モニターがずらりと並ぶ。メーター部分に8.8インチ、センター部分に12.3インチ×2枚、両端にはサイドカメラミラーシステム用の6インチモニターがそれぞれ設置されている。拡大
センターコンソールには押しボタン式のシフトセレクターやドライビングモード切り替えスイッチ、パーキングブレーキスイッチなどを配置。
センターコンソールには押しボタン式のシフトセレクターやドライビングモード切り替えスイッチ、パーキングブレーキスイッチなどを配置。拡大
左右のフロントドアに備わる、LEDウインカー内蔵のサイドカメラミラーシステム。突起部分は小さく、車幅に収まるサイズに設定されている。
左右のフロントドアに備わる、LEDウインカー内蔵のサイドカメラミラーシステム。突起部分は小さく、車幅に収まるサイズに設定されている。拡大
「ホンダe」自慢の取り回しのよさを体験するために用意された、段ボールを積み重ねてつくった特設迷路。住宅街の狭い路地などを想定した試乗が行えた。
「ホンダe」自慢の取り回しのよさを体験するために用意された、段ボールを積み重ねてつくった特設迷路。住宅街の狭い路地などを想定した試乗が行えた。拡大
サイドカメラミラーシステムが室内モニターに映し出した車両後方の様子。映像は鮮明で、これを頼りに車体をギリギリまで段ボールの壁に寄せることができた。
サイドカメラミラーシステムが室内モニターに映し出した車両後方の様子。映像は鮮明で、これを頼りに車体をギリギリまで段ボールの壁に寄せることができた。拡大

減速感のチューニングは良好

居住まいだけでなく、ホンダeは運転感覚もコンパクトだ。このサイズで1540kgの車重はやはりフルEVならではだが、走りに重々しさはまったくない。ステアリングは非常に軽いが、ノーズ全体の印象も軽く、爽やかに曲がる。前後重量配分は50対50のイーブン。車検証の前後軸重も770/770kgである。バッテリーと制御系統を一体化したIPU(インテリジェント・パワー・ユニット)は床下に置かれ、実際、重心感覚も低い。

さらにホンダeは軽快な運動性のために左右の重量配分も50対50にしているという。つまり4輪均等荷重である。航空機で言えば「トリムがとれている」感覚だろうか。デフォルトで釣り合いがとれているからパッと動ける。そんな感じの身のこなしがホンダeの身上だ。

EVが速いのはもはや常識で、このクルマも例外ではない。ハイパワー版といってもとくに高性能オーラが出ているわけではないから、むやみに飛ばす人はいないだろうが、ためしにドライブモードをノーマルからスポーツに切り替えてスタートダッシュすると、ガソリンコンパクトカーとは異次元の加速をみせた。しかも、たしかに後ろから押されるRRの加速感である。

強い回生ブレーキを利かせて、フットブレーキを踏むことなしに減速、停車、停止保持までやってのける“シングルペダルコントロール”が付いている。チューニングはよくできていて、減速感がクドすぎず、使いやすい。そのほかハンドル左右のパドルで回生ブレーキの強弱を3段階に調整することもできる。

サスペンションは前後ともマクファーソン式。前後の重量配分は50:50となっている。
サスペンションは前後ともマクファーソン式。前後の重量配分は50:50となっている。拡大
車体後方に配置された後輪駆動用のモーター。最高出力154PS、最大トルク315N・mを発生する。
車体後方に配置された後輪駆動用のモーター。最高出力154PS、最大トルク315N・mを発生する。拡大
床下いっぱいに敷き詰められた、総電力量35.5kWhのリチウムイオンバッテリー。IPUケースには超高張力鋼板が用いられている。
床下いっぱいに敷き詰められた、総電力量35.5kWhのリチウムイオンバッテリー。IPUケースには超高張力鋼板が用いられている。拡大
今回試乗した「ホンダeアドバンス」のタイヤは「ミシュラン・パイロットスポーツ4」で、サイズはフロントが205/45ZR17、リアが225/45ZR17。
今回試乗した「ホンダeアドバンス」のタイヤは「ミシュラン・パイロットスポーツ4」で、サイズはフロントが205/45ZR17、リアが225/45ZR17。拡大

オシャレに乗りたい

アドバンスの一充電走行距離はWLTCモードで259kmである。ちなみに「日産リーフ」はバッテリー容量の小さい40kWhモデルでも322kmを謳う。

この日、正味1時間で乗れたのは40km。スタート時、電池残量95%で走行可能距離は184kmだった。戻ってくるとそれぞれ71%、118kmに減っていた。電費が悪くなる高速走行が8割近くという、街なかベストのEVには気の毒な走り方をしてしまったが、今回の走行パターンだと一充電走行距離は約170kmという計算になる。

しかしこれくらいのレンジ性能でも、年間1000台ならマーケットはありそうだ。クルマはよく使うが、せいぜい1日数十kmしか走らないという低走行ユーザーが大都市周辺のニュータウン地域などにはけっこう多い。「ツルピカ」がデザインテーマのスタイリングは、EVをオシャレに乗りたいという層にきっとアピールすると思う。

ダッシュボードのワイドスクリーンにこだわった理由のひとつは、30分の急速充電中も車内で楽しく過ごしてもらうためだという。たとえば専用アプリセンターから「アクアリウム」をダウンロードすると、熱帯魚が飼える。画面にタッチするとエサもやれるらしい。

だが、ホンダeは基本、200Vのおうち充電で暮らすタウンEVである。安くはないが、これまでのEVにはなかった新しさはある。理想の使われ方は、グランドツーリングEV、テスラのセカンドカーでしょうか。

(文=下野康史<かばたやすし>/写真=神村 聖/編集=櫻井健一)

シート表皮とドアパネルにはメランジ調のファブリックを採用。フロントシートヒーターとステアリングホイールヒーターが全車標準装備となっている。
シート表皮とドアパネルにはメランジ調のファブリックを採用。フロントシートヒーターとステアリングホイールヒーターが全車標準装備となっている。拡大
ソファーをイメージしたという2人掛けのリアシート。「ホンダe」の乗車定員は、全車4人になっている。
ソファーをイメージしたという2人掛けのリアシート。「ホンダe」の乗車定員は、全車4人になっている。拡大
リアシートの背もたれを前方に倒し、荷室を拡大した様子。床面はほぼフラットになり、この状態での荷室容量は565リッターとなる。
リアシートの背もたれを前方に倒し、荷室を拡大した様子。床面はほぼフラットになり、この状態での荷室容量は565リッターとなる。拡大
WLTCモードにおける一充電あたりの最大走行可能距離は259km。CHAdeMOの急速充電(50kW)を使用すれば、30分でバッテリー容量の80%まで充電することができる。
WLTCモードにおける一充電あたりの最大走行可能距離は259km。CHAdeMOの急速充電(50kW)を使用すれば、30分でバッテリー容量の80%まで充電することができる。拡大

テスト車のデータ

ホンダeアドバンス

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3895×1750×1510mm
ホイールベース:2530mm
車重:1540kg
駆動方式:RWD
モーター:交流同期電動機
最高出力:154PS(113kW)/3497-1万rpm
最大トルク:315N・m(32.1kgf・m)/0-2000rpm
タイヤ:(前)205/45ZR17 88Y XL/(後)225/45ZR17 94Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
一充電最大走行可能距離:259km(WLTCモード)
交流電力量消費率:138Wh/km(WLTCモード)
価格:495万円/テスト車=504万9000円
オプション装備:ボディーカラー<プレミアムクリスタルブルーメタリック>(6万0500円) ※以下、販売店オプション フロアカーペットマット<プレミアム>(3万8500円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:829km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
参考電力消費率:--km/kWh

ホンダeアドバンス
ホンダeアドバンス拡大
ヘッドランプに合わせ、リアコンビネーションランプも丸形2灯デザインを採用。車名を表すエンブレムがリアゲート左に備わるいっぽうで、外装にグレード名を示すものはない。
ヘッドランプに合わせ、リアコンビネーションランプも丸形2灯デザインを採用。車名を表すエンブレムがリアゲート左に備わるいっぽうで、外装にグレード名を示すものはない。拡大
メーター部分の液晶パネルは8.8インチサイズ。左側の表示は「安全運転支援情報」や「信号情報活用運転支援システム」「オーディオ」などいくつかのメニューから選択できる。写真は「航続可能距離/平均電費」の表示。
メーター部分の液晶パネルは8.8インチサイズ。左側の表示は「安全運転支援情報」や「信号情報活用運転支援システム」「オーディオ」などいくつかのメニューから選択できる。写真は「航続可能距離/平均電費」の表示。拡大
ボンネット先端部に備わるバッテリーの充電ソケット。左が急速充電用で右が普通充電用。写真は急速充電用カバーを開けた様子。
ボンネット先端部に備わるバッテリーの充電ソケット。左が急速充電用で右が普通充電用。写真は急速充電用カバーを開けた様子。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。